2008年03月29日

親タクシン派と見られる不審な団体がホームレス等を雇い連合に抗議する活動

 28日夕方、民主主義市民連合のセミナーが開催されたタンマサート大学講堂と道路を挟んだサナーム・ルワン脇の歩道上にタイを進歩させる民主グループと名乗る団体関係者100人前後が集まり、連合や幹部等を中傷すると共に「タクシンこそが真の民主主義の信奉者」であるとシュプレヒコールをあげた。

 団体の幹部と見られる男性は、タイが総選挙によって選ばれた政府と共に民主主義を前進させようとしている時に、連合側が情勢激化を意図した集会を開催する事は不適切であると指摘した上で、連合の集会が終了するまで活動を展開すると語った。

 同グループに参加していたある者はマスコミの取材に対して、仕事を探すために地方からバンコクに出てきたが、バンコクに住む場所が無いためサナームルワンで寝起きしていた際に、グループの関係者から誘われ参加した。いくら貰ったかについては答える事が出来ないと語っていたという。

* テレビカメラが向くと嬉しそうに手を振るような方々が少なからず抗議活動に参加しているようです。TPBSやネーションチャンネル等の報道によると、情勢激化を意図した集会に反対する為に集まったとされるグループの参加者の中には、親タクシン派定番の水のペットボトルを相手に向けて投げる事を民主主義の表現手段とするような皆様も大勢参加していたようです。尚、連合側のセミナーには、28日18:00過ぎまでに大講堂の1階、2階席のほぼ全てが埋まる参加者が集まっており、同日19:00現在、推計で1,000人を超える市民が参加しているものと見られているようです。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、30日に帰国

 タクシン元首相の個人報道官であるサンサニー・ナーカポン女史は28日、タクシン元首相が30日15:55着のタイ国際航空便でイギリスから帰国する事を明らかにした。

 帰国後その足で、タクシン一族系のタイコム財団がスポンサーとなる、同元首相が経営するマンチェスター・シティーに派遣するタイ人の青少年サッカー選手の選抜会に出席するという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再クーデター計画の存在を窺わせる機密文書が存在、首相が明らかに

 サマック首相は28日、再クーデター計画の存在を窺わせる機密文書が存在している事を明らかにした。

 首相によると、この機密文書は25日に開かれた定例閣議用の資料の束の中に挟み込まれていたもので、ある特定のグループがクーデター実行に向けた謀議を行っていた事を窺わせる内容になっているという。

 尚、サマック首相は、特定のグループとは、反政府派や軍関係者、ないしは第一地区国軍本部の事を指しているのかとの質問に対しては、回答を避けたが、何れマスコミに詳細を明らかにする方針であるとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンラーイで会社経営の邦人男性が心臓発作で死亡

 28日、チェンラーイ県県内の病院で、仕事中に発作を引き起こし搬送されていた同県メーヂャン郡内で農業関連の会社を経営する55歳の日本人男性が死亡した。

 男性が日頃から激務続きだったこと、また体に争った跡が無いことから、暑季への季節の変わり目に激務が続いた事による過労と持病による心臓発作による死亡とみられるが、警察側は、念のために司法解剖を行った上で死因を特定したいとしている。

* おそらく昨年プーヂャッガーン紙で紹介されていた方だと思います。残念ながら元記事を発見する事は出来ませんでしたが、以下に記事の本文部分が転載されていました。

http://www.food-resources.org/news/view.php?id=294
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年グループが教室内で同級生の14歳少女を集団で暴行

 スパンブリー県県都の警察当局は28日、マタヨン2年課程(日本の中学2年にほぼ相当)に通う14歳の少女が、教室内(報道により教員宿舎内)で同級生の少年グループに集団で性的な暴行を振るわれた事件に絡んで、これまでに7人の少年に事情聴取を行い、内4人が関与を認る供述を行っている事を明らかにした。残りの3人は、現場に居合わせたが、暴行には加わっていないと主張しているという。

 この事件は、被害にあった少女の母親が27日に警察に被害届を提出し明るみになったもので、少女によると、11日朝、国旗掲揚式の為に教師や生徒が教室から出払い、自分も掲揚式に向かうために教室から出ようとしたところで、出口に立ちふさがっていた同級生の少年7人に教室に押し戻され、教壇上に寝かされ、少年等に体を押さえ込まれた上で、リーダー格の少年に性的な暴行を振るわれ、その後、他言をしたらまた同じ目に遭わせてやると脅された上で、掲揚式への参列を許されたという。尚、少年7人は、少女から相談を受けた校長により、既に放校処分になっている。

 警察側は、少年7人に対する事情聴取により、親しい男友達がいた少女に横恋慕していた少年が暴行を主導していたとの供述が得られている事を明らかにした上で、4月3日に専門家立会の元で再度少年7人に対する詳細に渡る事情聴取を行った上で、今後の対応を決める方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。