2008年05月21日

バンコク住民の70%が年末年始、ソンクラーン期間中の酒類販売禁止を支持

 バンコクのアピラック知事は20日、バンコク在住の住民21,834人を対象に4月25日から5月9日にかけて行った調査で、70%の回答者が年末年始及びソンクラーン期間中のアルコール飲料の販売禁止を支持すると回答し、支持しないと回答した者が21.77%に留まっていた事を明らかにした。

 また、57.62%の回答者が、当該期間中の全ての日に渡ってアルコール飲料の販売を禁止するべきであると回答し、16.35%の回答者が、当該期間の初日と最終日のみアルコール飲料の販売を禁止するべきであると回答し、更に77.57%の回答者が、アルコール飲料の販売禁止により、当該期間中の交通事故や犯罪の発生を抑止することが出来ると回答した。

 この調査は、先にチャルゥム内務大臣が祭日期間中のアルコール飲料の販売を禁止する方向で検討を進める方針を明らかにした事を受け行われたもので、アピラック知事はこの方針に対して原則的に支持する考えを示していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部の漁業関係者が船を燃やして当局のたかり体質に抗議

 20日、ナコン・シー・タンマラート県、チュムポン県及びスラーッターニー県内の漁業関係者がナコン・シー・タンマラート県シチョン郡内に集まり、中型船舶1隻に火を放ち関係当局によるたかり行為に抗議した。

 当初、関係者側は、当局側による激しいたかり行為の原因になっている、操業船舶に乗り込んでいる外国人労働者に対する摘発の緩和をナコン・シー・タンマラート県の知事や同県警察本部長に申し入れたが、受け入れられなかった為、中型船舶一隻に火を放つと共に、幹線道路を陸揚げされた船舶で塞ぐと共に、約800隻の船舶を港湾に集結させ港を閉鎖し抗議活動を展開する事態になった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャルゥムを法相に異動し後任の内相にヨンユット前下院議長を据えるとの噂

 チャルゥム内務大臣は20日、同大臣が法務大臣に異動し、後任の内務大臣に、現在選挙違反が問われている前下院議長のヨンユット・ティヤパイラット氏が据えられるとの噂に関して、全ては首相の裁量に委ねられている話であると語るに留め、詳細なコメントを避けた。

 これは、20日付けの一部紙面が、パラン・プラチャーチョン党内の消息筋からの情報として、現在選挙違反に問われているヨンユット氏に対して仮にシロであるとの判断が最高裁判所から下された場合には、同氏を内務大臣に据え、現内務大臣のチャルゥム氏を法務大臣に異動させる可能性が高いと報じたことを受けたもので、同消息筋によると、仮にチャルゥム氏が法務大臣に異動した場合は、現法務大臣のソムポン・アモンラウィット氏を工業大臣に異動させ、更に、現副首相兼工業大臣のスウィット・クンギッティ氏を副首相専任に異動させる可能性が高いという。

 尚、この件に関して、当のヨンユット氏側は、チャルゥム氏の後任に内務大臣の座に就くなんて事は一度も考えたことが無いと語り、噂を否定している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠2ヶ月の女性(19)が惨殺、強盗目的及び男女関係絡みの両面から捜査

 20日朝、バンコクのバーンコーレーム区内のアパートの室内で、妊娠2ヶ月の19歳の女性が、ズボンを足下までずり下げられた状態で刃物で刺され死亡しているのが発見された。

 死亡した女性と同じ工場に勤務する夫(21、報道により同居している恋人とするものもある)によると、夜勤の途中の6時頃に水浴びの為に一端部屋に戻った際に女性と会話を交わし7時頃に仕事に戻ったが、8時を過ぎても女性が工場に出勤してこなかった為、不審に思い電話をかけてみたが応答が無かったため、大急ぎで部屋に戻ってみたら入り口の鍵が解錠されたままの室内で女性が死亡しているのを発見したという。

 夫から知らせを聞いて部屋に急行した夫の実妹(19)によると、警察がくるまでの間に同じ階にある別の部屋から、見慣れない180センチくらいの色黒な屈強そうな男性が様子を窺っているのを目撃しており、また、事件が発生した部屋からその部屋まで血のついた足跡が続いていたという。

 警察側は、室内を荒らされ女性が所持していた50サタン重量の金のネックレスや1サルゥン重量の金のピアス、携帯電話機等が盗まれている事が確認されていることから、乱暴目的及び物盗り目的の犯行の可能性を含めて、不審な男が目撃された部屋に住んでいる25歳の男性や同じアパートに住む同僚3人を含む同じアパートに住む8人の男性に対して任意で事情聴取を行うと共に、女性の友人の証言から、前日夜半に近くの寺で過去の関係を清算する為に会った昔の恋人男性との間で激しい口論が展開されていたとの証言が得られていることから、昔の恋人が犯行に関与している可能性もあると見て捜査を開始した。

 警察によると、事情聴取を行っている8人の内、事件発生直後に不審な男が目撃されていた部屋にいた男性(25)及び同居している男性3人が何らかの事情を知っているとみて詳細に渡って事情聴取を行っているが、特に当時室内にいた男性に関しては、妹が目撃したとされる、警察が現場に到着するまでに姿をくらましたと見られる不審な男について何かを知っているのではないと見て重点的に事情聴取を行っているという。

 尚、初期報道段階では、女性が性的な乱暴を受けた上で殺害され、室内から金品等が強奪されていたたと報じるものもあった。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

民主党、王室を冒涜する29のサイトの閉鎖を要求

 民主党のテープタイ副幹事長は19日、王室を冒涜する文言が記された29のサイトに対して閉鎖措置ないしはアクセス遮断措置を講じるよう情報通信技術省に対して要求した。

 問題の29サイトには、downmerng.blogspots.com、truthaksin.com、thaksincomeback.org、www.prachathai.com、arayachon.org、www.thaiproplevoice.orgが含まれているという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーの県警察、検問所を狙ったテロに対する警戒強化を指示

 ヤッラー県の県警察本部は19日、検問任務についている警察・軍関係者を狙った破壊活動が計画されている恐れがあるとして、特に付近に自動車やバイクの駐車施設がある検問所を中心に、県内全域の検問所に対して警戒態勢を引き締めるよう指示した。

 一方、パッターニー県コークポー郡内では、19日15:00前、私立イスラム教学校から約200メートル離れた路上脇に仕掛けられていた爆発物が軍関係車両の通過に合わせ爆発したが、幸い車両の一部に軽い損傷を与えただけで人的な被害は無かった。

 また、同県サーイブリー郡内では、19日朝、バイクで路上を走行中だった34歳の仏教系の男性漁業関係者が、何者かに銃撃され重傷を負った他、ノーンヂック郡内では、18日夕方過ぎ、自宅前でルークチンを販売中だった42歳のイスラム系住民男性が、何者かに銃撃され重傷を負い、先立つ同日朝には、ヤッリン郡内3箇所で、村自警組織を攻撃する文言が記された立て看板と共に偽爆弾が置かれているのが発見され回収処理が行われた。

 ナラーティワート県ヂャネ郡内では、17日10:00過ぎ、丘陵地で警戒作業中だったレンジャー部隊員と、3手に分かれた10人以上と見られる武装した一味との間で約20分間に渡る銃撃戦が発生し、一味側2人が死亡した。銃撃戦が発生した丘陵地は、兼ねてからRKKの実戦部隊が潜伏し、新学期に合わせた破壊活動を計画している恐れがあるとして、警戒が強化されていた。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年8人に対する性的暴行容疑で英国人男を逮捕、やはりパッタヤー

 ネーションの英字速報によると、警察は18日7:30頃、チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムゥン郡内のマンション内で、58歳のイギリス人の男を14歳から18歳の未成年少年8人に対する性的暴行容疑で逮捕した。

 逮捕当時、男は既に1人の少年に対する性的な暴行行為を終えており、残りの7人の少年はマンションのリビング内で順番待ち中だったという。

 保護された8人の少年によると、何れもバンコク内のパブで働く45歳のタイ人の男の手配で1人あたり2,000バーツで派遣され、内1,000バーツを手配した男がピンハネし、残りの1,000バーツが少年側に渡されていたという。

 また、同じくネーションの英字速報によると、この逮捕に先立つ同日7:00頃、警察は、同じくバーンラムゥン郡内の貸家内で、41歳のイギリス人の男を11歳の少年に対する性的暴行容疑で逮捕した。

 保護された少年は警察に対して、ソーイ内を歩いていた際に男から500バーツで性的な関係を持つ話を持ちかけられたと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

首相、首相の座からの追い落としを狙った姑息な輩により料理番組が中止に

 サマック首相は18日朝放送された定例政見放送の中で、首相の座から引きずり落とす事を画策している輩の動きを受け前日予定されていた、自らが出演する料理番組の録画撮りを中止させた事を明らかにした上で、選挙委員会に対して、かかる番組への出演が首相の欠格要因に該当するのか早急に判断を下すよう要請する方針を明らかにした。

 放送の中でサマック首相は、虎視眈々と首相の座から引きずり落とす機会を窺っている輩が、法律を持ち出して、料理番組に出演している事が、首相の欠格要因となる特定企業からの雇用に該当するとして、選挙委員会に調査を要請している事を明らかにした上で、自らは雇用では無く契約ベースで出演しており、首相の欠格要件を定めた法律には抵触していないとの考えを示した。

 その上で、サマック首相は、明日選挙委員会に対して、今後問題になっている番組に対してどういう対応をとるべきなのか、また、この番組への出演が首相の欠格要因に該当するのか早急に判断を下すよう書状で要請する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクのビル建設現場で4人が転落死

 18日昼過ぎ、バンコクのソーイ・ラートプラーオ36内にあるコンドミニアムの建設現場で、25歳から30歳くらいのカンボジア人作業員男性4人が12階部分から転落し、全員が死亡するという事故が発生した。

 初期段階での捜査によると、4人が12階部分で作業中に、足場を支えていたワイヤーが切れ足場共々地上に転落したと見られている。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

タイゴン氏、タイが王国から共和国に変更される事は大いに有り得る

 東北地方の救国団体幹部のタイゴン・ポンスワン氏は17日、権力側が進める憲法改正により、タイの体制が立憲君主制から共和制に変更される可能性が非常に高いと指摘した上で、私益の為の体制変更により最も経済的な損失を被るのは草の根の国民であると指摘した。

 タイゴン氏は、憲法改正により、タイ・ラック・タイ党解党により被選挙権が剥奪された111人の同党旧幹部が返り咲き、通商及び投資関連の実権を掌握する恐れがあるという。

 タイ・ラック・タイ党に関しては、結党間もなくに限られた党幹部参加のもとでフィンランドで行われた秘密協議の場で、王室の影響力を極力排除した、欧米型共和制をモデルにした体制の創成を目指すとするフィンランド宣言を採択したと指摘されていた。

 また、タイゴン氏は、チャワリット元首相が、72歳の誕生日の際にタクシン元首相と30分間に渡り面会した事に関しては、席上でタクシン元首相側からチャワリット元首相に対して、憲法改正が終了後に、サマック首相に代わってパラン・プラチャーチョン党の党首及び首相に就任するよう要請したとの考えを示した。

 尚、この指摘に関して、タクシン元首相の個人スポークスマンであるポンテープ・テープガンヂャナー氏及び同元首相と近い関係にあるソムポン法務大臣何れも事実ではないと否定している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プゥア党党首に選挙票買収疑惑、タイゴン氏が指摘

 東北地方の救国団体幹部のタイゴン・ポンスワン氏は17日、プゥア・ペーンディン党党首が関与した疑いがある、同党の票の取りまとめ役による票買収の模様を撮影したビデオがある事を明らかにした上で、近日中に選挙委員会に対して疑惑の調査を要請する方針を明らかにした。

 仮に、党幹部が票買収に関与したと判断された場合は、所属政党の解党の是非が問われる事になる。

 タイゴン氏によると、コーンケーン県サムスーン郡内で撮影された問題のビデオには、プゥア・ペーンディン党の票の取りまとめ役が住民に対して同党所属候補者への投票を依頼すると共に現金を手渡す模様が撮影されており、少なくともパラン・プラチャーチョン党元副党首のヨンユット・ティヤパイラット氏の買収疑惑以上に容易に不正を証明できる性質のものだという。

問題のビデオが撮影された選挙区からは、落選したものの同党からは党首のスウィット党首ら3人が出馬していた。

 タイゴン氏は、タイ・ラック・タイ党の解党判断に繋がった、同党幹部による小政党買収疑惑を最初に暴露した他、先のクーデター発生直前に発生したタクシン元首相爆殺未遂自作自演疑惑事件の発生前に、事件の際に押収された物と同様な爆発物等が軍関係者により大量に手配されている事を明らかにした人物として知られ、また、先の総選挙では、コーンケーン県内の選挙区からマッチマーティパッタイ党公認候補として出馬し落選していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヂャムローン少将、早急な憲法改正と王室の冒涜がクーデター誘発の火種に為り得る

 民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は17日、早急な憲法の改正と王室に対する冒涜が、クーデターを再発させる主要な要因に為り得るとの考えを示した。

 これは、同日開かれた16周年目を迎える1972年5月16日流血事件を祈念する為の式典に出席した際に語られたもので、嘗て前面に立ってクーデター政権と戦い、その後成立したた第一次チュワン政権時代にタクシン前首相を政界に導き入れた事でも知られるヂャムローン少将は、王室を冒涜すると共に憲法の改正を急いでいる政府側が、クーデター発生を誘発する火種を作り続けている限りは、再クーデターは起こりえないとの発言を素直に受け入れるべきではないと指摘した上で、政府側は2009年度予算編成の為の国会期間中を利用して憲法改正を目指す前に、まず、依然解決されていない国民が抱える問題の解決に注力するべきであると指摘した。

 同少将によると、連合側には、憲法改正審議案に署名した下院議員の罷免を要求する署名運動を開始すると共に、憲法改正に反対する為の抗議活動を展開する用意があるという。

 また、国王による認証事項である野党首班という立場で式典に参加した、民主党のアピシット党首は、流血事件の際に命を落とした多くの民主活動家の血と自ら解決に乗り出された国王の配慮の上に立って歩み始めたタイの民主主義を阻害する、権力側による権力の乱用や不当な法律運用を阻止する事が、民主主義発展の重要な鍵となるとの考えを示すと共に、憲法改正問題に関しては、全ての階層の参加を得て、急がず、充分に検討を重ねた上で行う事が重要であるとの考えを示した。

 一方、政府側代表として式典に出席したナタウット政府副報道官(元反独裁民主主義同盟幹部)は、独裁制を脱した今こそ、国王の思し召しに則り、全ての階層が一丸になって和解推進、一致団結体制の創成に邁進し、国内正常化を早期に実現させる事が重要であると訴えた。

 今年開かれた式典には、アピラック・バンコク知事やバンコク選出上院議員のロサナー・トーシットラーグン女史(消費者保護団体代表)、当時ラームカムヘーン大学の学生組織代表だった、パラン・プラチャーチョン党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏(元反独裁民主主義同盟幹部)等の姿も見られた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーの警察署前でバイク爆弾、6人が死傷

 17日22:30前、パッターニー県県都内にある県都警察署前に駐車してあったバイクから爆発が発生し、初期報道段階で巡査部長クラスの警察官1人が脚を吹き飛ばされるなどし死亡し、警察官3人が重傷、同2人が軽傷を負った。

 南部国境三県域内では、同日20:00前、ナラーティワート県スンガイ・ゴーロック郡内で、バイク爆弾の爆発により8人が負傷を負っていた。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーロックでバイク爆弾、8人が負傷

 17日20:00前、ナラーティワート県スンガイ・ゴーロック郡内の郡警察署正面付近にある飲食店前に駐車してあったバイクから爆発が発生し、初期報道段階でマレーシア人男性1人を含む8人が負傷を負った。

 一方、ヤッラー県県都内では、15日17:00前、バイクで路上を走行中だった、村自警組織に所属する24歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗ったイスラム装束風の衣装を着込んだ2人組に銃撃され重傷を負った。

 また、パッターニー県県都内では、15日9:00前、学校の入り口前の路上で爆発が発生したが、当時徒歩で付近の警戒作業中だった教師警護担当の当局関係者に人的な被害は無かった。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供に物乞いをさせ車やバイクを購入したとんでもない父母を逮捕

 アントーン県の警察当局は16日、5歳と15歳の娘に強制的に物乞いをさせ小型トラックやバイク等を購入していた容疑で、チャイヤプーム県内在住の2人の実母(33)及びその夫で2人の養父である男(46)を同県県都内で逮捕した。

 この逮捕は、不憫に思った住民の通報により県都内中心部の市場内で物乞いをやっているところを保護された2人の証言により実現したもので、前日にチャイヤプーム県から連れてこられたという2人によると、実母及び養父に車で物乞いをする場所に連れてこられ、一日あたり800バーツから1,000バーツを恵んで貰っていたと証言しているという。

 逮捕された養父は取り調べに対して、風船売りの仕事だけでは充分な稼ぎを得ることが出来なかった為、最近一緒に住むようになった実母の娘に物乞いをさせたところ、思った以上の稼ぎをあげる事が出来たため、学校を辞めさせ各県内の通行人が多い場所で物乞いをさせていたが、暴行を振るうような事は一度もなかったと証言している。

 尚、同世代の者と同様に学校で勉強したいと思い続けていたと語る長女側は、8歳の時に稼ぎが少ない養父に物乞いをさせられて以来、7年間に渡って物乞いをさせられていたと証言している。

* 仮に長女が7年間に渡って物乞いをさせられていたとすると、もう一人の5歳の娘は一体誰の子?という疑問が出てきますが・・・
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

運輸省、民間委託運行都バス乗車運賃の再上げに原則合意

 ソンサック運輸副大臣は16日、バンコク大量輸送公社の委託で都バスを運行している民間会社側の乗車料金値上げの要求に対して原則的に合意する考えを示した。

 この発言は、委託で都バスを運行している民会会社側が、赤色車体のエアコン無し車両に関して、現行の7バーツから8.50バーツ、白色車体のエアコン無し車両に関して、現行の8.50バーツから10バーツへの値上げを要求すると共に、エアコン付き車両に関しては、現行の乗車距離に応じて14バーツから26バーツの間で変動する料金体系に対して、それぞれ1バーツを上乗せし15バーツから27バーツの間で変動する料金体系に変更するよう要求した事を受けたもので、民間会社側は20日に開かれる運輸省陸上運輸局の協議の場で要求を受け入れられなかった場合は、委託で運行している都バスの運行を一時ストップする方針を明らかにしていた。

 この要求に対してソンサック副大臣は、最終的な決定は陸上運輸局側の協議に委ねられると断った上で、依然原油高傾向にあること、また政府側が既に公務員に対して5-6%の賃上げを決定した事に鑑みて、値上げは適切なものであるとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

チャワリット元首相、憲法改正よりも国民問題に重きを置くべき

 チャワリット元首相は15日行われた76歳の誕生日を記念した特別講演の中で、憲法の改正問題は重要な問題の一つであるとしたが、政府側は、改正問題に重きを置かず、まず、国民の生活関連や経済問題等の問題対策に注力する事が、国内情勢の激化を防ぐ上でも重要であるとの考えを示すと共に、マスコミに対しては、憲法改正問題に多くの関心を払わず、政府が既に取り組んでいる貧困対策や麻薬対策に多くの関心を払うべきであると指摘した。

 また、政治的な対立問題に関しては、見解の相違による政治的な対立は普通に起こりえる事で、あまり多くの関心を払わず、議会システムに解決を委ねる事が重要であると指摘した。

 一方、王室が政治的なゲームに利用されていると懸念されている事に関しては、長年に渡り国家と王室が共に存在してきた不可分な関係にあるという事を知らない一部の新世代の者の中にタイの体制を共和制に変えたいと考えている者がいるとの考えを示したが、何れにしても立憲君主制そのものを変えることは不可能であるとの考えを示した。

 しかし、クーデター再発の可能性に関しては、実権の掌握という意味でのクーデターは起こりえないとした上で、むしろタイには国家そのものを改善する改革が必要であるとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発狂したレンジャー部隊員が仲間に向け銃を乱射し2人が死傷、ヤッラーで

 14日11:00前、ヤッラー県県都内で、任務遂行中だった20歳の自警レンジャー部隊員が、突然狂いだしたかの様に仲間の隊員に向け銃を乱射し、28歳の自警レンジャー部隊員が死亡し、レンジャー部隊に所属する47歳の少佐が負傷を負った。

 調べによると、路上の警戒作業にあたっていた第4712レンジャー部隊に所属する隊員が、路上脇にある休憩用サーラー内で休憩中に、20歳の自警レンジャー部隊員が、突然キレると共に仲間の28歳の自警レンジャー部隊員に向け銃を乱射し殺害し、更に止めに入った少佐に向け銃を発砲し負傷を負わせた。

 また、同県県都内では15日朝、バイクの2人乗りで路上を走行中だった28歳と25歳の男女が、バイクに乗った2人組の銃撃を受け、後部座席に乗っていた男性が負傷を負った。

 ナラーティワート県ヂョアイローン郡内では、14日午前、アイスクリームの行商中だった36歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。男性は、軍の情報要員だった。

 また、同県県都内では、14日17:00前、11歳の甥を乗せバイクで路上を走行中だった、一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕状が発行されていた26歳の男の容疑者が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。男の容疑者は、15日に郡長宛に出頭を予定していたことから、分離主義組織関係者による口封じの為の殺害と見られる。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻の下を伸ばしたファラン、ネットで知り合った2人組の女に現金等を強奪

 15日朝、チョンブリー県のパッタヤー地区に近いサタヒープ郡内で、56歳のイギリス人男性が、コンドミニアム内の部屋に連れ込んだ、ネットで知り合ったタイ人の女及びその友人の2人組に、現金や携帯電話、ノートパソコン等、合計約10万バーツ相当を強奪されるという事件が発生した。

 男性によると、前夜にネットで知り合ったばかりのヂェーと名乗る女が、友人の女を連れ部屋に現れ、馴れ馴れしく接してきた2人組にすっかり機を許してしまい、友人の女が料理を作っている間に、寝室内でヂェーと男女の関係を持ったが、事が済んだ後でヂェーが料理を作っていた友人を見送らなければいけないと言って寝室を出て行った為、不審に思い居間に戻ってみたら、部屋を荒らされ現金等が盗まれていた事に気付いたという。

 警察側は、コンドミニアムに設置された監視カメラに記録された映像を手がかりに2人組の行方を追っているとした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盗難消防車で暴走した変な男がリンチを受けた後に警察に突き出される

 15日1:00前、チョブリー県パッタヤー地区内で、盗んだ地区行政当局所属の消防自動車で暴走し、路上脇に駐車してあった車両や立木に衝突を繰り返した上で、車外に出て逃走していた36歳の男が、住民らに取り押さえられ殴る蹴る等のリンチを受けた上で、警察に突き出された。

 消防当局関係者によると、署の前で同僚とペタンクに興じていた際に、徒歩で現れた男が、修理待ちの為に駐車場に駐車してあった消防車に乗り込み、急発進し逃走していったという。

 男は警察の取り調べに対して、新聞の一面やテレビで大きく報じられる事により有名になれると思って、逮捕される事を覚悟の上で犯行に及んだと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。