2007年12月02日

不吉な前兆? 党番13番のチャート・タイ党党首一行が遊説中に用水路に転落

 30日午後、総選挙後のスタンスに関して優柔不断な発言を繰り返していたチャート・タイ党のバンハーン党首ら一行がバンコクのドーンムァン区内で遊説中に用水路に転落するという事態に見舞われた。

 チャート・タイ党は比例代表区で最も不吉な13番の投票番号を引いていた事でも知られる。

 当時バンハーン党首等はヂャニスター・リウチャルゥムウォン女史を始めとするバンコク第5選挙区から出馬している候補者の応援活動中で、市場周辺で待ち受けていた住民等のもとに向かうために用水路にかけられていた木製の橋の上を歩いている最中に橋が崩落しバンハーン党首一行や追跡取材中だったマスコミ関係者が排水溝に転落した。 

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度はマッチマーの街宣車が報酬未払いで大騒ぎ

 30日夜半、マッチマーティパッタイ党の選挙活動に参加している街宣車約100台がバンコクのサートン区内にある同党本部が入居しているTPIビル前の路上二車線を封鎖し、街宣活動に対する報酬の支払いを求めて抗議活動を展開した。

 街宣車運転手の代表によると、仲介者との間で2日単位で報酬を支払うとの約束で街宣活動に協力していたにも拘わらず既に4日に渡って報酬が未払いの状態が続いていたのだという。

 尚、抗議活動の方は、党側がその場での報酬の支払いを申し出たことに運転手側が満足を表明すると共に、今後は報酬を騙し取るような仲介者を介在せず直接各運転手に街宣車の手配を依頼するよう要請し散会した。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファラン運転の車がバイクに衝突、巡査長の妻子が死傷

 1日9:00前、チェンラーイ県県都内で、47歳のノルウェー人の男が運転する小型トラックが脇道から出てきたバイクに衝突し、バイクを運転中だった県都警察署所属の巡査長の妻(28)が死亡し、一緒に乗っていた4歳の男児が重傷を負った。

 男の運転する小型トラックに追走していた友人のタイ人男性によると、走行中に左車線から前に割り込んできた車との衝突を避ける為に左に急ハンドルを切った際に車が制御を失い、脇道から出てきたバイクに衝突したと見られる。

 警察側は、男が吐く息の臭い等から、当時男が飲酒運転中だったと見てアルコール検査を行った上で、飲酒運転及び業務上過失致死で立件する方針を明らかにした。

 タイでは事故を引き起こした車の運転手が現場から逃走するケースが多々見られるが、男は逃走する事無く現場で警察の到着を待っていたという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。