2008年02月22日

元10/14組、死亡者1人発言は首相自身の目で見た死亡者数のことと擁護

 パラン・プラチャーチョン党幹部党員で1972年10月14日の流血事件の際に軍事政権側と対峙したタンマサート大学の学生評議会議長だったことでも知られるサマーン・ルゥトウォンラット氏は20日、1976年10月6日の流血事件での死亡者が僅かに1人だったとするサマック首相のCNNとのインタビューの中での発言は、あくまで当人が当時自分の目で実際に見た死亡者数の事を表し、これまで語られてきた歴史的な解釈の訂正を試みたものではないと語り同首相を強く擁護した。

 1976年10月6日の流血事件の際には国外に滞在中で、直接的に事件を見知っていた訳ではないというサマーン氏によれば、流血事件をネタに政府への攻撃を強めている民主党は、まず歴史的な「解釈」が如何に歴史的な「事実」と乖離しているかを学びなおし己の不明を恥じるべきなのだという。しかし、その歴史的な「事実」に基づく具体的なデータに関しては一切サマーン氏側から提示される事は無かった。

 一方、元タイ・ラック・タイ党幹部のアディソン・ピヤンゲート氏がサマック首相に対して「味方を敵につけるもの」であるとして死亡者は僅かに1人だけだとする発言を撤回し国民に対して謝罪するよう強い言質で要求し、更にタクシン元首相直系のサイトがチャルゥム内務大臣及びその息子を非難するメッセージが掲載した事を受け、パラン・プラチャーチョン党内の旧タイ・ラック・タイ党系党員とに激しい対立が発生しているとの憶測が飛び交っている事に関してサマック首相は、普通に起きえる小規模な対立が党内にある事は認めたが、アディソン氏のアピールやサイトに関しては直接的な言及を避けた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分離主義組織側が人口密集地から町村部へ活動のターゲットをシフト

 第四地区国軍本部のアカラ報道官は21日、南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織側が、組織の影響力を確保する為の活動ターゲットを都市部の人口密集地から町村部や山間部へシフトさせつつある事を明らかにした上で、依然組織側の影響下にあると見られるヤッラー県県都の一部地域や、バンナンサター郡、ターントー郡内で行われているものと同様な対策を該当地域で講じている事を明らかにした。

 同報道官によると、当局側による警戒態勢強化や地域住民に対する感化活動により組織側の活動が大きく妨げられている事がこの動きの背景にあると見られ、特にヤッラー県県都中心部を始め各県の県都や主要都市中心部でその傾向が強く見られるという。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートの披露宴会場で銃撃、村長等出席者3人が重傷

 21日昼前、ナラーティワート県シーサコン郡内で、バイク2台に分乗した4人組が結婚披露宴に出席していた住民等に向け銃弾数発を発砲し、出席していた村長(56)等何れもイスラム教徒の住民3人が重傷を負った。

 また先立つ20日20:00過ぎには、同県ヂョアイローン郡内のモスク前にある三叉路付近で、複数手に別れた人数不明の一味が軍関係車両の通過にあわせ爆発物を爆破させ2人の重傷者を含む6人の軍関係者に負傷を負わせ、更に付近で警戒作業にあたっている最中に爆発発生の通報を受け現場に急行していた軍関係車両に向け銃を乱射し、約10分間に渡って銃撃戦を展開した後に路上に鋲を撒きながら逃走するという事件が発生した。尚、銃撃戦による人的な被害は確認されていない。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

二大灰色政治家の子息がそれぞれ副大臣付き秘書に就任

 ヂャクラポップ首相府大臣兼政府報道官は20日、チャルゥム内務大臣の息子のワン・ユーバムルン氏及びプゥア・ペーンディン党最高顧問のワッタナー・アサワヘーム氏の息子のチョンサワット・アサワヘーム氏がそれぞれチャワラット公共保健副大臣及びシッティチャイ内務副大臣付きの秘書官に据える人事を政府が承認した事を明らかにした。

 両氏は何れも影響力を持つ父親の威光を嵩にきた暴力事件を度々引き起こしてきた事で知られ、両氏を秘書官に据える方向で動いていると報じられた際に、それぞれの大臣が一様に若気の至りで過ちを犯した者に機会を与える事が重要であると語り社会に理解を求めていた。

 また、俳優兼司会として知られ、先の総選挙ではパラン・プラチャーチョン党からバンコクの選挙区に出馬し落選していたユラナン・パモラモントリー氏が教育大臣付き顧問に就任した。民主党の影の内閣で首相兼教育大臣を務めているアピシット党首の見栄えに対抗する為の人事との指摘もされている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、今後一切流血事件に関してコメントしない

 サマック首相は20日、既に必要以上に議論が尽くされた事項であるとして、自らが関与した疑惑が指摘されている1976年10月6日に発生した流血事件に関するコメントを今後一切拒否する意向を明らかにした。

 しかし、流血事件の真相を解明する為に専門委員会を設立するべきだとする声があることに対しては反対したり妨害する考えが無いとした。

 尚、ヨンユット下院議長側は、施政方針演説国会の審議が終了した後に、流血事件関連を議題として取り上げるか検討する事になるとの考えを示している。

 一方、サマック首相は、政府やパラン・プラチャーチョン党の失墜を狙った「見えない手」に関する具体的な背後関係が判明し、近日中に明確な情報を開示できる見通しである事を明らかにした。

 しかし、サマック首相によると背後で関与している人物等に対して法的な措置を講じる考えは無く、二度と同様な事が起きなければそれで良いのだという。

 また、タクシン元首相が言うところの「憲法の外にいるカリスマ」が見えない手の動きに関与している可能性に関しては、組織だった動きであると述べるに留めコメントを避けた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

首相、当時の事情を知らぬ若造から教えを受ける筋合いは無いとキレる

 18日開かれた施政方針演説国家の際に、矢継ぎ早に自らの過去について追及してくる民主党のアピシット党首に対してサマック首相が、当時の事情を知らないような若造から教えを受ける筋合いは無いと不快感を示す場面が見られた。

 これは、アピシット党首等民主党陣営によるサマック首相の流血の惨事への関与や過去のクーデター政権への参画に関する質問の一貫として同党首側が、1976年10月6日の流血の惨事後に成立したクーデター政権に同首相が内務大臣として参画した際に、新聞を閉鎖に追い込むなど言論弾圧に関与していたと指摘した際に語られたもので、首相側は新聞を閉鎖に追い込んだのはクーデター勢力側で自身は一切関与しておらず、むしろその新聞を復活させたのが自分であるとし、指摘を否定した上で「現在自分に対して教示しようとしている者は、当時11歳でイギリスに住んでいた」と語り同党首の質問に対して強い不快感といらだちを見せた。

 サマック首相は、総選挙期間中にアピシット党首側からの党首討論開催の呼びかけを「政治家としての格」が違いすぎるとして頑なに拒絶していたのも記憶に新しい。その背景に知識・情報面で劣るパラン・プラチャーチョン党の主要な支持基盤である地方部に於ける民主党のプレゼンス増を避けるだけでなく、権威に弱い国民に己の威信を示すと共に過去の流血事件やクーデター政権への参画に関する疑惑が国民の前に提示される事を避ける狙いがあったと指摘されていた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマック首相、あらためて流血の惨事を煽動したとの指摘を否定

 サマック首相は18日、あらためて1976年10月6日に発生した流血の惨事を煽動したとの指摘を否定した。

 これは、施政方針演説国会の際に民主党のアピシット党首からの質問に答えたもので、総選挙期間中に一貫して2006年のクーデターを非民主主義的であると否定する一方で、先の講演では後に自らが政権に参画する事になる1991年のクーデターに対して肯定的な見解を示していたサマック首相は、「自分自身の信用失墜を招くだけでなく、自分の余生に不幸をもたらす」ような嘘をつくわけが無いとまで言い切り流血の惨事への関与を強く否定した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン人女性、タイ人女のグループに暴行を受け負傷

 19日未明、チョンブリー県パッタヤー地区の警察署に36歳のイラン人女性が友人を伴い現れ、ウォーキングストリートにあるディスコで10人以上の女のグループに暴行を振るわれ負傷を負ったと訴えた。

 女性によると、同国人の友人男女と一緒にディスコに出かけ飲食したり踊ったりしている際に、直ぐ近くの席にいた10人以上のタイ人女グループに暴行を振るわれ、更に仲裁に入った店の警備員が暴行を振るった相手グループ側の阻止に動かず自分たちのグループ側の押さえ込みに動いた際に、更に相手側グループにいた1人の女に瓶で殴られたが、それでも警備員側は相手側のグループの押さえ込みに動かず、自分たちのグループが悪いと言って店から追い出す始末だったという。

 女性によると、飲食中に相手側のグループが不快な目で自分たちのグループを見つめていたのには気付いていたが、何が原因で暴行を振るわれる事になったかについては、全く心当たりが無いという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

タクシン型資金投下型政策の復活、施政演説国会始まる

 サマック首相は18日開かれれた政策方針演説国会の場で、タクシン政権時代に取り組まれた麻薬及び大物対策の復活、村・コミュニティー再生基金の潜在力の強化、コミュニティーレベルの国民に小規模事業を開始する為に必要な小口資金を融資する国民の為の銀行プロジェクトの推進、一地区一製品政策の推進、、農業関係者・貧困層の負債対策の推進、格安住宅提供政策の推進等の資金投下型政策を中心とした施政方針を明らかにした。

 その他経済関連では、最も緊急性を要するバーツ・燃料費高問題の解決に取り組む他、危険要因に対する耐性が伴った健全財政を基本に置いた継続的な景気拡大、工業、農業及びサービス業部門の基盤強化、発展性を期した公社の構造改革、消費需要に対応した農業部門の構造改革、投資・観光需要の呼び込みに繋がる首都圏大量輸送システム整備(電化鉄道9路線)政策、世界の食品センター政策等に取り組むとし、社会関連では失業対策の一環として失業率監視システムの構築、包括的健康保険制度の導入 健康に関する国民の知識増進及び運動機会創成の推進、幼稚園から中等課程までの12年間に渡る教育料の完全無料化を軸とした生涯学習機会の創成 児童、女性、障害者及び高齢者が安心して暮らせる社会の創成等に取り組むとした。

 また、サマック首相は観光推進の一貫として「タイ観光年」を設け観光キャンペーンを強化する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

首都圏住民の過半数が旧タ党幹部の公社役員等への起用を支持

 私立アサンプション大学が行う世論調査エーベック・ポールが14日から16日にかけて首都圏在住の1,459人を対象に行った調査で、53.6%の回答者が被選挙権を剥奪されているタイ・ラック・タイ党元幹部111人が公社を始めとする政府関係機関の役職に就くことを支持できると回答し、支持できないと回答した者が45.6%だったことが明らかになった。

 一方、発足間もないサマック政権に対する印象に関しては、半数近くの回答者がサマック政権が消費者物価問題や麻薬問題といった国民に影響を与える問題解決に取り組んでいると「少しは」感じている、32.4%の回答者がサマック首相が批判的な意見に対する反論を抑えようと努力していると「大いに」感じていると回答した一方で、36.2%の回答者が副首相の管掌割り当てに見られたような連立政党間の役職を巡った対立があると「大いに」感じている、25.9%の回答者が報道への介入に動いていると「大いに」感じていると回答していた。

 また、タクシン元首相が絡む問題に関しては、77.8%が元首相関連問題の解決よりも国民が抱える問題の解決を優先すべきと回答、17.7が両問題の解決に同時に取り組むべきと回答し、元首相関連の問題解決を優先すべきと回答したのは僅かに4.6%に留まった。

 更に、サマック政権の向こう6ヶ月間に渡る諸問題の解決に対する確信度を10ポイント満点で評価して貰った結果、経済問題解決に対する確信度が4.31ポイントと最も高いポイントを獲得し、以下麻薬問題(4.26ポイント)、連立政党同士の対立問題(3.76ポイント)、不正・汚職問題(3.62%)と続く結果になった。

 尚、サマック首相に対する支持率に関しては45.4%と、支持しないと回答した36.8%を上回る結果になった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上院選の実施日を知っているのは僅かに30%弱

 スワン・ドゥシット・ポールが全国3,266人を対象に行った調査で、上院議員選出選挙が3月2日に行われる事を知っていると回答した者が僅かに30%に届かない29.49%と、国民の上院議員選出選挙に対する無関心を浮き彫りにする結果になっていた事が明らかになった。

 また、関心度に関しても78.79%の回答者が、先に行われた総選挙の方が今度行われる上院選より高いと回答、14.67%がほぼ同等に関心を持っていると回答し、上院選の方が関心が高いと回答したものは僅かに6.54%だった。

 しかし、3月2日に投票に行くかとの問に対しては、38.37%が多分行く、31.88%が確実に行くと回答する一方で、18.41%が多分行かない、11.34%が行かないと回答する結果になった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、マスコミが旧タ党幹部公社役員登用発言を悪意を持って歪めて報じた

 サマック首相は17日朝放送された定例政見放送の中で、マスコミが政府の信用失墜を狙って、選挙権が剥奪されている旧タイ・ラック・タイ党111人の中から公社役員会メンバーを起用する事も有り得るとのスラポン副首相兼財務大臣の発言を歪めて報じたと不快感を示した。

 発言の中でサマック首相は、旧タイ・ラック・タイ党幹部から公社役員を起用するという考えは自分自身の考えとは異なる断じて受け入れる事が出来ない考えであると指摘した上で、まだ最終結論が出ていないにも拘わらず、この問題や選挙委員会内の専門委員会がヨンユット下院議長に対してレッドカードを発行するべきと勧告した事をあたかも非難材料を提供するのように歪めて報じられるなど、政府に反対する目に見えぬ何かがマスコミを利用して政府やパラン・プラチャーチョン党の信用失墜を狙っていると指摘すると共に一体どの様な意図を持ってそのような報道を展開するのか教えて欲しいくらいだと発言した。

* 要はサマックが賛同できない大臣や党関係者の発言を報じるとフレームアップになっちうということですね。そう言えば昔タクシン君は、そうなって欲しいと思っている事を報じているのがマスコミであると指摘していましたね。そのタクシン君の政見放送に関して国王は「自分だけが正しいと思っている者が一方的に自説を唱えるつまらない番組」と指摘された上で「報道の自由を認めなさい」と異例の発言をされていましたが、また政府よりではない「普通」の報道がとってもリベラルに思えてしまうような時代がサマック体制下で再来することになるのでしょうか。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13歳少女、17歳男に乱暴され妊娠させられたと訴える

 16日、13歳の少女が叔母(24)に伴われサムットプラーガーン県県都の警察署を訪れ、17歳の男に性的な乱暴を受け妊娠させられたと訴えた。少女は既に妊娠3ヶ月だという。

 少女によると昨年11月中頃に知り合って間もない男に友人の家に遊び行くと言われ人気のない家に連れて行かれ、男から用事で出かけているのだろうと言われ家に上がり込んだところで、男に力づくで乱暴され、事後に男から他言した場合は仲間が徹底的に暴行する事になると脅迫され、その後も目眩や吐き気を催す状態になるまで乱暴を受け続けていたが、最終的に腹部の異変に気付いた叔母に医師のところに連れて行かれた事により、男に乱暴を受け妊娠している事を叔母が知る事になり今回の訴えになったという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪女性がタイ人男に乱暴されたと訴える、パッタヤーで

 17日、25歳のオーストラリア人女性がチョンブリー県パッタヤー地区の警察署を訪れ、タイ人の若者グループに二回に渡って性的な乱暴を受けたと訴えた。

 女性によると、パッタヤー地区内のある娯楽施設で知り合ったタイ人の男に誘い出され、線路近くにあるビルが連なって建てられているような建物内で乱暴され、その後更に加わった2人の仲間に再度乱暴を受けたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

新空港周辺住民、明確な回答が無い場合はロケット花火で運行妨害

 スワンナプーム国際空港周辺の住民は16日、あらためて前政権時代に決定された住民への騒音補償金の支払いを履行するよう要求すると共に、回答期限までに明確な回答が得られなかった場合は、空港周辺で手製のロケット花火(東北地方のヤソートン等や日本の秩父地方の龍勢祭りの際にあげられるロケット状のもの)や風船を空に放ち航空機の運航を妨害する方針を明らかにした。

 住民代表は、これまでに関係住民で補償金の支給を受けた者が一人もいないとした上で、政府に対して前政権時代の決定に基づきタイ空港社に対して補償金の支払いを促すよう要請すると共に、23日までに明確な回答や対応が得られなかった場合はロケット花火を打ち上げる等の実力行使にでるとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーの茶店内で銃撃、住民1人が死亡

 16日6:30過ぎ、パッターニー県パナーレ郡内で、茶店内で飲食中だった32歳のイスラム系住民男性が、押し入った2人組の男に銃撃され死亡した。2人組はバイクで逃走した。尚、報道によっては、男性が自宅前でお茶を飲んでいる最中に銃撃されたとするものもある。

 男性は、政府が進める雇用推進策により村の警備にあたる職についていた。

 パッターニー県内では、15日11:00前にヤッラン郡内で、バイク2台に分乗した4人組が軍関係者が運転する小型トラックに向け銃を発砲するという事件が発生したが、幸い銃弾がそれ軍関係者は難を逃れた。尚、報道によっては4人組が自治体庁舎に向け銃を乱射したが、幸い人的な被害はなかったとするものもある

 また、同県ヤッリン郡内では15日午後、路上脇に潜んでいた人数不明の一味がガムナン(43)が運転する車に向け銃を乱射し、何れもイスラム教徒のガムナン及び同乗していた地元行政機構評議員の男性(41)が重傷を負った。

 ナラーティワート県内では、ヂョアイローン郡内で15日6:00過ぎ、電柱下付近に仕掛けられていた爆発物が爆発したが、人的な被害は無かった。路上に鋲が撒かれているとの通報を受け現場に向かっていた軍関係車両を狙って起爆したと見られるが、起爆のタイミングが遅く人的な被害は無かった。同郡内では、15日未明に複数箇所で鋲が路上に撒かれたり燃えたタイヤやが路上に放置されるなどした。

 また、同県ランゲ郡内では16日早朝、集中摘発作業中だった当局関係者と人数不明の一味との間で約30分間に渡る銃撃戦が発生し、一味側に属していたイスラム系の男(48)が重傷を負い当局側に身柄を確保された。

 一方、パッターニー県の裁判所は15日、2005年10月15日に同県パーナレ郡内で発生した僧侶が殺害された上で遺体に火を放たれた事件に関与したとして起訴されていた11人の被告の内5人に対して終身刑、残りの6人に対しては証拠不十分であるとして無罪の判決を下した。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

内相、今度は大観覧車をバンコクに

 チャルゥム内務大臣は15日、バンコク特別自治体当局に対して観光の目玉としてバンコクを一望できるロンドン大観覧車のような巨大な観覧車を建設するよう提案する考えを明らかにした。

 同大臣によると近々開かれるバンコク特別自治体幹部との会合の際に計画を提案する予定で、同自治体側に充分な予算が確保できない場合は政府側から必要な予算を割り当てる方向で検討する用意があるという。

 尚、建設候補地に関してはラートブラナ区が適切ではないかという。

 一方、同大臣は先に提案した南部国境三県域の特別自治体化構想を撤回する方針を明らかにした。地元や関係当局の反応を受けての撤回だという。

* しばらくの間、首都圏交通問題担当副首相に就任したばかりの頃のタクシン君の様にヘンテコリンなアイデアを矢継ぎ早に披露してくれるのでしょうか?
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同胞男性に薬物を仕込み金品を強奪した邦人男2人組を逮捕、共犯の邦人1人は逃走

 第一地区警察本部は15日午前、窃盗容疑で日本人のK(37)とC(年齢不詳)の2人の男をバンコクのヤーンナワー区ソーイ・ナラーティワート・ラーチャナカリン22内にあるアパートの室内で逮捕し、共犯と見られる日本人の男及びフィリピン人の女の行方を追っている事を明らかにした。

 この逮捕は逮捕された男がサイト上で呼びかたタイ国内での投資話にのった日本人男性の通報により実現したもので、男性によると1月末にタイに到着した際に空港に出迎えに来ていたCとフィリピン人の女のカップルに車でアユッタヤー県内のウートーン・インホテルに連れてこられ、そこで更に2人の日本人の男と合流し全員で飲食し、その後部屋に戻った際に女が眠気覚ましに持ってきたコーヒーを飲んだ後に意識不明になり、気付いた時には72万円の現金や35,000円相当のデジタルカメラ等が盗まれていたという。

 警察の取り調べに対してK容疑者は薬物を仕込みデジタルカメラを盗んだことは認めているが、現金については一切手をつけていないと主張し、一方C容疑者は空港からホテルまで車で男性を連れていった事は認めているが、現金等に関しては一切関知していないと一貫して主張しているという。

 K容疑者のタイ人の妻(23)によると、同容疑者が盗んだとされるデジタルカメラは、14日にラチャダーピセーク通り方面にタクシーで向かった際にタクシー運賃の代わりに運転手に差し出され現在は手元に無いという。

 警察側は、現在逃走中のもう一人の日本人の男とC容疑者と一緒にいたフィリピン人の女の行方を追うと共に、余罪がある可能性を含め引き続き事情聴取を行い2人の容疑を固めていきたいとした。

* 以上警察側の発表に基づきますが、ニュースクリップさんがソースに使用したと思われるMCOTの報道ではフィリピン人の女も一緒に逮捕され、また上記の記事では車を運転していたCが主犯格、現在逃走中とされている男が逮捕されたと記されています。MCOTのソースで見ることが出来るビデオ内に映し出されている最初に連行されている男が上記の記事ではK(MCOTではC)で、部屋から連行されている男が上記ではC(MCOTでは上記の現在逃走中の男の名前)となります。

MCOTの報道 (報道映像有り)
http://news.mcot.net/crime/inside.php?value=bmlkPTYyOTAmbnR5cGU9Y2xpcA==
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、政府系のch11を中立的放送局に再生

 サマック首相は15日、僧侶等を前にした講演の中で政府広報局系のCh11を中立的な放送局として再生させる為に大規模な構造改革に取り組む考えがある事を明らかにした。

 同首相によれば、報道に介入する考えは無く、あくまで近代的且つ機動性に優れた決して政府よりではない中立的な報道を旨とする放送局としての再生を志しているのだという。

 一方、この首相の発言に対して政府広報局を管掌するヂャクラポップ首相府大臣は、他局の改革にも繋がるモデルケースにする事を念頭にch11の構造改革に取り組む意向を明らかにした。

 また、同大臣は一貫として民間の放送局にch11の周波数や機材を使用して放送する機会を与える考えがある事を明らかにしたが、その民間放送局が同大臣と関係が深い旧タイ・ラック・タイ党系のPTVの事を指しているのかとの問に対しては、PTVだけでなくASTVやネーション・チャンネル等の特定の放送局に対して特別な計らいをする考えは無いとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、旧タ党幹部の公社役員登用は不適切と指摘

 サマック首相は15日、スラポン副首相兼財務大臣がタイ・ラック・タイ党の解党により被選挙権を失った111人の元党幹部から公社役員会メンバーに据える事も有り得ると発言した事に対して、まだ詳細な報告を同大臣から受けていないと断った上で、個人的な見解としていらぬ議論を呼ぶだけの不適切なものであるとの考えを示した。

 一方、タクシン元首相の帰国関連に関しては、具体的な予定は知らないがいつでも帰ってくる事が可能であると語るに留めた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。