2007年12月11日

リーナー・ヂャンが卑劣なヤジを飛ばした男性に1千万バーツの損害賠償

 小政党ペーンディン・タイ党から出馬しているリーナー・ヂャンヂャンヂャー女史は10日、選挙活動中に男性から卑劣なヤジを飛ばされたとして首都圏警察本部プラチャークゥン署に対して被害届を提出すると共に、ヤジにより名誉を毀損されたとして既に警察に同行を求められている64歳の男性を相手取り1千万バーツの損害賠償を請求する訴訟を提訴する方針を明らかにした。

 リーナー女史によると、ヂャトゥヂャック区内の市場周辺で選挙運動中に、男性から「テレビ見てきたが、お前の行動には我慢できない。お前は狂っている」という様な内容の罵声を卑劣な言葉をして浴びせられた為、直接男性に対して説明をしその場を収めようとしたが、「お前の言うことは信用できない」と言って尚も罵声を浴びせてきた為、警察に通報し収拾を図った上で、男性の罵声により踏みにじられた女性の尊厳を守るために敢えて名誉毀損で損害賠償を要求する訴訟に踏み切ることにしたという。

 同女史は先に、擁立の約束を反故にしたとしてマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首を相手取り10億バーツの損害賠償を要求する訴訟を提訴していた。

参考 (WikiPedia)
http://th.wikipedia.org/wiki/%E0%B8%A5%E0%B8%B5%E0%B8%99%E0%B8%B2_%E0%B8%88%E0%B8%B1%E0%B8%87%E0%B8%88%E0%B8%A3%E0%B8%A3%E0%B8%88%E0%B8%B2

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチマーの候補3人が資金不足を理由に選挙活動を中心

 プラヂュアップキーリーカン県内の選挙区から立候補しているマッチマーティパッタイ党の候補者3人が、法律で認められた1人あたり150万バーツ、合計で450万バーツの選挙運動用の資金が党本部から支給されていない事を明らかにした上で、この様な状況が今後も続く場合は選挙活動を中止する方針を明らかにした。

 何れも党を背後から支援しているソムサック・テープスティン氏系の会派に属し、またタイの国政では金の力が物を言うという事を率直に認めている3人によると、現在の党の事実上の出資者であるプラチャイ党首とソムサック氏との対立が資金提供滞りの背景にあると見られるという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABACポール、投票する党を決めていない無党派層の票動向が選挙結果を左右

 アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが行った調査で、自らを無党派層であると回答した者の内、民主党に投票すると回答した18.1%、パラン・プラチャーチョンに投票すると回答した13.2%の回答者を除いた、全体の約3分の2に相当する依然投票する党を決めていない61.3%の無党派層の票動向が総選挙の勝敗を決する鍵になる可能性が極めて高い事が明らかになった。

 また、無党派層の学歴別の票動向では、大卒以上の27.6%がまだ投票する党を決めていないと回答し、残る投票する党を決めていると回答した者の内37.3%が投票日までに投票する党を変える考えは無いと回答し、35.1%が投票日までに投票をする党を変える可能性があると回答し、また、大卒未満の回答者では、全体の約3分の1に相当する回答者がまだ投票する党を決めていないと回答する結果になった。

 一方、タクシン前首相を支持しないと回答した者の内、61.4%が民主党に投票すると回答し、25.9%が依然投票する党を決めていないと回答し、一方でタクシン前首相を支持すると回答した者の内、59%の回答者がパラン・プラチャーチョン党に投票すると回答し、依然投票する党を決めていないと回答した者が全体の約3分の1を占める結果になった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネーションの調査ではパランが186、民主が139

 ネーション・グループが行った総選挙公示後4週間目時点での獲得議席数予想によると、3週目での調査時点で183議席だったパラン・プラチャーチョン党が186議席に伸ばし下院議会内最大議席を獲得し、3週目の調査時点で133議席だった民主党が139議席を獲得する状況になっている。

 また、苦戦を強いられているプラチャラート党も9議席から13議席に議席を増やす結果になっているが、比例代表区から出馬している党首のサノ・ティヤントーン氏は依然当選ラインに到達していない状況になっている他、これまで議席獲得が不可能と見られていた新希望党がガーラシン県内の選挙区から出馬している党首のチンチャイ・モンコンタム氏が当選を決め1議席を獲得する状況になっている。

 一方、総選挙後の政権成立の鍵を握ると見られるチャート・タイ党は62議席から57議席に議席を落とし、同様に政権成立の鍵を握ると見られるプゥア・ペーンディン党も47議席から41議席に落とすという結果になり、また、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党は前回調査と同様に24議席を獲得する状況になっている。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。