2008年01月22日

邦人観光客を乗せたワンボックスカーが事故、邦人男性を含む4人が死亡

 21日夕方、ペーチャブーン県内のカーオコー国立公園内の下り坂で日本人観光客等を乗せたワンボックスカーが走行中に制御を失い横転するという事故が発生し、日本人男性1人と運転手の男性1人の死亡が現場で確認された。

 事故発生当時ワンボックスカーには運転手と日本人男性3人及び同行のタイ人女性3人が乗車しており、その後の報道で、負傷を負い病院に搬送された日本人男性2人及びタイ人女性3人の計5人の内2人の死亡が新たに確認されたと報じられているが、死亡者の詳細に関しては報じられていない。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国の事を第一に考え連立参画を決断したとバンハーン氏

 チャート・タイ党のバンハーン党首は21日、国家の事を第一に考えパラン・プラチャーチョン党主導の連立政権への参画を決断したと語った。

 これは、今回の連立参画決定に対する批判の声が上がっている事について記者団から聞かれた際に語られたもので、バンハーン党首は、政治に空白を作らず、安定した政権を築き上げる事が国家を危機から救い、国家を前進させ、国際社会からの信頼を回復させ、経済を発展させる事に繋がるとの判断から連立参画を決断したとした。

 また、バンハーン党首自身は、既に適切な人材が党内に数多くいると語り自身が大臣ポストに就く可能性を否定した上で、同党に4つから5つの大臣ポストが割り当てられる見通しになっている事に関しては、25日頃までに明確になるだろうと語るに留めた。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党、議長・副議長候補を擁立しないよう民主党に要請

 パラン・プラチャーチョン党のチャオワリン・シッティサックシリ警察中尉は21日、民主党に対して22日に開かれる議長・副議長選出の為の下院議会に同党独自の候補者を擁立しないよう養成する方針を明らかにした。

 これは民主党側が、独自に元上院議長のマヌーングリット・キッティカチョーン少将を議長候補に、元党首のバンヤット・バンタッターン氏及び党執行幹部のチャルゥン・カンターウォン氏をそれぞれ副議長候補として擁立する方向で党内調整を進めている事を明らかにした事を受けたもので、チャオワリン氏によると、 国家一致団結体制の創成・国内和解推進の雰囲気作りをする上でも、円滑に議長・副議長指名を行い幸先の良い下院議会のスタートを切ることが重要なのだという。

 尚、民主党側は同日午後に開かれた党幹部会議の席上で、元党首のバンヤット・バンタッターン氏を議長候補に、ガラヤー・ソーポンパニット女史を副議長候補に指名する方針を決定している。

 一方、チャオワリン氏は、あらためて同党副党首のヨンユット・ティヤパイラット氏を議長候補として指名する方針を確認した。尚、2人の副議長候補に関しては、連立政党側から候補者の推薦がないことから、同様にパラン・プラチャーチョン党が推薦した候補者が選出される見通しになっている。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、当局側による南部の一味への情報漏洩を認める

 スラユット首相は21日、南部国境三県域における一連の不穏な動きに関与している一味に機密情報を漏らしている軍関係者がいることを認めた。

 これは、南部視察の為にソンクラー県に向け飛び立つ前に記者団に語られたもので、スラユット首相は、一味側の手足には成り下がっていないものの、軍側の機密情報を一味側に漏らしていた軍関係者が存在しているのは事実であるとした上で、情報の漏洩問題は全ての関係機関で今後も起こりえるとして最優先で対策を講じるべき問題であるとの考えを示した。

 また、情勢再悪化の兆しが見え始めている事に関しては、短期間で情勢を安定させる事は不可能であるとした上で、いずれにしても既に住民側から対策に役立つ重要な情報が寄せられているなど、当局側に有利な状況にあり、今後情報収集面を強化し、収集された情報をしっかりとフォローする体制を築き上げることが対策の鍵を握る事になるとの考えを示した。

 一方、南部視察の為に訪れるスラユット首相一行を迎え撃つように、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、人数不明の一味が線路上の安全確認作業終え駐留地に戻る為に徒歩で移動中だった軍関係者を狙って爆発物を爆発させた上で銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走するという事件が発生し、この爆発及び銃撃戦により軍関係者8人が負傷を負った。

 また、パッターニー県県都内では同日朝、バイクで路上を走行中だった40歳のイスラム系住民男性が、人数不明の一味(報道によりバイクで後を着けていた2人組とするものもある)に銃撃され死亡した。男性は軍の情報要員だった。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。