2008年04月12日

選挙委、連立中堅二党の解党処分が適切であると判断

 選挙委員会は11日、執行幹部党員が選挙違反に問われたチャート・タイ党及びマッチマーティパッタイ党の二党に対して解党処分を下すのが適切であると判断し、両党を憲法裁判所に提訴する方針を決定した。

 今回の決定は5人の委員長を含む委員の投票により行われ、委員のソムチャイ・ヂュンプラスゥト氏を除く4人が解党処分が適切であると判断した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察政策委、パチャラワート本部長代行を本部長に内定

 国家警察本部政策委員会(委員長、サマック首相)は11日、不正疑惑調査の為閑職に更迭され、その後首相により解職処分が下されたセーリーピスット前本部長の後任としてパチャラワート本部長代行(副本部長)を本部長に据える人事を内定した。

 セーリーピスット前本部長の解職処分に対する国王認証を待って、今回の人事が認証処理に付される予定になっている。

 第9期軍士官学校、第25期警察士官学校卒業組のパチャラワート・ウォンスワン警察大将は、第三地区警察本部長、公安警察局局長、国家警察本部長補佐、国家警察副本部長を歴任した人物として知られ、また、実兄である元陸軍司令官のプラウィット・ウォンスワン大将は、チャワリット元首相に極めて近い人物として知られ、先のクーデター政権時代には国家立法議会議員を務めた他、防衛大臣候補として名前があがった事でも知られる。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、憲法改正と対立激化は結びつかず

 チャワリット元首相は11日、憲法改正と対立の激化は結びつかないとの考えを示した。

 発言の中で同元首相は、タイは立憲君主制に移行して70年強の間に18回にも渡って憲法が改正され、また、憲法改正派が最も民主主義的であると指摘している1997年憲法でさえ、反対派と支持派との間で意見の対立があったとした上で、タイの社会では普通に起こり得る憲法の改正そのものが対立を煽動する元凶には為り得ないとの考えを示した。

 しかし、同時に元首相は政府に対して、現行憲法の改正に重きを置かず、国民が抱える問題の解決に最優先で取り組み、国民の期待に応える事が重要であると指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの浜辺で韓国人女性2人の撲殺体、強盗殺人で捜査を開始

 11日午後、チョンブリー県パッタヤー地区のビーチ付近で25歳から30歳位と見られる韓国人と見られる2人の女性の撲殺体が発見された。

 警察側は、前日夕方頃に付近を歩いている被害者2人が目撃されていたこと、遺体発見現場付近から飲みかけのビールの缶や外国製アルコール飲料の瓶の他に、被害者のものと見られるショルダーバッグが、中身を全て持ち去られた状態で発見されたことから、2人がビーチ付近にいた際に、物盗り目的で被害者2人に近づいた2人を下らない者が、鈍器の様なもので被害者2人を殺害した上でそれぞれの所持品を盗んで逃走したと見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。