2008年05月10日

首相、ミャンマー緊急訪問をキャンセル

 9日午前、アメリカやイギリスの緊急人道援助要員受け入れの為の査証発行を説得する為に11日にミャンマーを緊急訪問する意向を明らかにしていたサマック首相は、同日午後、ミャンマー側が、あらためてアメリカやイギリスの援助要員の受け入れに難色を示すと共に、同国政府関係者が被災者救済の為に忙殺されているとの理由で、訪問に難色を示した事を受け、緊急訪問をキャンセルした事を明らかにした。

 ミャンマー政府側は、現在最も必要としているのは緊急援助用の"人員"ではなく"物資"であると主張しているという。

 タイ国内の報道によると、ミャンマー政府側は同日、援助要員だけでなく、同政府側から入国の許可を得ていないマスコミ関係者を同乗させていたとして、ある緊急援助用の航空機の着陸を拒否したという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相がミャンマーを緊急訪問、米英支援の受け入れ説得の為に

 サマック首相は9日、サイクロンによる甚大な被害を受けたミャンマー政府に対して、同政府側が緊急人道援助の為の査証の発行を拒否しているアメリカやイギリスの援助関係者に対して査証を発行し、緊急援助を受け入れるよう説得する為に11日に同国を緊急訪問する事を明らかにした。

 今回の緊急訪問には、在タイのイギリス大使も同行する予定になっている。

 前日にはアメリカの、9日にはイギリスの在タイの大使が、サマック首相に対して直接人道支援受け入れの前提となる査証を発行するようミャンマー政府に働きかけるよう協力要請していた。

 9日付けの一部紙面によると、前日にアメリカ大使側からの協力要請を受け、サマック首相が電話でミャンマー側の指導者に対して直接交渉を試みたが、ミャンマー国内の回線事情により、コンタクトをとることが出来なかったという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタルン県内でゴーロック行きの列車が脱線

 9日8:00頃、パッタルン県県都内チャイヤブリー地区内を走行中だったバンコク発スンガイゴーロック行き(報道によりハート・ヤイ行き)の171号列車(17両編成)の貨車部分1両が脱線するという事故が発生した。

 600人以上いると見られる乗員乗客に死傷者はいない。

 尚、報道により、事故は6:30頃に発生し、走行中の列車の内2両が脱線したと報じるものもある。

 事故が発生した地点周辺で、劣化した線路の補修作業が行われていた事が今回の脱線事故に繋がったと見られる。

 この事故の影響で、同日昼過ぎ現在ナコン・シー・タンマラート駅からスンガイ・ゴーロック方面行きの全ての列車に対して運休措置が講じられている。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーイ・アーリーの路上で発煙弾が仕込まれた不審物

 8日23:00過ぎ、バンコクのパヤータイ区ソーイ・アーリーサムパン1内の路上で不審物が発見・回収された。現場は、パヤータイ区行政事務所正面付近。

 回収された不審物を調査した結果、中に飲料水ボトル大の発煙弾が仕込まれているのが確認された。

 警察側は、若者グループ等が世間を騒がす目的で仕掛けたとの見方を示した。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。