2008年05月15日

前選挙委3委員、民主幹事長提訴の控訴審でも2年の実刑判決

 高等裁判所は14日、民主党のステープ幹事長が前選挙委員会委員長のワーサナー・プゥムラープ警察大将を始めとする3人の前選挙委員会委員を相手取り提訴した刑事訴訟の控訴審判決で、執行猶予無しの2年間の禁固刑及び向こう10年間に渡る選挙権剥奪の判決を下した一審判決を支持する判決を下した。

 この裁判は、2006年4月2日に行われた総選挙に絡むタイ・ラック・タイ党による小政党買収疑惑に対する真相解明を意図的に遅らせたとして、民主党のステープ幹事長が当時の3人の選挙委員会委員を相手取り提訴していたもので、一審判決では、執行猶予無しの3年の禁固刑に対して、被告側の証人が提出した資料が裁判の進行に貢献した事を情状酌量し、禁固期間を2年間に減じると共に10年間の選挙権剥奪を命じる判決を下していた。

 上訴の意向を示している3人は、それぞれ12万バーツの保釈金で同日中に仮釈放されている。

 尚、今回2年の実刑が下された3人に対しては、民主党のターウォン副幹事長が別途提訴した訴訟の控訴審で、4年の禁固及び10年間の選挙権剥奪を命じた一審判決を支持する判決が今年の4月に下されている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国・四川大地震、タイ人男性1人が消息不明

 中国の四川省で12日発生した大地震で、ヤッラー県在住のタイ人男性が消息不明になっている事が14日までに明らかになった。

 男性は実姉と共に観光で四川省を訪問していた際に、現地で姉と別のツアーに参加し、バスで震源地付近を移動中に地震にあったと見られている。尚、姉は既にタイに帰国している。

 タイの外務省によると、四川省内で救出されたと伝えられている200人から300人の観光客の中に、男性が含まれていないか外交チャンネルを通じて中国側に照会中だという。

 また、地震発生当時四川省を観光で訪問中だった3つのタイ人グループの無事は確認されており、内1グループ、14人は14日夕方到着の便で帰国予定で、残りの2グループ、37人は観光続行の為に依然中国に留まっているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29歳女性、自宅裏から侵入した男に強姦された上で殺害

 14日未明、バンコク隣県のチャチュゥンサオ県県都内にあるグワイティヤオ食堂を併設する民家内で、家主の29歳の女性が屋内に侵入した男に性的な暴行をされた上で殺害されるという事件が発生した。

 警察側は、事件が発生した民家裏に張り巡らされた鉄製の柵が何者かによってこじ開けられていた事が確認されていることから、女性に性的な暴行を加える目的で忍び込んだ男が、事に及んでいる最中に女性に気付かれた為、身元がばれるのを恐れて女性を殺害したと見て、過去に女性と付き合いがあった男が手を下した線も含めて捜査を開始した事を明らかにした。

 女性が経営する食堂の従業員によると、女性は男性関係が派手で、最近では、昔の恋人との間で激しい口論が展開されていたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。