2008年02月23日

報復人事か? 特別捜査局局長を電撃解任

 ソムポン法務大臣は22日、25日付けで法務省特別捜査局局長のスナイ・マノーマイヤウドム氏を新憲法の条項に基づき同省傘下になった汚職防止取締本部の事務局長代行に異動し、麻薬防止取締本部副事務局長のタウィー・ソートソーン警察大佐を局長代行に据える人事を決定した。

 両名とも閣議により後任の人事が決定される迄の間それぞれの代行職に就くことになる。

 特別捜査局の局長代行に就任するタウィー警察大佐は、ポンテープ・テープガンヂャナー氏やスダーラット・ゲーユラパン女史といったタクシン政権内の重要人物に近い人物として、またタクシン政権時代に同局に所属していた時代にはTPI社関連といった当時の反タクシン派関係者が絡む疑惑の捜査に関与し、その後クーデター政権により異動させられていた事で知られ、また今回の人事を決定したソムポン法務大臣は、タクシン政権よりな恣意的・差別的な任務遂行で批判に晒され、クーデター後に表向きには自らの希望で国家警察本部に復職した事で知られる元特別捜査局局長のソムバット・アモンラウィワット警察大将の実兄であることから、タクシン元首相や同政権が絡む不正疑惑やサマック首相がバンコク知事時代に関与したとされる消防自動車・消化艇の不正調達疑惑等に対する捜査を強く意識した報復的な色彩が濃い人事と見られている。

 また、今回の人事に続いて同省次官で元国家立法議会議員兼憲法起草作業委員会副委員長だったヂャラン・パクディータナーグン氏が首相府付き監察官という閑職に異動されるとの憶測が現在飛び交っている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム空港に世界第三位の評価!? 英紙の読者調査で

 イギリスの旅行雑誌Wanderlustが読者約3,000人を対象に行った2008年度Wanderlust Travel Awardsの調査で、スワンナプーム国際空港が空港部門で世界第三位の評価を獲得していた事が明らかになった。

 尚、第一位はシンガポールのチャンギ国際空港、第二位は香港の香港(チェク・ラプ・コック)国際空港だった。

 今回の結果に関して同空港のセーリーラット空港長は、これまで欠陥点の改善に注力し、サービスの向上に努めてきた事が今回の評価に繋がったとの考えを示した上で、今後も引き続き欠陥点の改善やサービスの向上に努め、当初目標に掲げた2009年までに世界第一位の評価が得られる空港にしていきたいと抱負を語った。

* 一瞬何かの間違いまたは東南アジア部門で第三位の間違いだったのではないかと思いサイトを見てみましたが、2月22日17:00現在まだAward関係の記事は掲載されていないようです。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BTS線タークシン - トンブリー間、来年初頭までにサービスを開始出来る見通し

 バンコク特別自治体当局は22日、路線延長工事が行われていたBTS線サパーン・タークシン駅からトンブリー区内タークシン通り交差点までの区間の運行を来年初頭までに開始できる見通しになった事を明らかにした。

 パニット副知事によると、既に区間の延長工事は100%完了し、現在は電源系統や通信系統関連の機器等の調達の為の入札を待つ段階にあることから、現状では本年11月中に試験運転を開始し、来年初頭までに一般向けのサービスを開始できる状況にあるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーの大学構内で爆発、ナラーでは3ヶ所連続爆破

 22日10:00過ぎ、ヤッラー県県都内中心部にあるラーチャパット大学ヤッラー校の構内で爆発が発生し、同日昼までに学生及び大学職員3人の負傷が確認された。

 また。ナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内中心部では22日6:30過ぎから7:00過ぎにかけて3ヶ所で連続して爆発が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 一方パッターニー県トゥンヤーンデーン郡内では22日9:00過ぎ、バイクの二人乗りで路上を走行中だった何れもイスラム教徒の地元行政機構評議会議員の男性(53)と住民男性(44)が、バイクに乗った2人組に銃撃され2人とも負傷を負い、21日21:00前にはパナーレ郡内で、何れもイスラム教徒の15歳と17歳の男性が礼拝を終えモスクから出てきたところで、バイクに乗った2人組に銃撃され15歳の男性が死亡し17歳の男性が負傷を負った。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メーソートのゴミ集積場で爆発、ミャンマー人13人が負傷

 22日9:30頃、ミャンマーと国境を接するターク県メーソート郡中心部にあるゴミ集積場で爆発が発生しミャンマー人13人が負傷を負った。

 負傷を負ったミャンマー人等が集積場内で作業中に爆発が発生したと見られるが、原因に関しては同日10:00過ぎ現在明確になっていない。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。