2008年02月07日

選挙委、パラン党3議員にイエローカード

 選挙委員会は6日、先の総選挙でスリン県第三選挙区から当選を決めたパラン・プラチャーチョン党所属の下院議員3人に対して、再選挙での再出馬が認められるイエローカードを発行する決定を下した。

 対象になった3人の下院議員はティーラタット・ティヤオヂャルゥン氏、リワン・タンヤサグンギット女史及びルゥトサック・タサナセート氏で、何れも票の買収及びタクシン元首相関係のVCDを有権者に配布した疑いが持たれていた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一次サマック内閣が正式に発足、チャルゥムが内相

 6日、国王は新内閣を認証し同日夕方チットラダー宮殿内で認証式典が執り行われた。

 発表された新内閣の陣容は以下の通り。(パラン・プラチャーチョン党以外の所属政党が判明している人物には政党名を付記)

首相兼防衛大臣 サマック・スンタラウェート
副首相兼教育大臣 ソムチャーイ・ウォンサワット
副首相兼財務大臣 スラポン・スゥプウォンリー
副首相兼商務大臣 ミンクワン・セーンスワン
副首相 サナン・カチョンプラサート(少将、チャート・タイ党)
副首相兼工業大臣 スウィット・クンギッティ (プゥア・ペーンディン党)
副首相 サハット・バンティッタグン

首相府大臣 ヂャクラポップ・ペーンケー
首相府大臣 チューサック・シリニン

財務副大臣 ラノーン・スワンナチャウィー (女性少尉、プゥア・ペーンディン党)
財務副大臣 プラディット・パトラウィシット (ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党)

商務副大臣 ウィルン・テーチャパイブーン
商務副大臣 バンイン・タンパーゴン (警察中佐、マッチマーティパッタイ党)

教育副大臣 ブンルゥー・プラスゥトソーパー
教育副大臣 ポンゴン・アンナポップ

内務大臣 チャルゥム・ユーバムルン (警察大尉)
内務副大臣 スポン・フォーンンガーム
内務副大臣 シッティチャイ・コーウスラット (プゥア・ペーンディン党)

運輸大臣 サンティ・プロームパン
運輸副大臣 アヌラック・ヂュリマート
運輸副大臣 ソンサック・トーンシリー

観光・スポーツ大臣 ウィラサック・コーウスラット (チャート・タイ党)

社会開発・人間の安全保障大臣 スター・チャンセーン

外務大臣 ノパドン・パッタマ

法務大臣 ソムポン・アモンラウィワット

農業・協同組合大臣 ソムサック・プリサナーナンタグン (チャート・タイ党)
農業・協同組合副大臣 ソムパット・ゲーオウィヂット (チャート・タイ党)
農業・協同組合副大臣 ティーラチャイ・セーンゲーオ

公共保険大臣 チャイヤー・サソムトラップ
公共保険副大臣 チャワラット・チャーンウィーラグーン

情報通信技術大臣 マン・パットノータイ

科学技術大臣 ウティポン・チャーイセーン

文化大臣 アヌソン・ウォンワン

天然資源・環境大臣 アノンワン・テープスティン (女性、マッチマーティパッタイ党)

エネルギー大臣 プーンピロム・リプタパンロップ (女性中将、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党)

労働大臣 ウライワン・ティヤントーン (女性、プラチャラート党)

* メンツを眺めてみるとサマックの直系と言える人はサハット副首相くらいしか見あたらないみたいですね。先に新内閣は議論を呼ぶ綺麗なものではない事を認める発言をしていたサマックですが、ネーション・チャンネルによると、タクシンはもとよりネーウィンの右腕やらスダーラットの右腕やら、更には誰々の息子や弟、妻やらと目眩がしそうな位に素敵なメンツにタイ人には映っているようです。サマックは比較的早期に綺麗ではない内閣の一部を入れ替えることを示唆していましたが、逆にサマックを潰すことが出来る位にタクシン・旧タイ・ラック・タイ党主流派のノーミニー色が強い政権と言えるかも知れません。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーンカーイ - ヴィエンチャン鉄道、5月までに運行開始できる見通し

 ノーンカーイ県のヂャデット県知事は6日、ノーンカーイ駅からラオスの首都ヴィエンチャンにあるター・ナーレーン駅間を結ぶ鉄道の運行を今年5月までに開始できる見通しであることを明らかにした。

 開通後は、タイ国内のレムチャバン港を始めとする主要な港と内陸国であるラオスとを繋ぐ新たな経済的な物資輸送手段としての需要開拓を目指していきたいという。

 同県知事によると、ノーンカーイ駅からター・ナーレーン駅間約3.5Kmの線路の敷設を既に終え、またター・ナーレーンの駅舎の工事もほぼ80%完成しており、現在ラオス側の運転士の訓練やサービス教育等のトレーニングをノーンカーイ駅内で施している段階にあるという。

 尚、完成後は当面一般旅客向けに絞って運行を行い、その後貨物輸送に運行範囲を広げていきたいという。

* そういえば本来なら既に開通しているはずのBTSサパーン・タークシン - トンブリー間はいつ開通するのでしょうか?
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケ店の女性オーナーが射殺

 6日未明、パッタルン県バーンゲーオ郡内にあるカラオケ店内で、38歳の女性オーナーが何者かに射殺されるという事件が発生した。

 警察側は、事件発生前に店舗兼住宅内で女性と一緒に寝ていた49歳の男が所在知れずになっていることから、女性の男性関係を巡った喧嘩から男が女性を射殺し逃走したと見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変なオジサンがコッソリと来タイ

 すんまへん、実は仕事と両立させながら大急ぎでこれ(何故かWalking in your footstepを演奏してくれなかった)に行っていたので、最近ちょこっと手抜きぎみです。

 そんなお茶目な事をやっている時に、先月末頃にその手の筋から聖地とよばれている西新宿にブートを探す為に日本に来ていたらしい(本当はちゃんとした目的があったみたいだけど)変なオジサン@64歳がコッソリとタイに来ていたみたいですね。

 AE Wizardなるバンドがライブハウスで演奏している時に、客としてオーラーンのオーとかThe Sunのポップ(タイのインギーと呼ばれている人?)とか、インカーのオーとかの大御所と一緒にオジサンが来ていたみたいですね。で、オジサンの前でジミヘンの曲のセッションとかをやっていたみたいです。
posted by Jean T. at 02:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。