2007年12月01日

公安、サイアムSで販売されていた日本のマンガを猥褻書画として押収

 公安警察は30日午後、バンコクのサイアムスクエアー地区にある29プラザ内にある漫画本を扱う書店3店で一斉家宅捜索を行い、男女が絡む模様が描かれている漫画本2,000冊以上を猥褻書画として押収した。猥褻書画として押収された漫画本の殆どが日本語か中国語で記されており、中には既にタイ語に翻訳されていたものもあった。

 公安警察によると、押収された漫画本は何れも日本または台湾から持ち込まれたもので、主にマタヨン課程の上級課程(日本の高校にほぼ相当)に通う女子生徒が購入していたという。

 猥褻書画として漫画本が押収された書店3店のオーナーは何れも女性で、仮に猥褻書画の販売で有罪が確定した場合は最高で3年の禁固もしくは6,000バーツの罰金の両方または一方が下される。

* 尚、報道により2店舗で家宅捜索が行われ1,000冊以上を押収したとするものもあります。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ人妻に逃げられたファランが自分の首にナイフを突き付け大騒ぎ

 29日17:00頃、チョンブリー県のパッタヤー地区にある住宅前で、63歳のフランス人男性が自らの手首や顔、喉元等を刃物で傷つけた上で自分の首に刃物を突き付け半狂乱状態で妻をここに連れてこいと叫び大騒ぎするという事件が発生した。

 警察側による約2時間に渡る説得に応じ刃物を手から放し警察に保護された男性は取り調べに対して、いつも飲んだくれている自分に愛想を尽かし家を出て行ったタイ人の妻が恋しくなり、酒の勢いも手伝って思わず錯乱してしまったと語ると共に、かかる事態を引き起こした事に対して反省と謝罪の意を示していたという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペッブリー通りで爆弾騒動

 30日10:00過ぎ、バンコクのペッブリー通り沿いで爆発物と思われる不審物が発見され、一時通りの片側車線を通行止めにした上で回収作業が行われるという騒ぎになった。

 不審物が発見されたのはサハパタナ・ピブーン社とバンコクタワー社(報道によりモンタレー・ビル)の間付近で、また周辺には観光警察局の本部もあった。

 尚、一時間近くに渡る作業により回収された不審物は、紙箱の中にリード線を巻き付けられた缶コーヒーの空き缶が入れられた偽爆弾だった事が確認されている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。