2008年03月19日

携帯4社、格安シムカードを10万枚発行

 携帯電話事業会社大手4社は18日、割引通話料金がパッケージされた携帯電話用シムカードを10万枚発行する事で合意に至り、19日に商務大臣宛に今回の決定を報告する方針を明らかにした。

 この方針は、商務省が取り組む消費者物価抑制策及びタクシン政権時代に開始された青旗を目印にした低所得者層向け格安商品提供プロジェクトの一貫として決定されたもので、一枚あたり49バーツで販売される当該シムを使用する事により6:00から18:00まで一分あたり0.5バーツ、それ以外の時間帯は一分あたり2.00バーツ(True及びHutchは1.50バーツ)の割引通話料金が自動的に適用されるという。

 尚、割引通話料金が適用されるシムは、商務省の販売ルートを通して販売され、AISから4万枚、DTACから3万枚、Trueから2万枚、Hutchから1万枚が提供される予定になっている。また、TPBSの報道によると、割引通話料金は本年度末まで適用される予定だという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマック首相、仏教・回教系とは無関係の6つのグループが南部情勢に関与

 サマック首相兼防衛大臣は18日、南部国境三県域内に於ける一連の不穏な情勢に関与しているグループの正体を既に把握している事を明らかにした上で、チャルゥム内務大臣に対して現地に入り問題解決に向けた情報収集を急ぐよう指示した事を明らかにした。

 尚、6つのグループの詳細に関しては、宗教とは無縁な仏教系やイスラム系のタイ人ではないグループであると語るに留め、詳細は明らかにされなかったが、内2つのグループは、スイス国内に移動し、タイ政府に対して直接協議の席に着くよう要求している事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不審な住民団体、知事のガス充填所建設許可により危険に晒されたと政府に訴える

 18日午前、バンコクの住民と名乗る正体不明のグループが、定例閣議が開かれている最中だった政府官邸前に現れ、アピラック・バンコク知事が、閣議で決定された建設規制方針に反して9ヶ所のLPGガス充填所の建設を許可した事により危険に晒されたとして、政府に対して調査を行うよう要請した。

 団体関係者によると、同様な告発を国会監視事務所に対しても行う方針だという。

 今回政府官邸前に集まった正体不明の住民団体が、問題となっている充填所の建設が終了してから期間が経っているにも拘わらず、これまでに一度も同様な告発を行っていないこと、また、参加した住民の多くが、チャルゥム内務大臣の地盤であるバーンボーン区内に在住している事から、職務一時休止宣言によりクリーンなイメージをアピールしようとしているアピラック知事のイメージ低下を狙った、政府関係者が背後で絡んだ動きとの見方も取り沙汰されている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーでモスクに向け手榴弾、礼拝中の住民2人が負傷

 18日5:30過ぎ、ヤッラー県県都内ユポー地区内で、小型トラックに乗った人数不明の一味がモスクに向け手榴弾と見られる爆発物を投げ入れ、モスク内で礼拝中だった73歳と53歳のイスラム系住民男性が負傷を負うという事件が発生した。

 爆発物が投げ込まれと当時、約15人の住民がモスク内で礼拝中だった。

 一方、ナラーティワート県ルゥーソ郡内では、18日早朝、集中摘発作業中だった軍と警察の合同チームと、RKK関係者と見られる3人組の男との間で、約5分間に渡る銃撃戦が発生し、3人組の内の1人が銃撃戦により死亡し、1人の身柄が拘束された。

 また、18日昼前には、同県ランゲ郡内のモスク前の路上で住民2人が何者かに銃撃され死亡するという事件が発生しているが、同日昼過ぎまでに確認できた報道では、被害者の氏名や性別、事件の発生状況等に関しては報じられていない。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13歳少年に猥褻な行為を働いた英国人老人2人を逮捕、パッタヤーで

 警察当局は18日、チョンブリー県のパッタヤー地区内で、60歳と70歳のイギリス人の男を13歳以下の児童に対する猥褻行為の容疑で逮捕した。

 警察によると、60歳の男に対しては、パッタヤー地区内にあるショッピングセンター内で声をかけた13歳の少年を自宅に連れ込み、そこで猥褻な行為に及んだ上で少年に現金を渡し解放した容疑が、また、70歳の男に対しては、南パッタヤー地区の路上で声をかけた8歳の少年を自宅に連れ込み、そこで猥褻な行為に及んだ上で少年に500バーツの現金を渡し解放した容疑が持たれており、何れも被害にあった少年が警察に提出した被害届により今回の逮捕と相成った。

 また、70歳の男は、同様な罪状で刑事起訴され、仮釈放中の身だった。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。