2007年12月03日

首都圏住民の多くが社会問題対策をキーにした政策に期待

 ABACポールが首都圏在住の有権者を対象に行った意識調査で、多くの回答者が各政党が掲げる公約の不明瞭さに不満を抱いている一方で、社会問題対策をキーにした政策の提案に期待を寄せている事が明らかになった。

 首都圏在住の有権者1,548人を対象に11月28日から12月1日にかけて行われた調査で、各政党が掲げている公約に関して56.3%が内容が充分に明確になっていない、29.1%の回答者が全く内容が明確になっていないと回答し、首都圏在住の有権者の多くが各政党の公約の不明瞭さに不満を抱いている事が浮き彫りになった。尚、各政党の公約が明確になっていると回答した者は14.6%だった。

 また、最も各党に注力して欲しい政策に関しては、最も多い77.7%の回答者が麻薬や犯罪といった社会問題関連をあげ、以下南部問題(59.6%)、消費者物価問題(56.4%)、燃料価格問題(56.0%)、公務員の汚職問題(55.2%)、政治家の汚職問題(55.0%)と続く結果になった。

 一方、総選挙の際に投票する党に関しては、39.9%の回答者が既に決めていると回答し、まだ投票する党を決めていないと回答した者は50.5%だった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部国境五県の住民はアピシット氏の首相就任を支持

 南部の大学3校が共同で南部国境三県及びサトゥーン県、ソンクラー県内在住の有権者2,989人を対象に行った意識調査で、65.5%が民主党のアピシット党首を次期首相として支持すると回答し、次いで11.1%がチュワン元首相(民主党最高顧問)を次期首相として支持すると回答していた事が明らかになった。尚、タクシン前首相を次期首相として支持すると回答する者が全体の4.6%いた。

 また、政党別支持動向に関しては、最も多い58.05%が民主党と回答し、次点につけたパラン・プラチャーチョン党の6.52%を大きく引き離す結果になり、また複数候補に投票する中選挙区に関しては、全員同じ党の候補者に投票すると回答した64.5%の回答者の内52.6%が民主党の候補者に投票すると回答し、パラン・プラチャーチョン党の候補者に投票すると回答した者は5.7%だった。

 しかし、総選挙によって成立した政府が現政権以上に南部問題の解決能力があると考えていると回答した者は僅かに33.3%だった。

 尚、今回の調査で投票に出かけると回答した者は95.5%だった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピシット氏が有力首相候補、但し筆跡占いでは

 国際占星術協会会長のノンラック・スッタポン女史は2日、民主党のアピシット党首の署名の筆跡から同党首が首相になる可能性があると予言した。

 同女史によると、アピシット党首が首相に就任した場合は、数々の要求事項等による激務に晒されるが、持ち前の才覚で乗り切る事が出来るという。

 将来にわたって己に内包する確固たる自信が揺らぐことがない筆跡であると評価されたアピシット党首は、将来の激務を恐れていないとした上で、今後も(高評価を得た)現在の署名を使用し続けていく方針を確認した。

* 是非サマック君と一緒に占いをやって貰いたいものです。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (28-2日)

・29日昼過ぎ、パッターニー県ヤッラン郡内で、村道内をバイクで走行中だった60歳(報道により58)のイスラム系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。男性は隣接するヤッラー県の県都内在住で、経営する茶店に開店準備の為に向かう途上だった。

・30日9:00過ぎ、パッターニー県マーヨー郡内の路上脇で爆発物が発見され回収処理される。回収された爆発物が古いものだったことから、当局関係車両に危害を加える目的で仕掛けたものの、不発に終わりそのまま放置されていたものと見られる。

・1日早朝、軍・警察の合同チームはナラーティワート県バーヂョ郡内で集中摘発を行い、RKKの実行部隊員と見られる21歳と25歳の男の身柄を拘束。2人は5件の銃撃や爆破事件に関与している事を認めると共に、地元在住の52歳の男の指揮下にあったと証言。

・1日夜半、ヤッラー県ラーマン郡内で、バイクで路上を走行中だった49歳の宗教指導者が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。

・2日11:30前、パッターニー県ノーンヂック郡内で、集中摘発作業中だった軍・警察の合同チームと当局側の追っ手から逃れた3人の男との間で約30分間に渡る銃撃戦が発生し、3人組の内の1人の身柄を拘束し1人を射殺。銃撃戦の際に軍関係者1人が重傷。尚、報道により、最初に3人組が逃げ込んだ家屋の家主を含む4人との間で銃撃戦が発生し、その際に家主の男の身柄が拘束され、更に逃走した3人組との間で再度銃撃戦が発生し1人が死亡し1人の身柄を拘束したとするものと、最初に逃げ込んだ家屋の家主を含む3人との間で銃撃戦が発生し、家主の身柄が拘束された後に残る2人組との間で再度銃撃戦が発生し1人が死亡し1人の身柄を拘束したとするものがある。

・2日夕方、ナラーティワート県ランゲ郡内で、小型トラックに乗った人数不明の一味が49歳のガムナンが運転する小型トラックに向け銃を乱射し、ガムナン及び同乗していた75歳の宗教指導者が死亡。2人は郡庁内で開かれていた会議への出席を終え帰宅する途上だった。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12歳少年運転のバイクがバスに乗り込もうとしていたラオス人女性に追突し死亡させる

 2日、バンコクのトンブリー区内の幹線上で、12歳の少年が運転するバイクが、到着したバスに乗り込もうとしていたラオス人の女性(29)に追突し、女性が頭を強く打ち死亡するという事故が発生した。事故の際、少年は歯2本を負う負傷を負った。

 兼ねてから少年に対してバイクを運転して遊ぶなと言い渡していたと語る近所に住む少年の父親(41)によると、少年が目を盗んでバイクを持ち出し近所にあるガソリンスタンドに給油に出かけ、家に戻る途上でバスに乗り込むところだった女性に追突したのでは無いかという。

* 尚、報道によっては、ラオス人の女性がバスに乗りこもうとしているところでバイクに追突され死亡したとのみ報じ、少年がバイクを運転していた事に触れていないものもあります。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラヂュアップで候補者が殺害、投票番号は13番

 2日昼過ぎ、プラヂュアップキーリーカン県バーンサパーン郡内のゲストハウス内で、現在行われている選挙戦でプラチャーマティ党から出馬しているスポット・ピスートシヤン氏(48、報道により59)が裸の状態で頭部に布を被された上で刺され死亡しているのが発見された。

 死亡したスポット氏の中選挙区内での投票番号は13番だった。

 警察側は、昼前にゲストハウスにチェックインした際にスポット氏と一緒にいた30歳前後の女性が遺体発見直前に血相を変えた表情で一人でゲストハウスを出てスポット氏の車でどこかに向かった事が確認されていること、またスポット氏が所持していた5バーツ重量の金製のネックレスや金製のお守り9個、5バーツ重量の金製のブレスレット、2バーツ重量の金製の指輪等が無くなっていることから、強盗目的若しくは女性関係絡みの線が強いと見て、政治絡みの線を含めながら捜査を開始した。

 スポット氏が所属するプラチャーマティ党は、反タクシン運動激化の端緒の一つになった国王の権限と題した本を出版した、タクシン政権時代に内務副大臣(序列二位)を務めた事もあるプラムワン・ルヂャナセーリー氏が、これまで忠実な配下として付き従ってきたプラチャラート党のサノ党首に絶縁状を突き付けた後に結党した党。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。