2008年02月13日

首相、パラン党所属大臣付き顧問及び秘書官候補の見直しを命じる

 サマック首相は12日、同日開かれた閣議の席上でパラン・プラチャーチョン党所属の大臣付きの顧問及び秘書官候補の見直しを命じた事を明らかにした。

 連立政党から入国した大臣に就く顧問及び秘書官候補は対象外。

 発言の中でサマック首相は、パラン・プラチャーチョン党所属の大臣付き顧問及び秘書官候補者の一部に不適切な人物がいることを認めたが、旧タイ・ラック・タイ党の大物幹部であるネーウィン・チットチョープ氏等が顧問や秘書官候補の選定に関与しているとの指摘に関しては否定した。

 尚、今回の指示とチャルゥム内務大臣の息子のワン氏が公共保険大臣の秘書官候補にあがっている事との関係に関しては確認を避けた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内相、南部特別自治体の設立を推進

 チャルゥム内務大臣は12日、南部国境三県域の特別自治体化及び宗教都市の設置の実現に向けた検討を行っている事を明らかにした。

 同大臣によると、南部国境5県の県知事と南部情勢について協議を行った際に特別自治体及び宗教都市の設置案を提示し、その後中国やドイツのケースを参考に軍部を始めとする関係当局と詰めの協議を行い構想の枠組みを策定した上で公聴会を開催し構想実現の是非を問う方針だという。

 また、今後の南部対策方針に関しては、重要な役割を演じている軍部を基本に置き、自らは情勢の改善に直接結びつかない南部への訪問を最小限に留めると共に関係当局と密接にコンタクトを取りながら対策遂行上の欠陥点の改善や地域の住民に対して等しく法的な保護・権利が与えられる体制作りに注力していきたいとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は超大物灰色政治家の暴力息子が内務副大臣付き秘書官補

 プゥア・ペーンディン党党首のスウィット副首相兼工業大臣は12日、同党幹部会議長のワッタナー・アサワヘーム氏の息子でサムット・プラーガーン県県都行政組織の首長だった事でも知られるチョンサワット・アサワヘーム氏が、同党から閣入りしたシッテイチャイ内務副大臣付きの秘書官補に就任する事に関して、党のイメージにダメージを与える事には繋がり得ないとの考えを示した。

 パークナムのゴッドファーザーの異名を持つワッタナー・アサワヘーム氏の息子であるチョンサワット氏は、サムットプラーガーン県県都自治体の首長だった時代に飲酒運転の検問所を強行突破し、追跡してきた警察官に暴行を振るうという事件を引き起こすなど、内務大臣経験者の父親の威光を嵩にきた暴行事件を度々引き起こしマスコミを騒がしてきた人物として知られる。

 この件に関してスウィット副大臣は、チョンサワット氏の秘書官補就任はシッティチャイ内務副大臣の裁量で決定された党とは無関係なものである事を強調した上で、社会は同氏に政界内で働く機会を与え、色眼鏡で見ることなく同氏の職務成果に注目するべきであると指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクで武装麻薬組織と銃撃戦、5人を逮捕

 12日未明、バンコクのバーン・イールゥア区内ソーイ・トゥトタイ19内にある民家付近で首都圏警察本部第八分署所属の武装警察官が銃撃戦の末に5人の麻薬密売組織関係者を逮捕した。

 銃撃戦は、民家内に隠匿されている大量の麻薬類を武装した者が見張っているとの捜査結果に基づき武装警察官等が現場に駆けつけた際に一味側からの銃撃に応戦する形で発生したもので、この摘発により麻薬密売組織関係者5人の身柄が拘束され、民家内から大量のヤーバーやヤー・アイスの他に7丁の銃器、銃弾多数や一発のM26型小型榴弾等が押収された。

 尚、ボスと見られる男(26)は銃撃戦のどさくさに紛れ逃走し行方知れずになっている。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで射殺体に火、ナラーでは空港近くで爆発物

 11日深夜、パッターニー県マイゲーン郡内の路上で、バイクで路上を走行中だった40歳の仏教系住民が、何者かに射殺された上で遺体に火を放たれるという事件が発生した。

 一方12日午前、ナラーティワート県県都内の橋の袂付近で爆発物が発見され回収処理が行われた。発見された地点がナラーティワート空港の滑走路の末端付近だったことを受け当局側は同空港及び空港へ通じる路線の警戒を24時間体制で強化する方針を決定した。

 また12日10:00過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内にあるモスク付近の路上で銃撃事件が発生し、地元行政機構の評議員及び住民の2人が死亡した。

 ヤッラー県内では11日夜半にターントー郡内で人数不明の一味が警戒作業中だった国境警備警察隊に向け銃を乱射し、数分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走し、警察官4人が負傷を負い、また同日深夜にはラーマン郡内にある二ヶ所の警察署に向けた銃乱射事件が発生したが、幸い人的な被害は確認されなかった。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーマ2で観光バスが横転、日本人観光客15人が負傷

 ネーションの英字速報等によると、12日7:30頃バンコクのラーマ2世通りの下り車線で日本人観光客を乗せたバスが横転し、日本人15人(男性6人、女性9人)が負傷を負った模様。

 現場は高速の出口付近で、同日10:00迄に確認できた報道では事故の発生状況等に関しては報じられていない。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。