2008年05月01日

下院議長が辞意を表明、大物灰色政治家系の副議長を昇格させる動きも

 先の総選挙で選挙違反に問われている下院議長のヨンユット・ティーヤパイラット氏は30日午後、下院議長を辞職する意向を明らかにした。

 当人によると、あくまで5月2日から最高裁判所で始まる審理で選挙違反の嫌疑を晴らす事に注力する為の辞任で、辞任と引換にした何らかの取引条件等は一切存在していないという。

 一方、タイを代表する灰色政治家として知られる、ネーウィン・チットチョープ氏系のパラン・プラチャーチョン党所属議員等が、現第一副議長でネーウィン氏系とされるソムサック・ギラッティスラノン氏を議長に昇格させる方向で動き始めているのが確認されている。

 尚、ネーウィン氏の実父のチャイ氏は、現与党国会対策委員会委員長。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉巧みに誘い出した16歳少女と夫婦同然な生活をしていた男を逮捕

 ラノーン県県都の警察当局は30日、チャイヤプーム県内に住む16歳の少女を言葉巧みに誘い出し、約一ヶ月間に渡り少女と夫婦同然の生活を送っていた容疑で、ソンクラー県出身の36歳の男を逮捕した。

 男の直接の逮捕容疑は、15歳以上18歳未満者に対する猥褻目的誘拐の容疑で、仮に被害にあったとされる当該人に自発的な意志があったとしても、当該人の保護者が容認しない限りこの罪状が適用される。

 今回の逮捕は、少女の保護者が4月3日に警察に被害届を提出すると共に、少女の父親が県が開設するサイトを通して県知事に対して、県内にいる少女の身柄保護を要請した事により実現したもの。

 男は警察に対して、少女の友人が番号を間違えて自分の友人の携帯電話に電話をかけてきた事がきっかけで、二人が携帯電話で親しく会話を交わす関係になった事を知り、少女の友人に知り合いの女の子を紹介して欲しいと依頼し、少女と携帯電話を通して会話をする関係になったが、知り合ってから約三ヶ月後に恋人同士のような関係になり、互いに携帯電話機の写真撮影機能を利用して顔写真を交換しあおうと提案したが、少女が所持していた携帯電話機にはその機能がなかった為、写真撮影機能が付いた機種に買い換える為に1,700バーツを少女宛に送金したところ、少女がそれを交通費として利用して、学生服のままで直接ラノーン県に来てしまったという。

 しかし、男は、少女に対する愛情から、ラノーン県まで会いに来た少女を受け入れてしまった事は認めたものの、言葉巧みに少女を誘い出したとする少女の保護者側の主張に対しては、事実ではないと否定している。

* 間違え電話をした振りをして、会話友達を捜すというゲームがはやっているのでしょうか? 自分の携帯や自室に引いている直通電話にもたまに若い女性から間違い電話がかかってきて、電話番号間違ってませんかと聞くと、逆に相手から私の素性や今何やっているのかとか聞いてきたりしてます。勿論私の方からすぐ切ってますけどね。逆に、ローミング中の時なんかは、キレてしまいそうになったことすらあります。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

35歳の男が喧嘩が絶えなかった隣人4人を射殺した上で逃走

 29日15:00前、サムットプラーガーン県プラプラデーン郡サムローンタイ地区内で、35歳の男が、日頃から対立関係にあった隣人に向け銃を発砲し、56歳と62歳の女性及び24歳と21歳の男性を死亡させ、52歳の女性に重傷を負わせた上で、バイクに飛び乗り逃走するという事件が発生した。

 難を逃れた48歳の女性によると、被害にあったのは全員親戚同士で、死亡した男性2人を見送るために、隣家の男の家の前を通り過ぎたところで、難癖をつけてきた男との間で激しい口論が発生した際に、男が5人に向け銃を発砲したという。

 女性からの連絡を受け現場に駆けつけた、女性の叔父で、スパンブリー県警察本部捜査班副首班の警察中佐によると、被害者等が2005年に暴行で男を刑事告発して以来、両者との間で口論が絶えなかったという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショッピングセンター内で13歳の少年に猥褻行為を働いた白人爺を逮捕

 29日夕方過ぎ、バンコク隣県のパトゥムターニー県タンヤブリー郡内にあるフューチャー・ランシット店の2階駐車場フロアーで、13歳の少年に猥褻な行為を働いていた70歳のイギリス人の男が警備員に取り押さえられ、警察に引き渡された。

 被害にあった少年によると、2-3人の友人等と一緒にゲーム機で遊んでいた際に、男が突然現れ、ゲーム用のコインやお菓子の代金としてお小遣いをくれ、その時点では何事も起こらなかったが、その後、少年が、友人等と離れ外にでる為に駐車場フロアーを歩いていた際に、いきなり男に体を押しつけられ、少年の局部を咥えだしたという。

 その際、少年は、怖さの余り助けを呼ぶ声を出すことが出来なかったというが、幸い現場を目撃した警備員が少年を救出すると共に男の身柄を取り押さえ、難を逃れる事が出来たという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。