2008年06月21日

連合本隊、20日17:00から再度首相官邸に向け行進を開始

 バンコクのナーンルゥン交差点で警察側の阻止行動にあい、同地で座り込み活動を展開しているヂャムローン・シームゥアン少将やソンティ・リムトーングン氏等が率いる民主主義市民連合デモ隊の本隊は、20日13:00過ぎ、同日17:00から再度首相官邸に向け行進を開始する方針を明らかにした。

 一部報道によると、同日14:00現在、本隊の一部が警察側がバリケードに使用している警察車両の除去作業を行っているという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合の別働隊、ナコン・パトム通りとピッサヌローク通りの交差点で足止め

 20日昼過ぎ、ラーマ5世像前広場を出発した、チャイヤワット・シンスウォン氏等が率いる民主主義市民連合の別働隊は、ワット・ベーンヂャモップピット前付近で警察側の阻止行動にあい、一時足止めを喰らったものの、一部参加者が両者間で発生した小競り合いの隙をついて警察の警戒線を突破し首相官邸に近いナコン・パトム通りとピッサヌローク通りの交差点付近まで進行し、そこで再度警察側の阻止行動にあい同日13:30現在同地で足止めを喰らっている。

 今後の行動方針に関しては、幹部間で打ち合わせを行った上で決定される予定になっている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合と警察の間で小衝突が発生か?

 20日昼過ぎ、ナーンルゥン交差点まで進行した民主主義市民連合のデモ隊参加者の一部と警察との間で小衝突が発生し複数人の負傷者が出た模様。

 報道によると、連合側の一部が旗用のポールで警察機動隊に攻撃した事から警察側が反撃する事態になったと見られる。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、首相官邸に向け行進を開始

 20日昼過ぎ、民主主義市民連合は、座り込み集会活動を展開しているマカワーン・ランサン橋手前、及び地方からの参加者や公社系労組関係者の集合場所となっているラーマ5世像前から複数手に別れて首相官邸を目指した行進を開始した。

 向こう1-2日以内に首相官邸を包囲できるとの見通しを示していたヂャムローン・シームァアン少将が率いる先遣隊約2,000人は、同日12:30前までにナーンルゥン交差手前で警察側に行く手を阻まれ同地に座り込み活動を開始し、同日13:00前までに他の幹部等が率いる隊が順次同地に合流し座り込み活動を展開している。

 また、テウェート市場方面から首相官邸前を目指し行進を進めているソムサック・ゴーサイスック氏やピポップ・トンバイ氏が率いる隊列は、同日13:00までにプラチャーガセーム交差点に到達しているのが確認されている。

 一方、運輸省/農業・協同組合省正面付近の路上で連合によるデモ行進を非難する抗議活動を座り込みで展開している、元反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏等が率いる反連合派は、混乱を避ける為に連合に対抗する行動に出る考えが無いことを確認した上で、引きつづき同地で座り込み活動を展開する方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、議会解散・首相辞任以外に正常化の道は無し

 チャワリット元首相は20日午前、下院議会の解散ないしはサマック首相が辞任し野党側に現政権を包括した挙国一致政権を組織する機会を与える以外に情勢正常化の道は無いとの考えを示した。

 これは、コーンケーン県内にある地方自治高等専門学校で開かれたセミナーの際に行われた講演の中で語られたもので、チャワリット元首相は、民主主義市民連合による抗議活動は、1969年に発生した抗議活動と同様に民主主義の精神に則った国民の声を代弁した、情勢の先行きの鍵を握る無視できないものであると指摘した上で、政府側が態度を明確にし話し合いによる解決を目指さない限り、クーデター以外に残された解決方法は存在しないとの考えを示した。

 その上で、同元首相は、民主主義制度に則り現在の情勢の解決に取り組むことが重要であると指摘すると共に、下院議会を解散する、ないしは野党側に政権を組織する機会を与えるためにサマック首相が辞任し、野党側が現政権を包括した挙国一致政権の組織に取り組む事が正常化の鍵を握ることになると指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

反連合派、連合のデモ行進を阻止する為の座り込み集会を開始

 19日夕方過ぎ、旧反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏やチンナワット・ハーブンパート氏等に率いられた1,000人前後の反連合派が、20日午後に出発が予定されている民主主義市民連合の首相官邸に向けたデモ行進を阻止する為の座り込み集会を開催する為に、ヂョーポーローの交差点に向け移動を開始した。

 同日23:00過ぎまでに確認できた報道によると、反連合派の隊列はチャルゥム・タイ交差点付近で警察側の阻止行動にあい移動を中断し、その後、連合の集会会場の裏手にある運輸省前に拠点を置き、連合幹部5人の辞任や首相官邸前に向けたデモ行進を中止するよう訴える集会活動を開始した模様。

 また、反連合派関係者と連合の自警組織関係者との散発的に睨み合いの事態が発生しているとの報道もある。

* 一方、連合の集会に花を添えてきた俳優兼司会でタイ・ラック・タイ党の創立メンバーの1人だった事でも知られるトゥアことサランユ・ウォングラヂャーン、1990年代初頭に活躍した元女性シンガーのスカンヤー・ミゲール、人気若手女優のジョーイことシリラック・ポーンチョークが首相官邸に向けたデモ行進への参加を表明しているようです。
posted by Jean T. at 02:29| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王、内閣各人が正しく職務を遂行する事が国家的危機からの脱出に繋がる

 19日夕方、新任のチャワラット社会開発・人間の安全保障大臣及びウィチャーン公共保健副大臣の認証式に臨まれた国王は、内閣各人が正しく職務を遂行する事が国家的危機からの脱出に繋がるとの考えを示された。

 サマック首相出席のもとで行われた認証式の際に行われた訓辞の中で国王は、才能がある内閣各人が正しく職務を遂行し、満足できる成果を上げることが国家の危機を救う事に繋がると指摘された上で、国家の最高位の職に就く内閣各人が、(国王に対して行った)宣誓を守り、国家の為に粛々と職務を遂行し、満足できる結果を上げる事により国家は障害を乗り越える事が出来ると指摘された。

 その上で、国王は、現在の政府が発足以来職務遂行上の困難に晒されているとの考えを示された上で、政府が与えられた国家の為の職務を正しく遂行し、自らが満足できる成果を上げる事が、一般国民の満足に繋がり、結果として政府の"正しい"職務遂行を楽にする事に繋がると指摘された。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、複数グループに別れて首相官邸への接近を図る

 20日午後に首相官邸に向けたデモ行進を計画している民主主義市民連合は19日午後、同日13:00に首相官邸前に集合を合い言葉に、マカワーン・ランサン橋手前で座り込み集会活動を展開している"本隊"とは別に、複数の別働隊を少なくとも6つの幹線を利用して分散して移動させ官邸前への接近を図る方針を明らかにすると共に、デモ行進参加者に対して、当局側からの阻止行動に遭遇した場合は、その場に留まり連合の自警組織関係者の到着を待つよう呼びかけた。

 一方、首相官邸の警備関連部局は、同官邸内に勤務する全職員に対して、20日に休暇を取るよう呼びかけると共に、周辺の学校に対して、当日の授業を休講ににするよう要請した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家警察、官邸周辺5路線の通行を回避するよう要請

 国家警察本部は19日、20日午後に予定されている民主義市民連合の首相官邸に向けたデモ行進の官邸周辺への接近を徹底的に阻止する方針を確認した上で、デモ隊対策が講じられる官邸周辺の5つの幹線の19日夕方以降の通行を避けるようドライバーに呼びかけた。

 対象となる幹線は、ピッサヌローク通り、ラーチャシマー通り、ラーマ5世通り、シーアユッタヤー通り及びラーチャダムヌゥン通りの5路線で、警察側によると、民主主義市民連合側が19日夕方頃から首相官邸に向けた移動を開始するとの情報があるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部の連合傘下団体、当局側の出方次第では南部の幹線を封鎖し抗議

 南部14県の民主主義市民連合傘下団体を統括する連合ネットワークは19日、20日午後に計画されている民主主義市民連合による首相官邸に向けたデモ行進を阻止する為に当局側が強硬手段を講じた場合は、南部14県内の主要な幹線を封鎖し抗議活動を展開する方針を明らかにした。

 同ネットワーク幹部のオーソット・スワンナサウェート氏は、19日未明に警察機動隊による強制排除行動が、動きを察知した連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将を中心にした市民の人垣により阻止されていた事を明らかにした上で、連合のデモ行進を阻止する為に同日中に再度警察側が強制排除行動に乗り出す恐れがあると指摘した。

 その上で、仮に当局側が強硬手段を講じた場合は、南部14県内の複数の幹線を封鎖し抗議活動を展開すると共に、南部の主要な政府関連施設前で同時多発的な抗議活動を展開する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、忍耐を旨に平穏な手段で連合のデモに対応

 国内治安維持部隊作戦統括本部本部長を兼任するサマック首相兼防衛大臣は19日、20日午後に首相官邸に向けデモ行進を開始する方針を明らかにしている民主主義市民連合に対して、力に頼らず忍耐を旨として対応する方針を確認すると共に、対策は全て警察側に委ね国内治安維持部隊を始めとする軍部を対策の為に動員する考えが無い事を明らかにした。

 しかし、連合側がサマック政権打倒を標榜している事に関しては、中傷発言を繰り返し国内情勢を煽動している路傍からやって来た輩によって「選挙で選ばれた」者が追いだされるわけがないと語り強気の姿勢を見せた。

 一方、民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は19日、政府側が緊急事態令を発令し幹部5人の逮捕に乗り出すための強硬手段に乗り出すことを想定し、既に5人の幹部代行を指名済みであることを明らかにした上で、政府ないしは旧反独裁民主主義同盟関係者側が不穏な動きを仕掛けない限り、デモ行進の際に過激な事態は起こりえないと語った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、パラン党所属議員2名にイエローカードの発行を決定

 選挙委員会は19日午前、買収疑惑が指摘されていた、サムットプラーガーン県第二選挙区で当選を決めた、ナティー・スティンプゥアック氏及びヂラパン・リムサグンシリラット氏の両パラン・プラチャーチョン党所属下院議員に対して、再選挙での再出馬が認められるイエローカードの発行が適切であると判断し、最高裁判所に対して最終判断を要請する方針を決定した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反連合派、連合を迎え撃つために人員を動員

 反民主主義市民連合派の民主主義擁護との為の一大国民グループ幹部で、サムットプラーガーン県選出パラン・プラチャーチョン党所属下院議員のプラチャー・プラソップディー氏は19日、20日午後から首相官邸に向けデモ行進を計画している民主主義市民連合に対抗する為に人員を動員する計画がある事を明らかにした。

 しかし、実際に迎撃用の人員を動員する可能性に関しては、当日の降雨状況や機会に乗じた第三者の動き等の情勢を見極めた上で判断すると語るに留めた。

 プラチャー氏は、タクシン支持派とは無関係であると主張していた、反クーデター派の独裁制に反対する土曜日の人々の幹部だった他、2006年9月19日のクーデター発生直前に、タイ・ラック・タイ党所属下院議員の立場で、同月22日に大規模集会を開催する方針を発表した民主主義市民連合を国家反逆罪で弾圧するべきであると主張していた人物としても知られる。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府報道官、首相官邸前への集会場所の移動は国家反逆行為に等しいと警告

 ウィチヤンチョート政府報道官は18日、首相官邸前を陣取り座り込み集会活動を展開する行為は、国家の体制を脅かす国家反逆行為に等しい行為であると指摘した。

 この発言は、民主主義市民連合側が20日午後から首相官邸前に向けデモ行進を開始し、同所を包囲し集会活動を展開する方針を明らかにした事を受けたもので、同政府報道官は、厳重な警戒態勢が敷かれている首相官邸前に向けたデモ行進は不可能であると指摘した上で、政府だけでなく民主主義の砦たる首相官邸前で政府打倒を標榜した集会活動を展開する事は国家そのものに反逆する行為に等しい行動であると指摘した。

 一方、民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は19日未明、連合による首相官邸に向けたデモ行進を阻止する為に、当局側が同日夜半に強制排除行動に乗り出す恐れがあると警告した。

 同少将によると、当局側は18日夜半に行われる予定だった強制排除行動が、直前になって中止になっていたという情報があるという。

 一部報道は、18日夜半、集会会場周辺に展開している警察側が、突然愛国歌を大音量で流し始めるのと同時に、ライトを消灯し集会会場周辺に張り巡らされている鉄柵近くへ戦力の一部を移動させていた事を明らかにした上で、何らかの強制行動に向けた戦力配置が当局側によって行われている可能性があると指摘している。

* 因みに18日夜半の集会では、サーオ・ノーイ・カーフェー等のドラマの主演で知られる女優のジョーイ・シリラックがステージ上で歌っていました。ジョーイによると、これまでにもロー・プロファイルを心掛けながら一般参加者として度々集会に参加していたとのこと。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、世界遺産登録阻止の為の署名活動を開始

 民主主義市民連合幹部のソムギアット・ポンバイブーン氏(民主党所属下院議員)は18日夜半、タイの主権を脅かされるカンボジアによるワット・カーオプラウィハーンの世界遺産登録申請を阻止する為に19日から署名活動を開始する方針を明らかにした。

 同氏によると、カンボジア政府側は、同所の世界遺産登録に向けて少なくとも21ヶ国に対して協力要請の為のロビー活動を行っているという。

 これは、先にタイ政府側がワット・カーオプラウィハーン周辺の国境線紛争地域の"線引き"を行い、カンボジア政府側に対して同所の世界遺産登録申請に道を開いた事を受けたもので、ノパドン外務大臣側は、タクシン元首相とカンボジアのフン・セン首相が親しい関係にあることと今回の動きは無関係である事を強調した上で、この線引きによってもタイの主権が及ぶ領土が1ミリたりとも失われる事は無いと説明しているが、この線引きにより将来の国境線交渉に暗い影を落とすことになるだけでなく、タイの国家主権そのものに影響を与える事項に関しては議会の承認を経る必要があるとする憲法の規定にも違反していると指摘する声も上がっている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

首相、陸軍司令官と警察本部長を交え緊急協議

 18日午後、サマック首相がアヌポン陸軍司令官とパチャラワート国家警察本部長を交え緊急の協議を行った事が確認された。

 20日午後に予定されている、民主主義市民連合の首相官邸前に向けたデモ行進に対する対策に関して協議が行われたと見られる。

 尚、パチャラワート本部長は緊急協議後に記者団に対して、連合に対して強行的な手段を講じる方針が無いことを確認すると共に、首相官邸に通じるマカーワン・ランサン橋を連合のデモ隊が超えることを徹底的に阻止する方針を確認している。しかし、その際に陸軍側が阻止行動に関与する可能性に関しては明言を避けている。

 一方、チャルゥム内務大臣は18日午前、首相官邸に向けたデモ行進を計画している連合に対する対策は首相の任務の範疇であると断った上で、良からぬ考えを持つ者が、バンコクの情勢を煽動し政府に打撃を与える事を意図した不穏な計画を(連合がデモを計画している)今週末頃に都心部で実行する為に武器類をバンコク内に持ち込んでいる事を明らかにした。

 しかし、不穏な計画の詳細に関しては、軍士官学校を卒業した信頼できる筋から得た情報であると述べるに留め明らかにされなった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野党、首相以下7閣僚を対象にした不信任審議案を提出

 野党民主党は18日午前、サマック首相を含む7閣僚を対象にした不信任決議案をソムサック第一下院副議長宛に提出した。

 各個人別の不信任案件は以下の通り。

・サマック首相 行政を私益追求の場とし 国民が抱える問題の解決をおざなりにし(先のクーデターにより)利益機会を失った政治家の救済に注力した事により道議面・一致団結面だけでなく国家そのものに損害を与えた。

・スラポン副首相兼財務大臣 景気対策の失敗。

・ミンクワン副首相兼商務大臣 米価及び物価抑制策の失敗。

・ソンサック運輸副大臣 エアコンバス6,000台のバンコク大量輸送公社へのレンタル計画が絡むタクシン元首相夫人やネーウィン・チットチョープ氏への利益供与疑惑。

・ソムポン法務大臣 職権乱用による不当人事。

・ノパドン外務大臣 カンボジアによるワット・カーオプラウィハーンの世界登録遺産に道を開いた行為及びその他の職務遂行義務違反行為。

・チャルゥム内務大臣 南部問題対策を含む国内問題への取り組み姿勢及び職権を乱用し各県知事に対してケーブルテレビ局を経由したASTV News1の放映の遮断を命じた行為。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、20日13:00に首相官邸前に向けデモ行進

 民主主義市民連合は17日夜半、カンボジアにワット・カーオプラウィハーンを引き渡し、タイの主権そのものに損害を与えた政府に抗議する為に、20日13:00に首相官邸前に向けデモ行進を行う方針を明らかにした。

 連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将によると、18日午前現在、首相官邸前に場所を移し座り込み集会活動を展開する可能性に関しては明確になっていないという。

参考
今後のデモ発生の可能性について(続報)(在タイ日本大使館からのお知らせ)
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、外務省前で外相を売国奴と非難

 18日午前、1,000人前後の民主主義市民連合関係者が外務省前に集まり、国境線紛争地帯に立地するワット・カーオプラウィハーンのカンボジア政府による世界遺産登録に道を開く為に新たな"線引き"を行ったノパドン外務大臣を売国奴と非難すると共にタクシン元首相の代理人である同大臣の辞任を要求した。

 連合側は、タイ語だけでなくカンボジア語、英語、日本語、中国語で、線引きによりワット・プラウィハーンをカンボジアに引き渡した政府を非難すると共に、同所がタイ領内に立地していない事を確認した先の閣議決定の詳細を国民に開示するよう要求した。

 一方、先にタイ中央銀行前で座り込み抗議活動を展開していた負債農民ネットワーク関係者は、政府側の対応に満足できないとして、18日朝、再度同所前で抗議活動を開始し、更にバンコクへの乗り入れが禁止されているロット・イーテーン(トラクター等を改造した農業用運搬車)や小型トラック約60台に分乗した関係者約600人が、中央銀行前に向け行進を開始した。

 同ネットワークは、負債問題の解決に向け尽力する事を約束したサナン副首相の言を受け入れ一端抗議活動を中止し散会していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

有名占い師、元首相が正常化に向かうと予言した7月2日が最も危険な日

 有名占い師のラック師は17日、7月2日が30年来で最も危険な地獄の日となると予言した。

 この予言は、前日にタクシン元首相が、複数いると見られるお抱え占い師の予言として、政治・経済情勢に災いをもたらしてきた火星と土星の位置関係が変わる7月2日以降に国内情勢は正常化に向かうと発言していた事を受けて行われたもので、ラック師は予言の中で、7月2日は、死・爆発・火災・人間の感情何れの面に於いても30年来で最も危険な日であるとした上で、全ての階層が一致団結し、対立を止めない限り、7月6日前後の23:07に、都市の中心部で壊滅的な流血の事態が発生する事になると指摘した。

* こんな眉唾な話がSMSのタイ語ニュース速報で配信されること自体が異常だと思います。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。