2008年02月29日

ヂャクラポップ氏、ご主人様が帰国した日に政府広報局長を更迭

 ヂャクラポップ首相府大臣は28日、政府広報局長のプラーモート・ラットウィニット氏を首相府付きの閑職に異動する人事を決定した。

 異動後は、7月にタイで開催されるASEAN会議の広報用に設置されるASEANチャンネルの始動に向けた準備を委ねられる予定になっている。

 プラーモート氏は、前政権時代に局長に任命され、TITVに対する電撃閉局命令を発令した人物として知られ、兼ねてから新政権による報復人事の対象になると見られていた。

 尚、先に向こう3ヶ月間に渡って職務状況を見極めた上でプラーモート氏に関する人事を検討すると語っていたヂャクラポップ首相府大臣は、あくまでASEANチャンネルの始動を意識した適材適所の原則に基づく人事であると語り報復人事であることを否定している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相、政治と関わりを持つ考えは無いと明言

 タクシン元首相は28日14:00過ぎペニンスラ・ホテル内で行われた記者会見の席上で、現在持たれている嫌疑を晴らすために帰国した事を強調した上で、今後一切政治の世界と関わり合いを持つ考えが無いことをあらためて確認した。

 同元首相によると、今後は慈善活動やスポーツ・教育振興といった公益の為の活動に身を捧げていきたいという。

 しかし、同元首相の政界引退宣言は単なるポーズで、現在もたれている嫌疑が晴れた後に積極的に政治の表舞台に躍り出てくるのではないかと見る向きも依然ある。

 また、タクシン元首相は、首相として国外に出て容疑者として帰国したと己を卑下して語りメディア関係者の笑いを誘った上で、家族のように自分を暖かく迎え入れてくれる唯一の地であるタイで生涯を終えたいと語った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高裁、800万バーツでタクシンを仮釈放

 最高裁判所は28日11:00過ぎ、国有地の不正収容疑惑で逮捕状が発行されているタクシン元首相に対して800万バーツの保釈金で仮釈放を認めると共に3月12日に第一回目の審理を行う決定を下した。

 尚、仮釈放期間中の国外渡航は禁じられている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳少女、米国人とタイ人の夫婦に強姦され売春を強要されたと訴える

 28日、チョンブリー県パッタヤー地区内の観光警察に16歳の少女が現れ、14歳の年下の親戚の少女と共にバーンラムゥン郡ノーンプゥル地区内でバーを経営しているタイ人の女(30)にアメリカ人の夫と性的な関係を無理矢理持たされた上で売春を強要されたと訴えた。

 少女によると、昨年末頃にナコンラーチャシマー県内の実家で生活をしていた際に、エージェントからパッタヤー地区内の喫茶店で月6,000バーツの給仕の仕事があると紹介され、母親が離婚し、更に祖父が失明しているなど家庭が貧困な状態にあった為、家族・親戚の了解のもとで近所に住む年下の親戚の少女と共にエージェントからの紹介を受け入れたが、実際に連れてこられたところは喫茶店ならぬ外国人相手に酒を提供するバーだったという。

 更に少女によると、店に到着した当日の夜にオーナーの女にコンドミニアム内の部屋に連れていかれ、そこでオーナーの夫から強姦されそうになり、抵抗しその場を切り抜けたが、その後も再度オーナーから夫と関係を持つよう強要され、その場から逃げるための現金を所持していなかったことと仕事を紹介したエージェントの仲間が家族に危害を加える恐れがあった為やむなく関係を持つことを受け入れ、その後は反抗したら暴力を振るうと脅され店を訪れる外国人客を相手に売春を強要されていたが、うまく隙を見つけ店から逃げ出し被害を訴えるために警察に現れたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。