2008年05月14日

サマックはタクシンに輪をかけたような悪、連合幹部が指摘

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は13日、サマック首相はタクシン元首相に輪をかけたような、指導者として不適格な邪悪な人物であると指摘した。

 指摘の中でソンティ氏は、王室を侮辱したり王室に対する敬意が欠如した人物や プレーム枢密院評議会議長を非難する人物に対する対応を怠り 更にメディアに対する弾圧を強めているヂャクラポップ首相府大臣を擁護しているだけでなく、自らクーデターの噂を広げておきながら、全てを"頭が禿げた人物"に擦り付け己の責任から逃れようとしていると指摘した。

 ソンティ氏によると、14日に連合の幹部会を開き、今後の活動を方針について協議を行う予定だという。

* 因みに、頭が禿げた人物はソンティ氏の事を指しているのではないかという説もあります。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救国団体、情勢煽動を画策しているハゲに対する対応を怠った首相を刑事告発

 東北地方救国ネットワーク幹部のタイゴン・ポンスワン氏は12日午後、警察犯罪防止取締局を訪れ、情勢煽動を画策している"頭が禿げた"人物に対する対応を怠ったとして、サマック首相を職務遂行義務違反で刑事告発した。

 この動きは、先にサマック首相が定例政見放送の中で、情勢煽動を意図したデマ報道の背後で"頭が禿げた"人物が関与していると指摘した事を受けたもので、タイゴン氏側は、一国の指導者として、また、国家警察本部を監督する立場にある者として、既に素性を知っている"頭が禿げた"人物に対する法的な措置を講じる事を怠り、国家を危険な状況に晒したと指摘している。

 タイゴン氏は、2006年4月2日に行われた総選挙の際に、結果として政党の解党に繋がる事になる、タイ・ラック・タイ党幹部による小政党買収の実態を最初に告発した人物として知られ、また、先の総選挙ではマッチマーティパッタイ党公認候補としてコーンケーン県内の選挙区から出馬し落選していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、14日にミャンマーを訪問

 ノパドン外務大臣は13日朝、サマック首相が、国外からの緊急援助要員の受け入れを働きかける為に、14日にミャンマーを訪問する事を明らかにした。

 一方、この発言に先立ってサマック首相は、14日のミャンマー訪問に関しては直接的なコメントを避けた上で、15日から17日の日程で予定されている、大地震に見舞われた中国への公式訪問に関しては、現時点では予定に変更は無いとしたが、先方の都合次第では中止ないしは延期する事も有り得ることを明らかにしていた。

* その後の報道によっては、中国訪問が中止になったとするものもあります。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイルランド人女性がタイ人男に性的暴行を受けたと訴える、プーケットで

 13日、アイルランド人の女性がプーケット県内の警察署を訪れ、県内にあるバービヤで知り合ったタイ人の男に性的な暴行を受けたと訴えた。

 本国ではバーテンダーの仕事に就いているという女性によると、12日夜半に同県ガトゥー郡内のパートーン・ビーチ周辺にあるバービヤで、店の関係者の男と知り合いになり、閉店になった後で男と一緒に遊びに出かけ、そのまま男の部屋までついて行った際に、室内で無理矢理性的な暴行を受け、その後、男の運転するバイクで男のアパートのある小路の出口まで送ってもらったという。

 警察側は、既に男の素性を掴んでおり、女性の検査結果が判明し次第逮捕状を請求できる見通しである事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実娘だけでなく生ませた孫にまで性的暴行を振るった鬼畜運転手を逮捕

 首都圏警察本部ワット・プラヤーグライ署は12日夕方過ぎ、実の娘だけでなく、実の娘に生ませた孫に対してまで性的な暴行を振るった容疑で53歳のタクシー運転手の男を逮捕した。

 今回の逮捕は、男が実の娘に生ませた、男の実の娘であり孫でもある19歳の女性が警察に被害届を提出した事により実現したもので、調べによると妻がいる男は、現在34歳になる、妻との間にもうけた実の娘に対して、9歳の頃から性的な暴行を振るい続け、娘との間に2人の子供をもうけていたという。尚、2人の内の1人は2歳の時に死亡している。

 その後、妻との間にもうけた娘は、結婚し家を出たものの、夫が連れ子である、男の間に生まれた娘に対して性的な暴行を振るうおそれがあるそぶりを見せ始めた為、まだ9歳に満たなかった男の孫でもある娘を男のもとに帰したところ、今度は男は自分の実娘でもある孫に対して性的な暴行を振るい始めたという。

 男は容疑を認めており、13日午後に行われた実況見分は、隙があったら男に対してリンチを加えようと機会を窺っている野次馬から男の身を守るために厳戒態勢の中で行われたが、最終的に男に対する怒りを露わにした住民等に行く手を拒まれ事件発生現場(自宅)まで到達する事が出来ず、一端署に引き返す事態になった。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。