2008年06月04日

国民同士の流血戦を防ぐためにクーデターを実行、ソンティ前議長

 2006年9月19日に発生したクーデターを首謀したとされる、前国家安全保障評議会議長のソンティ・ブンヤラッガリン大将(前陸軍司令官)が告白記の中で、反タクシン派の民主主義市民連合に対抗する組織が武器を手配して連合に対する攻撃を計画しているとの情報を受けクーデターを実行した事を明らかにした。

 この告白記は、www.civilvoice.netにインタビュー形式で掲載されたもので、ソンティ大将は、クーデターの大義名分の一つに掲げられたタクシン元首相及び同政権絡みだけでなく、2006年9月20日に計画されていた民主主義市民連合による大規模集会にあわせて、武器を持たない同連合に対して戦闘を仕掛ける為に反連合派が軍から武器を借りて準備を進めているとの極めて信用できる情報を得ていた為、国内を二分して国民同士が戦う最悪の事態への発展を避ける為に、2006年9月19日にクーデターを実行せざるを得なかったと語っている。

参考
http://www.civilvoice.net/columnist/interview/interview51003.html
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BTS線、タークシン - トンブリー間の開通は来年3月の見通し

 バンコクのアピラック知事は3日、BTS線シーロム線のサパーン・タークシン駅からトンブリーのウォン・ウィアン・ヤイ駅までの2.2Km区間の延伸工事の進捗率が14.13%まで進んでいる事を明らかにした上で、8月中頃を目処に試験運転を開始し、来年3月に営業運転を開始できる見通しである事を明らかにした。

 また、タークシン通りからペートガセーム通り間の5.3Km間の延伸計画に関しては、入札仕様の策定等の為にコンサルタント会社の選定作業を行っている最中で、来年10月頃に工事請負業者の選定を終え、2010年6月頃に営業運転を開始できる見通しだという。

* 当初の話では、遅くとも今から2年くらい前には開通していた筈だったんですが・・・
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政党を作らない限り単なるムショのクラブ活動とチャルゥムが連合を皮肉る

 チャルゥム内務大臣は3日、バンコク中心部の路上を占拠し座り込み集会活動を展開している民主主義市民連合に対して、政党を設立して幹部のソンティ・リムトーングーン氏を首相に据える事を目標に掲げ活動を展開するべきであると指摘した上で、現在のような活動を展開している状況では、ソンティ氏は単なる刑務所収監者協会の会長でしかないと皮肉った。

 一方、連合の強制排除に出る可能性に関しては、現政府は民主主義制度に則ったものであることを強調した上で、サマック首相が関係各署に対して話し合いにより集会場所を移動するよう連合に対して交渉するよう指示する事になるとの考えを示した。

 尚、前後してサマック首相は、国家警察本部長に対して、集会開催地周辺の安全と規律の確保及び、力によらぬ話し合いにより連合に対して集会開催地を移動するよう交渉するよう指示している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラー中心部で爆破、複数の負傷者

 3日21:00過ぎ、ヤッラー県県都内中心部にある行政庁舎付近で爆発が発生し、同日22:00迄に確認できた初期段階の報道によると複数の負傷者が病院に搬送された模様。

 同県ヤッハー郡内では、2日19:00前、自宅裏手の水浴場で水浴び中だった15歳のイスラム系の少年が何者かに銃撃され死亡し、屋内にいた4歳の妹が流れ弾により重傷を負った。

 また、同県バンナンサター郡内では、2日夕方前、人数不明の一味が警察車両に向け銃を乱射し、車内にいた郡警察署所属の警察少佐が重傷を負った。警察少佐は、証人として出廷していた裁判所から署に戻る途上だった。

 同郡内では、2日8:30前、人数不明の一味が教師の警護作業にあたっていた軍関係車両に向け銃を乱射し、約10分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走するという事件が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 パッターニー県マーヨー郡内では、3日8:30前、人数不明の一味が教師の護送作業を終えた警察関係車両の通過にあわせ爆発物を爆破させると共に銃を乱射し、警察官2人が重傷を負った。尚、報道により爆破のみ発生し2人が重傷を負ったとするものもある。

 また、同県コークポー郡内では、2日夕方前、バイクで路上を走行中だった45歳の仏教系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 ナラーティワート県スンガイゴーロック郡内では、3日1:00前、55歳のイスラム系住民男性が、自宅玄関前で、男性を玄関先に呼び出した何者かに銃撃され死亡した。

 同県インゴー郡内では、2日昼過ぎ、小型トラックに乗った4人組が、51歳のガムナンが運転する乗用車に向け銃を乱射し、ガムナンが死亡した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(更新)バンコクのアパートで邦人女性の遺体、恋愛の悩みからの自殺か?

 3日未明、バンコクのディンデーン区ソーイ・ラチャダーピセーク13内にあるポン・アパートメント1階の非常階段付近(報道により2階の非常口付近)で、同アパート9階に住む26歳(報道により36歳)の無職の日本人女性の遺体が発見された。

 警察側は、遺体の状況や残されていた遺書の内容から、恋愛関係の悩みから飛び降り自殺を図ったとの見方を示した。

 報道によると、女性は昨年12月に同アパートに一人で引っ越してきて以来、夜中に遊びに出かけるところが頻繁に目撃されていた他、過去に日本人のミュージシャンの恋人がいたが、その後帰国してしまい、最近ではシーク系インド人の男性とつきあっていたという。また、アパートの関係者によると、女性はタイ語を殆ど話す事が出来なかったという。

 また、遺体が発見される前の同日1:00頃、アパートの地上階で酒を飲み終え、部屋がある9階に戻ったところで泣きながら他の部屋のドアをノックして回り、出てきた人がなだめるという場面も目撃されていたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。