2008年04月02日

バンコク行政当局、BRT用車輌の調達を一時凍結

 バンコク特別自治体のワンロップ知事代行は1日、調達に絡む不正疑惑調査の為、バンコク高速度大量輸送バス(BRT)計画用のバス車両の調達を向こう15日間に渡って凍結する方針を明らかにした。

 この措置は、同日朝、元バンコク特別自治体次官のナタノン・タウィーシン女史が、法務省特別捜査局に対して、BRT計画用のバス車両45台の調達計画に絡んで、特定の事業者に利益を供与する目的で不透明な入札により不当に高額な金額で発注された疑いがあるとして捜査を要求した事を受けたもので、ワンロップ知事代行側は、既にポンサックティ次官に調査を進めるよう指示を出しており、向こう15日以内に明朗に調達が進められていた事を証明できる見通しである事を明らかにしている。

 この動きに関しては、アピラック知事を中心にした民主党による特別自治体行政の信用失墜を狙ったゲームをナタノン女史側が仕掛けたとの見方もされている。

 サマック現首相が知事だった時代に次官に据えられたナタノン女史に関しては、最終的に憲法裁判所の判断で無効となった2006年4月2日の総選挙の際にタイ・ラック・タイ党に投票しているところがテレビカメラに映し出されていた事でも知られており、また、現在はパラン・プラチャーチョン党所属大臣のワーキングチームに名を連ねている。

* 次期バンコク知事選に出馬するつもりなんでしょうか? > ナタノン
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神罰? 首相が下痢と高熱を訴え入院

 1日朝、ラオスから帰国したサマック首相は下痢と高熱を訴え、定例閣議への出席を取りやめ治療の為に入院する事態になった。

 また、当日首相官邸内で予定されていたタンブンの儀式への出席も取りやめとなった。

 ウィチヤンチョート政府報道官によると、点滴と静養により快方に向かっているという。

 消息筋によると、首相がラオス訪問中に、市場内で調達した魚を発酵させた食品を食べた後に体調の不良を訴えていたという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スンガイ・ゴーロックで連続爆破、人的な被害は無し

 3月31日22:00過ぎから4月1日9:30過ぎにかけて、ナラーティワート県スンガイゴーロック郡内4ヶ所で連続して爆発が発生したが、何れも人的な被害は確認されなかった。

 爆発物は、何れも学校付近にあった高圧鉄塔の下3ヶ所及びガソリンスタンド内のショップ付近1ヶ所に仕掛けられていた。

 更に、1日朝、郡内にある自動車ショールーム付近でC4を使用した2発の爆発物が発見され、回収処理された。

 また、3月31日昼過ぎには、同県ヂョアイローン郡内で、人数不明の一味が、道路脇に仕掛けた爆発物を爆破させ、当局関係者をおびき寄せた上で、別の爆発物を爆破させるという事件が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 パッターニー県ヤッリン郡内では、1日8:00過ぎ、路上の警戒作業中だった軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発し、初期報道段階で軍関係者3人(報道により4人)の重傷が確認された。

 一方、1日午前、分離主義組織関係者として一連の不穏な動きに関与した容疑で身柄を追われていた7人のイスラム系住民が、持たれている嫌疑を晴らすと共に、公正な捜査を要求する為にヤッラー県知事宛に出頭した。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。