2007年12月25日

小政党2党が連立に参画を表明、パラン党政権成立か?

 パラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は24日午後、同党が主導した連立政権の成立が確実になった事を明らかにした。

 同幹事長は発言の中で、同日までに2つの小政党から連立参画の打診があり、これにより議会内で過半数を確保する事が出来たとしたが、2政党の詳細に関しては明らかにしなかった。

 この発言に先立ってバンコクのラジソン・ホテル内でパラン・プラチャーチョン党の副党首クラスの人物2人とマッチマーティパッタイ党、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャートパッタナー党等の第三勢力に近い元タイ・ラック・タイ党副党首のソロアット・グリンプラトゥム氏が密会談を行っていた事がマスコミにより確認されているが、この密会談とパラン・プラチャーチョン党の過半数確保発言との因果関係は不明。

 一方、次期政権への参画を視野に入れているマッチマーティパッタイ党は24日開かれた幹部会の席上で、アノンワン幹事長(ソムサック・テープスティン氏夫人)を各党との交渉役に任命した。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、70.27%の投票率を達成

 選挙委員会は24日昼過ぎ、23日に行われた総選挙に全有権者45,658,170人の70.27%に相当する32,086,573人の有権者が投票を行った事を明らかにした。

 最も投票率が高かったのがラムプーン県の88.9%で、以下チェンマイ県(83.20%)、グラビー県(79.5%)と続いた。

 また、今回の総選挙で中選挙区に投じられた票の2.51%、比例代表区に投じられた票の5.25%、合計で200万強の票が無効票だった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前首相がスリヤ氏氏にマッチマーの連立参画に向けた工作を指示?

 マッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首は24日、タクシン前首相がマッチマーティパッタイ党のパラン・プラチャーチョン党を中心にした連立政権への参画を促すためにマッチマー会派の前身である旧タイ・ラック・タイ党ナム・ヨム派閥の元幹部だったスリヤ・ヂュンルンルアンギット氏に工作を指示したと報じられている事に関して、その様な話は聞いておらず、また具体的な動きも確認できていないと語り報道を否定した。

 この否定発言に先だって国内のメディアが一斉にタクシン前首相がマッチマーティパッタイ党のパラン・プラチャーチョン党を中心とした連立政権への参画を促すことを目的にスリヤ・ヂュンルゥンルアンギット氏に対して、同党首とソムサック・テープスティン氏との対立解消に向けた仲介を依頼したと伝えていた。

 選挙委員会の非公式集計結果によると、当選が確実視されているマッチマーティパッタイ党の候補者7人の内2人がプラチャイ派系の人物で、残りの5人がパラン・プラチャーチョン党との合流に前向きであると見られているソムサック派。尚、プラチャイ党首自身は落選が確実視されている。

 一方、今後のマッチマーティパッタイ党の政治的なスタンスに関しては、党が掲げた公約の実行の可能性を基本に置いて判断するべきことであると述べるに留め、パラン・プラチャーチョン党及び民主党の何れ側につくかに関しては明言を避けた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

232 vs 165  選挙委の非公式集計結果

 選挙委員会は24日昼前以下の通り非公式集計結果を発表した

パラン・プラチャーチョン党 232 (34)
民主党 165 (33)
チャート・タイ党 41 (4)
プゥア・ペーンディン党 25 (7)
ルァム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党 9 (1)
マッチマーティパッタイ党 7 (0)
プラチャラート党 5 (1)

( )は比例代表区

 選挙委員会によると最終的な非公式集計結果は向こう7日以内に公表できる見通しとのこと。

 非公式集計によると、コーンケーン県第一選挙区から出馬していたプゥア・ペーンディン党のスウィット党首及び第六地区比例代表区から出馬していたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首が共に落選確実になった他、政治家としての風格が備わり始めていたチャート・タイ党のヂャニスター・リゥチャルゥムウォン女史やパラン・プラチャーチョン党のユラナン・パモラモントリー氏、チャルゥムチャイ・ヂナウィヂャーンナ氏(ネッスル・タイ・オーナーの息子)等バンコクの選挙区から出馬していたタレント候補や、パヤオ県の選挙区から出馬していたTITVのキャスター兼レポーターとして知られる民主党のマンリガー・ブンミートラグーン女史等も落選が確実になった。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。