2008年01月29日

バンハーン氏、チューウィット氏を相手取り1億バーツの名誉毀損訴訟

 チャート・タイ党法律関連担当顧問団長のガセーム・ソラサックガセーム氏は28日、同党のバンハーン党首が同党元副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏を相手取り1億バーツの損害賠償を求める名誉毀損訴訟を刑事・民事両方で提訴する意向を示していた事を明らかにした。

 刑事訴訟では、最も厳しい法定の刑罰を要求する方針だという。

 ガセーム氏によると、チューウィット氏が18日に党本部前でバンハーン党首の写真を掲示し中傷した行為が同党首個人の名誉を傷つけた事に該当するのだという。

 また、28日に国会ビル前で行われたチューウィット氏の記者会見に関しては、その場で公開されたビデオに記録されたバンハーン党首の発言内容等をチェックした上で別途訴訟を提訴する方針だという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、影の内閣を組織し政府を監視

 民主党のアピシット党首は28日、サマック次期首相が正式に首相に就任し新政府が発足するのにあわせて、党内で影の内閣を組織し政府側の任務遂行を監視する方針を明らかにした。

 同党首によると、今週中に開かれる議員会議の際に詰めの協議を行い、31日頃に影の内閣の概要を明確にできる見通しだという。

 また、今後発足する新政府に対しては、タイの経済及び政治に対する国際社会からの信頼回復を始めとした山積している緊急課題の解決に全力を尽くすと共に、国民に対して連立政権の政策方針や任務遂行の状況を明確にする為にも議会をないがしろにしないよう要請した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、ディスプレイ付き宣伝車で嘘つきバンハーン糾弾キャンペーン

 元チャート・タイ党副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏は28日朝、首相指名の為の下院議会が開かれる国会ビル前に大型液晶ディスプレイを搭載した宣伝車と共に現れ、今後宣伝車を利用して私欲の為に国民を騙したチャート・タイ党のバンハーン党首を糾弾するキャンペーンを展開する方針を明らかにした。

 チューウィット氏によると、宣伝車両を利用して当日から7日間に渡ってバンコク内を回り、バンハーン党首がパラン・プラチャーチョン党と連立する事は"絶対"にあり得ないとした上で、今後も民主党との協調関係を維持し同党のアピシット党首を次期首相として支持すると"明確"に発言している模様を記録したビデオを道行く人に公開し、国民を騙したバンハーン党首を糾弾していく方針であるという。

 また、当日首相指名の為の下院議会が開かれる事に関しては、既に香港に本当の首相がいるにも拘わらず、今更首相指名もへったくれもないと皮肉った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマック氏の第25代首相確定、310票を獲得

 28日開かれた首相指名の為の下院議会で、パラン・プラチャーチョン党が推薦したサマック党首が310票を獲得し、163票を獲得した民主党が推薦したアピシット党首を引き離し首相の座を手中に収めた。尚、下院議長及び2人の副議長は棄権した。

 個別に投票内容を読み上げる方法に投票方法が切り替えられたのが効を奏してか、与党側から一部の票が民主党側に流れる現象は今回は確認されなかった。

 この首相指名投票に先立って行われた候補者指名の段階で秘密投票によりパラン・プラチャーチョン党が推薦したサマック党首の首相候補者指名を支持するとする票が304票、民主党が推薦したアピシット党首の首相候補者指名を支持するとする票が165票、サマック党首の首相候補者指名を支持しないとする票が6票投じられ、何れも下院議会定数の5分の1の票を獲得し、首相候補者として両者が争われる事が決せられたが、その後チャート・タイ党のバンハーン党首が無効票が異常に多いと異議を唱え、首相指名投票は急遽各議員が個別に投票内容を読み上げる、秘密でもなんでも無い投票方法に切り替えられていた。

 首相指名投票で連立与党内の票割れを防ぐと共に所属下院議員にプレッシャーを与え与党内の体制を引き締める狙いがあったと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーンカーイの女性、姪に紹介したギリシャ人との結婚話は結婚詐欺ではないと否定

 28日午後、ノーンカーイ県県都内で、43歳の女性がギリシャ人の夫とその弟を連れ県都警察署を訪れ、結婚詐欺で訴えられたのは錯誤に基づくものであると釈明した。

 女性の釈明に先立って、女性の姪でもある23歳の女性が、紹介され結婚したギリシャ人の夫が家を出て行き行方不明になったとして結婚詐欺で被害届を出していた。

 43歳の女性側は、夫の弟を紹介し家族全員が合意した上で結婚式を挙げたが、その後言葉の問題で互いに正しく意思の疎通が出来ない等の問題が発生し、次第に両者が気まずい関係になってしまった為、結婚から約一週間後に夫の弟が家を出たが、行方不明にはなっておらず結婚詐欺というのは誤解に基づくもので、また23歳の女性側が結婚式を挙げる為に多額の現金を支出したと主張しているのは事実ではなく、実際は自分と夫が全額負担したものであると主張した上で、15万バーツを慰謝料として支払う用意があると申し出た。

 この場に立ち会った23歳の女性は、今回の事でいい勉強になったとした上で、43歳の女性側の申し出を受け入れると共に被害を取り下げ今後一切この問題に関わる考えは無いと語った。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新した記事が掲載されないという容認できない大トラブルが発生しています

 おそらくこれをSeesaaにアップロードした時点ではRSSでご覧になっている方しかこれを読むことが出来ないと思いますが、現在Seesaaで長時間にわたってアップロードした記事がページ上に反映されなかったり、記事の訂正が反映されないという、この手の情報を扱うページにとっては致命的なトラブルが発生しております。

 幸いRSSだけは更新が反映しているようです。

 今後公開先の引っ越しや公開方法の変更を真剣に検討しなければいけないかもしれません。
posted by Jean T. at 02:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。