2008年05月28日

行政裁判所、民間委託都バスの運賃上げの一時差し止めを命令

 中央行政裁判所は27日、民間業者によって委託運行されている都バスの料金値上げを28日から同裁判所の判断が下されるまでの期間に渡り一時差し止める命令を下した。

 民間の消費者団体が民間委託運行の都バスの料金値上げの差し止めを求め行政裁判所に提訴した事を受けた決定。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党党首、危険思想を持つヂャクラポップの辞任をあらためて要求

 民主党のアピシット党首は27日、同党側が指摘しているヂャクラポップ首相府大臣の英語による不敬罪発言は、政治的な思惑が一切介在していない正しい翻訳・解釈に基づいたものであると指摘した上で、あらためてタイの体制そのものに危険をもたらす同大臣の辞任を要求した。

 これは、前日、ヂャクラポップ首相府大臣が、自らに持たれている不敬罪疑惑が事実を著しく歪めた言われ無きものである主張した上で、これをネタに攻撃を強めている民主党を強く非難した事を受けたもので、アピシット党首は、イギリスに10年以上滞在した経験がある自分や英語の専門家を交え慎重に同大臣の英語による発言の翻訳を進めた結果に基づいてしても、同大臣がタイの立憲君主体制そのものに危険をもたらす思想を持っている、大臣として極めて不適切な立場にある事は疑いの無いことであると指摘した。

 同日昼過ぎのTPBSのニュースによると、ヂャクラポップ首相府大臣による"公式"の翻訳には、意図的に肝心な部分の翻訳を避けていると思わせる部分が散見されるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サノ氏、憲法改正案は確実に破棄 - 連合は即刻活動を中止すべき

 プラチャラート党のサノ党首は27日、憲法改正が失敗に終わることを自らの首を掛けて約束できるとした上で、民主主義市民連合に対して、即刻集会を中止し家路につくべきであると指摘した。

 嘗て連合の演台に立ったこともあるサノ党首によると、パラン・プラチャーチョン党内の50人前後のベテラン党員が早急な憲法改正に反対しているとの情報を得られているだけでなく、直接話した嘗てのボスも現在は憲法を改正するべき時ではないとの考えを示していることから、憲法改正が失敗に終わることは避けられない状況にあるのだという。

 尚、嘗てのボスの詳細については明らかにしなかったが、タクシン元首相のことを指しているものと見られている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北部の旧与党系大物等が自己クーデターを計画?

 東北地方の救国団体幹部のタイゴン・ポンスワン氏は27日、パラン・プラチャーチョン党所属下院議員や同党幹部、更には依然同党に対して影響力を持っている旧タイ・ラック・タイ党関係者との間で、自己クーデター実行に向けた謀議が行われていたとの情報がある事を明らかにした上で、向こう7日間以内に何らかの動きがとられる恐れがあると警告した。

 旧タクシン政権が民主主義市民連合の絡む活動にかこつけて情勢を最悪の方向に導くことにより、同連合の制圧に乗り出そうとした矢先に、クーデターにより実権を奪われたのと同様な事が二度と起こるべきではないとの信念を持っているという、パラン・プラチャーチョン党に繋がる極めて信頼できる筋からの情報によると、パラン・プラチャーチョン党関係者やタクシン元首相、元タイ・ラック・タイ党幹部等の出席を得て26日夜に開かれた、元タイ・ラック・タイ党副党首のヂャムローン・クルンックントット氏の娘の結婚式の際に行われた謀議の際に、北部の大物が、政府側が向こう2-3日以内に民主主義市民連合の活動を抑え込む事が出来なかった場合は、軍の戦力を利用して自分たちで制圧に乗り出し実権を掌握するべきであるとの考えを示していたという。

 しかし、実権掌握にタクシン元首相系の軍関係者が関与する可能性に関しては、その多くがクーデターを実行できるようなポストに就いていないことから、極めて薄く、むしろ、元防衛大臣のタンマラック・イサラーングーン・ナ・アユッタヤー大将に繋がる軍関係者が関与する可能性が高いという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主活動家(元同盟幹部)がサプラン等親クーデター派大将の解任を要求

 チューサック首相府大臣は27日、元反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラガーン氏から、民主主義制度を支持していないとして前国家安全保障評議会副事務局長で現防衛省副次官のサプラン・ガラーヤーナミット大将及び前国家安全保障評議会秘書官事務所所長のソムヂェート・ブンタノーム大将の解任を求める書面が提出された事を明らかにした。

 また、ウェーン氏は、書面の中で、憲法改正の是非を問う国民投票の実施、仏教国教化の明文化を要求しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで軍を狙った連続爆破、大尉を含む軍関係者9人が負傷

 27日16:00前、パッターニー県ガポー郡内で、路上の警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発し、隊を指揮していた大尉が重傷を負い、配下の軍関係者2人が負傷を負った。

 また、先立つ同日5:00前、同県コークポー郡内で、路上の警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発し、軍関係者1人が重傷を負い、3人が軽傷を負った。

 更に、26日早朝には、同県メーラーン郡内で、路上の警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発し、軍関係者2人が負傷を負った。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では、27日昼過ぎ、3歳の息子を乗せバイクで走行中だった57歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され、男性が死亡し、息子が重傷を負った。男性は、元県行政機構評議会議員。

 一方、パッターニー県サーイブリー郡の警察当局は、27日早朝行われた集中摘発により、昨年12月23日の総選挙投票日の際に警戒作業にあたっていた警察官2人を殺害した容疑で身柄を追われていた27歳のイスラム系の男の身柄を拘束した。

 また、ヤッラー県ターントー郡内では、25日早朝行われた軍及び警察の合同チームによる集中摘発により、2月11日に発生した国境警察官銃撃事件に関与した容疑で身柄を追われていた、RKKの地元幹部と目される30歳のイスラム系の男の身柄が拘束されている。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

ヂャクラポップ、7日間に渡り自主停職 - 不敬罪発言は否定

 ヂャクラポップ首相府大臣は26日、不敬罪発言を否定した上で、自己改善の為に向こう7日間に渡って自主的に首相府大臣としての職務を停止する方針を明らかにした。

 発言の中でヂャクラポップ氏は、昨年8月に外国人記者クラブで行われた英語での発言が不敬罪に該当するとの指摘は、事実を極端に歪められた言われもない指摘であり、また、自分自身も決して王室にとって危険な人物では無いと主張した上で、これをネタに攻撃を強めている民主党や民主主義市民連合に対して怒りすら覚えていると語ると共に、必要であれば民主党のアピシット党首との直接討論にも喜んで応じる意向であると語った。

 しかし、プーレム枢密院評議会議長に対する攻撃は、同議長による国王のアドバイザーというポジションを逸脱した行為を責める為に行われている正当なものであると主張した。

 また、同大臣によると、こう7日間に渡る職務を停止を決断したのは、、あくまで、疑惑を指摘している者に対して、英語による発言を翻訳するなりして分析する機会を与えると共に、様々な意見を吸収し、何故今回の様な疑惑を指摘されるようになったか分析し自己改善に役立てる為のものであるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、非常事態令発令の噂を否定

 サマック首相兼防衛大臣は26日、バンコクのマカワン・ランサン橋前の交差点で集会活動を展開している民主主義市民連合を制圧する目的で非常事態令を発令する考えが無いことを明らかにした。

 これは、先に連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将が、連合幹部5人の身柄を拘束する為に政府側が非常事態令を発令する恐れがあると指摘した事を受けたもので、26日2:00頃まで首相官邸内で連合や被連合派の活動状況をモニターしていたというサマック首相は、情勢の掌握は警察側の任務であるとして、自らを独裁者に陥れるような非常事態令の発令は一切考えていないとしたが、連合の活動が海外投資家に与える心理的な影響に関しては強い懸念を持っている事を認めた。

 同首相によると、同日午前に開かれた国外在住大使との会合の席上で、少なくとも3つの国に駐在する大使から、連合と反連合派との衝突が外国人投資家のタイへの投資意欲に影響を与える恐れがあると指摘していたという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、マカワン橋前での集会を継続開催

 民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は26日朝、バンコクのマカワン・ランサン橋手前の交差点付近(国連ビル前)で開催されている憲法改正に反対する集会を当初目的が達成されるまで、状況を見極めながら継続して開催する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルムーン・パーティーを商標登録?

 26日付けのバンコクポスト紙によると、ミンクワン副首相兼商務大臣は、満月の夜にパンガン島で開催されているフルムーン・パーティーの名称を商標登録する方向で検討を進めると共に、同パーティのプロモートを進める意向を示している。

 この動きは、シンガポールのセントーサ島で同様なパーティーを開催する動きがあることを受けたもので、商標登録により、他国による同様な名称を使用したパーティーの開催を阻止する事に繋がるとしているが、専門家の間では、発明、文芸、科学、芸術の何れにも該当しないフルムーン・パーティーの名称の知的財産権登録が果たして可能なのかと疑問視する声が上がっている。

* その前に、前のルゥーシーダットンの時のように、タイ固有の文化に関わる名称の使用状況や知財登録状況等の調査を進めるべきではないでしょうか。ところで、フルムーン・パーティーの名称はインドのゴアで使われていたものですよね。いや、たまにメンタルヘルスの為にゴア・トランス系を大音量で聞くのを好んでいるので、ちょっと気になっただけなんですが。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8年間に渡り義理の娘に性的暴行を働き妊娠させた男を逮捕

 ローイエット県ヂャンハーン郡の警察当局は25日、17歳になる義理の娘に対して約8年間に渡り性的な暴行を繰り返し、結果として妊娠させた容疑で51歳の男を逮捕した。

 今回の逮捕は、被害を受けた少女が、逮捕された男の妻でもある実母に伴われ警察に告発した事で実現したもので、妊娠8ヶ月と診断された少女によると、9歳のころから男に性的な暴行を受け続けていたという。

 男は警察に対して、容疑を認めると共に、妻が農作業の為に外出している朝時を狙って、、他言したら妻共々家から追い出すと脅迫しながら少女に対して性的な暴行を振るっていたと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

連合、マカワーン橋手前で足止め - 同地で座り込み集会

 25日22:00過ぎ、首相官邸前に向け移動を進めていた民主主義市民連合は、マカワーン・ランサン橋の手前で警察側の阻止にあい、最終的に同橋手前の交差点付近に演台を設置し座り込み抗議活動を展開する方針を決定した。場所は、国連本部前付近。

 一方、今回開催された集会及びデモ行進の際に、暴力を旨とする反連合派が投げた石状の物と思われるものにより、行進のしんがりのグループに参加していたASTVの男性キャスターが負傷を負った他、25日21:00迄に集会参加者3人(男性1、女性2)が反連合派による暴力行為により負傷を負い病院に搬送された。

 更に、一部報道によると、連合のしんがりのグループと反連合派との間で、両者入り乱れた衝突が発生し、事態収拾が不可能であると判断した警察側が人数に勝る連合側に向け催涙弾を打ち込むという事態も発生し、連合側7人、反連合派側3人が負傷を負った模様。

 また、憲法改正審議案に署名した上下院議員の罷免を要求する書面への署名を終えたばかりの50歳の女性が、中年の男に暴行を振るわれた。良くて500バーツの罰金だけで済まされるだけで根本的な解決には繋がらないとして、警察に被害届を出す考えは無いと語る女性によると、5人以上の警察官が現場を目撃していたが、同行していた女性が助けを求めるまで間に入ろうとしなかったという。

* 一方、前回の集会の際に股間の一物を露出し500バーツの罰金の支払いを申し渡された、反連合派の男は、今回は、一物の代わりに約50センチ長の棒きれをベルトで腰の前にぶら下げ、腰を揺らして棒を上下させるというパフォーマンスを演じていました。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、首相官邸前に移動 - 翌朝に国会ビルへ

 民主主義市民連合は25日19:30過ぎ、同日21:00頃から民主記念塔前を出発し、首相官邸前に移動し、同地で26日早朝まで座り込み抗議活動を行い、26日7:00頃に憲法改正審議案に署名した上下院議員の罷免を要求する書状を上院議長に提出する為に国会ビルに向け移動する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、徹夜集会宣言

 民主主義市民連合は25日夕方前、同日15:00頃からバンコクの民主記念塔前で開始された、憲法改正に反対する為の集会を翌日10:00まで継続させる方針を明らかにした。

 スリヤサイ調整役によると、徹夜集会終了後に集会参加者等の署名を集めた、憲法改正審議案に署名した上・下院議員の罷免を要求する書状を上院議長宛に提出する為に議会ビルに向かう予定だという。

 尚、同日夕方前現在、首相官邸に向けたデモ行進を行う方針は確認されていない。

 一方、民主記念塔に近いサナームルワン内で抗議活動を展開している、反連合派の団体は、連合幹部5人及びスリヤサイ調整役を型どった人形を燃やして気勢を上げ、更に民主記念塔の奪還まで宣言したが、同日夕方までの報道では、一部で飲料水用のペットボトルの投げ合いが発生した他は、両派間の衝突等の過激な事態の発生は報じられていない。

 また、一部報道によると、反連合派の一部約100人が"奪還"の機会を窺うために民主記念塔の裏手付近に移動し、警戒に当たっている当局関係者を挟み睨み合いを展開しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、公共の電波を利用してタクシンに成り代って売国疑惑を否定

 サマック首相は25日放送された定例政見放送の中で、タクシン元首相がサウジアラビアの実業家を引き連れてスパンブリー県内にある、チャート・タイ党のプラパット幹事長が経営する農業実習学校等の視察を行った事と売国とは無関係であると説明した。

 この発言は、外国人実業家が米の輸出ビジネスを立ち上げる為にタイ国内の稲作部門に参入する事により、有望な稲作用の土地が外国人により買い占められるおそれがあるとして、ソムサック農業・協同組合大臣(チャート・タイ党)や農業関連団体が異議を唱えている事を受けたもので、サマック首相によれば、問題のサウジアラビアの実業家は、中東向けに米を輸出するビジネスを立ち上げる事を視野に入れて視察を行っただけで、売国疑惑はマスコミによって喧伝されたものでしか無いのだという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、緊急勅令による国民投票の実施に固執

 サマック首相は25日放送された定例政見放送の中で、憲法改正の是非を問う国民投票を実施する為の根拠となる法律が存在していないとして、立法府の審議を経ない緊急勅令(緊急内閣令)にて国民投票を実施する方針を確認した。

 この発言は、安全保障関連や災害等の緊急事態が発生した時に発布される事を想定した緊急勅令を政府主導で国民投票を実施する為に発布する事に民主党等が異議を唱えている事を受けたもので、タクシン政権時代には、立法府の審議を経る必要の無い側面が悪用され、公社の民営化を強行する為の手段として緊急勅令が利用されたこともあった。

 サマック首相によれば、予算が限られている立法府に代わって、政府が国民投票を実施する事は、立法府への干渉行為には該当しないのだという。

 更に、サマック首相は、憲法改正に異議を唱えている民主党に対して、手のひらを返して反対を唱えているだけでなく、その過激な物言いは、あたかもクーデターを実行したグループのようであると指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

影の大臣、チャワラット社会開発・人間の安全保障相を絶賛

 民主党のグライサック・チュンハワン氏(影の内閣社会開発・人間の安全保障大臣)は24日、先に行われた前公共保健副大臣のチャワラット・チャーンウィーラグーン氏を社会開発・人間の安全保障大臣に据える閣僚人事について、極めて順当な人事であると評価した。

 チャワラット氏と個人的な知己があるというグライサック氏は発言の中で、実業界で成功した経験を持ち、且つ資質面にすぐれ勤勉であるチャワラット氏を社会開発・人間の安全保障大臣に据えた今回の人事は、極めて適切な人選に基づくものであると指摘した。

 チャワラット氏は、グライサック氏の父親である、元首相のチャーッチャーイ・チュンハワン氏(大将)が設立したチャート・パッタナー党の主要党員だった事で知られている。

 一方、グライサック氏は、チャワラット氏が公共保健副大臣から社会開発・人間の安全保障大臣に異動する事に伴い、数々の暴力事件で知られ、また、応召証書を偽造して警察官僚に取り立てられていた事もある、チャルゥム内務大臣の二男で、現公共保健副大臣付き秘書官のワン・ユーバムルン氏が社会開発・人間の安全保障大臣付き秘書官に異動すると見られている事に関しては、ワン氏は己の改善に努めているようだと述べるに留めた。

* チャワラット氏はSino-Thai系の人物として知られているのですが、支那を使うと文句を言ってくる中国が、語源を一つにするSinoを冠している企業に対して難癖をつけていないのが不思議です。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

パッターニーで体操中だった警官が撃たれ死亡、ヤッラーでは連続して銃撃戦

 24日7:00過ぎ、パッターニー県ヤッリン郡内で、自宅前で体操中だった県警察本部に所属する巡査部長(54)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 同県コークポー郡内では、23日7:00前、人数不明の一味が幹線上に鋲を撒き、軍関係者をおびき寄せた上で付近に仕掛けた爆発物を爆発させ、軍関係者1人が重傷を負った。

 一方、ヤッラー県バンナンサター郡では、23日5:00過ぎ、集中摘発作業中だった軍・警察の合同チームと3-4人と見られる一味との間で約10分間に渡る銃撃戦が発生し、この銃撃戦により一味側1人が死亡し、当局側3人が負傷を負った。

 また、同県グロンピナン郡では、23日朝、路上脇に潜んでいた人数不明の一味が、出勤する教師の警護作業を終え駐留地に戻る途上にあった軍関係車両に向け銃を乱射し、約5分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走し、この銃撃戦により軍関係者1人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳少年に猥褻行為を働いた独人爺を逮捕、いつものパッタヤーで

 警察は23日夜半、チョンブリー県内のパッタヤー地区に属するバーンラムゥン郡内で、66歳のドイツ人の男を14歳の少年に対する性的暴行の容疑で逮捕し、使用済み及び未使用の避妊具やバイアグラ錠133錠、ステロイドチューブ8本、潤滑剤等を押収した。

 今回の逮捕は、男が性的暴行目的で度々未成年の少年を部屋に連れ込んでいるとの内偵結果に基づいて行われた家宅捜索により実現したもので、警察が室内に踏み込んだときには、ベッド上に14歳の少年が裸の状態で寝かされていたという。

 保護された少年は警察に対して、ショッピングセンター近くの路上で男から500バーツで男と一緒に寝る話を持ちかけられたと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

(更新) 邦人男性がゴーゴー嬢を殺害した上で飛び降り自殺

 23日14:00過ぎ、バンコクのクローントゥーイ区スクムウィット・ソーイ4内にあるナーナー・コンドミニアム内で、31歳の日本人男性が、ナナプラザ内にあるレインボー2で働く、ムクダハーン県出身の26歳のタイ人女性を殺害した上で飛び降り自殺をするという事件が発生した。

 警察側は、室内に激しく争われた跡があることから、何らかの事情で二人の間で喧嘩が発生し、男性が女性を暴行死させた上で、飛び降り自殺を図ったとの見方を示しているが、女性の友人によると、同日3:00から4:00頃に、コンドミニアムのエレベーターホール付近で、酒に酔った状態で待ちぼうけを食らわされていた男性が、酒に酔った状態で帰ってきた女性に何処に行っていたのかと詰問した上で、一緒にエレベータで部屋に向かうところを目撃していたが、特に二人の間に険悪な雰囲気は感じられなかったという。また、室内に二人以外の人物が入室するところを目撃した者や、喧嘩による音を聞いた者もいないという。

 女性が働いていた店の常連だった男性は、約5年前から女性に会うために日本とタイの往復を繰り返していたという。

----------------
(更新前) 

 23日午後、バンコク都心部にあるナーナー・コンドミニアム5階の室内で、マナブと名乗る35歳位の日本人男性が、25歳のタイ人女性をベランダ付近で殺害した上で飛び降り自殺するという事件が発生した。

 初期報道段階では、男性の姓や正確な年齢等に関しては確認されていない。

 同日17:00過ぎまでに確認できた報道によると、二人は夫婦と見られ、また、室内に激しく争われた跡があることから、二人の間で激しい喧嘩が発生し、男性が女性を暴行死させた上で後追い自殺を図ったと見られている。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。