2008年04月22日

タクシー団体、10%の料金値上げを要求

 タクシー団体関係者は21日、ソンサック運輸副大臣に対して、距離あたりのタクシー料金の10%値上げを承認するよう要求した。

 団体の代表によると、今回の要求は、LPG価格の高騰に対応したもので、向こう1週間以内に回答が得られなかった場合は、再度団体内で協議を行った上で要求書を提出する方針だという。

 尚、ソンサック運輸副大臣側は、高騰傾向にある消費者物価により困窮している国民に追い打ちを掛けるようなタクシー料金の値上げに応じるのは難しいとの考えを示した上で、値上げ以外の方法でタクシー運転手を支援する方策を検討する考えを明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュワン元首相、首相が公共の電波を私し一般国民を中傷したと非難

 民主党最高顧問のチュワン元首相は21日、サマック首相が、定例政見放送の中で公共の電波を使用して、同元首相の実弟について間接的に言及したのは、公共の電波を私し一般の国民を中傷する行為に等しいと指摘した。

 発言の中でチュワン元首相は、サマック首相が、国民から搾取する事が出来ない公僕ではない民間人の立場にある同元首相の実弟について間接的に言及した事は、公共の電波を私益の為に利用して一般の国民を中傷した事に等しい、極めて不適切な行動であると指摘した。

 その上で、チュワン元首相は、サマック首相がこの様な中傷発言をした背景に、同元首相がマスコミのインタビューに対して語った所感により図星を突かれた焦りがあるとの考えを示した。

 チュワン元首相によると、サマック首相が首相として不適任と発言したのは、あくまでマスコミの取材に対して一般的な政治情勢等に基づいて語られたもので、また、プレーム枢密院評議会議員の失墜を狙った組織的な動きの暴露に関しては、あくまで実際に起こっている現象と、それに対する所感を語っただけで、具体的に政府関係者を始めとする特定の個人の関与を示唆するような発言はしていないという。

参考
民主党、首相によるチュワン元首相の弟が絡む疑惑発言を非難
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娯楽施設周辺で托鉢をしていた僧侶4人を摘発

 チョンブリー県パッタヤー地区の行政警察当局は20夜半、パッタヤー地区の娯楽施設が密集するウォーキング・ストリート周辺で托鉢を行っていた、62歳から68歳の僧侶4人を摘発し、媚薬や女性用化粧品、潤滑剤、女性に宛てたラブレター等を押収した。

 今回行われた摘発は、不適切な時間帯に不適切な場所で托鉢を行っている僧侶がいるとの通報に基づき行われたもので、4人の僧侶は、それぞれパヤオ県、ノーンブワランプー県、コーンケーン県及びチュムポン県内にある寺院に所属しており、南パタヤ地区の林の中に掘っ立て小屋を建て共同生活をしながら托鉢を行っていたという。

 当局側によると、チョンブリー県バーンラムゥン郡の代表僧侶が、4人の僧侶に対して事情聴取を行った上で処分を下す予定になっているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシンが東北地方にお出かけ

 21日朝、タクシン元首相が息子やポチNo.2のネーウィン・チットチョープ氏等を引き連れ、東北地方の複数県内の寺院でタンブンを行う為にコーンケーン県に向かいました。

 年内に、全国99箇所の寺院でのタンブンを終えるつもりらしいです。

 同地では、ポチNo.1のヨンユット・ティヤパイラット氏も合流するようです。

 また、前日には東北地方を"視察"訪問中だったヂャクラポップ首相府大臣が、元首相の訪問先の安全確認と、元首相の到着を歓迎する"住民"の手配を行っていたようです。

 一部報道は、サマック首相以上に多くの住民が元首相の出迎えに現れたと報じていました。

報道映像
http://news.mcot.net/politic/inside.php?value=bmlkPTEwMDE0Jm50eXBlPWNsaXA=
http://news.mcot.net/politic/inside.php?value=bmlkPTEwMDI3Jm50eXBlPWNsaXA=
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。