2008年06月28日

アンダマン諸島でM6.8の地震、津波への警戒を喚起

 国立災害警報センターは27日19:00過ぎ、タイ時間18:40にインド領アンダマン諸島でマグニチュード6.8の地震が発生した事を受け、沿海地区の住民に対して津波に関する情報に注目するよう呼びかけた。

 尚、タイ時間同日20:30迄に確認できたタイ国外の報道では、この地震発生を受けた津波警報の発令は確認できない。

参考
Quake strikes India, shakes island
Powerful quake hits off Indian Ocean archipelago, no tsunami risk

* 以上、27日20:30迄に確認できた報道に基づく
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連立第三党議員、2閣僚への投票棄権を認める

 連立政党第三党プゥア・ペーンディン党所属比例代表区選出下院議員のワンロップ・タイヌゥア氏は27日、同日午前行われた不信任審議決議の際に、ミンクワン副首相兼商務大臣及びノパドン外務大臣に対する投票を棄権していた事を認めた。

 同氏は、理由として何れも国家に対して損害をもたらした事項に関して明確な説明が為されなかった事を上げた上で、政府は今後野党側の意見を吸収した上で両者が関係する省の効率性向上を心掛けるべきであると指摘した。

 ワンロップ氏は、公共保健省次官だった時代に、当時大臣だったスダーラット・ゲーユラパン女史が絡むコンピュータ不正調達疑惑を暴露した事がきっかけで、、同女史から次官を解任され、その後、2004年に行われた総選挙では民主党比例代表区で当選を決めていた事で知られる。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連立第二党党首、内閣改造を行うべきと指摘

 連立与党第二党チャート・タイ党のバンハーン党首は27日、下院議会で行われた不信任審議で一部の閣僚が充分な説明責任を果たしていなかったと指摘した上で、今後一部の閣僚ポストについて改造を行う必要があると指摘した。

 しかし、将来行われる内閣改造が民主主義市民連合を始めとする議会外からの圧力の軽減に繋がる可能性に関しては、米価問題を始めとする国民の問題に対する政府側の対応にかかっているとの考えを示した。

 一方、民主党のアピシット党首は、不信任審議で首相を始めとする全ての閣僚が信任される事は既に予想されていた事であるとした上で、野党側の意見を吸収し将来の職務遂行に生かす機会を政府に与えた点及び内閣改造の機会を政府に与える事が出来た点で満足ができる審議を行う事が出来たとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不信任決議、連立与党内の票割れ無く全員が信任

 27日午前、下院議会内で行われた不信任審議に対する決議は、与党内の票割れが殆ど見られず、対象となった首相及び内閣全員が新任されるという結果になった。

 特に、与党内からも失策を追求されたミンクワン副首相兼商務大臣及び説明不足が指摘されていたノパドン外務大臣に対する票動向が注目されたが、ミンクワン大臣は信任279票、不信任161票、ノパドン大臣に至っては信任278票、不信任162票と対象閣僚中最低の信任票数だったが、何れも連立与党内の票が殆ど割れることなく信任された。

 また、サマック首相は信任280、不信任162、チャルゥム内務大臣及び学歴詐称疑惑が指摘されたサンティ運輸大臣何れも、信任279、不信任162票という結果になった。

 尚、下院議員として票を投じる権利を持っている首相及び内閣全員が投票を辞退した
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃走の際に銃弾で負傷を負った鋼材泥棒少年、木に縛り付けられた状態で突き出される

 27日朝、バンコクのバーンケーン区内で、転売目的で鋼材を盗み出そうとしたところを持ち主に捕らえられた14歳の少年が、木に手足を縛り付けられた状態で警察に突き出された。

 警察に突き出された当時、少年は右足の付け根部分2箇所及び左足の付け根部分1箇所に銃弾を受け負傷を負っていた。

 自ら警察に出頭する覚悟で通報したという、少年を捕らえた持ち主の男性(58)は警察に対して、前日15:00頃に自分が所有する土地の見回りをしていた際に、建設資材用に置いてあった鋼材が持ち出しやすいようにまとめられていた為、転売目的で誰かが鋼材を盗み出そうとしていると思い、27日0:00頃に銃を持って身を潜めて観察していたところ、同日8:00頃に柵を乗り越え鋼材を持ち出そうとした少年を見つけ、取り押さえようと思い声をかけたところで少年が逃げようとした為、威嚇の為に銃弾2発を逃走する少年の足下に向け発砲した上で取り押さえた際に、銃を奪い取り再度逃走しようと図った少年との間で揉み合いになり、その際に銃が暴発し銃弾1発が少年の足下に命中したという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一晩に6回も要求してくる絶倫夫を殺害した女を逮捕

 バンコク隣県のナコンパトム県県都の警察当局は25日深夜、52歳の夫を殺害した容疑で42歳の女を逮捕した。

 女は警察の取り調べに対して、一回あたりの所要時間は30分に満たないものの、酒に酔った勢いで毎晩のように5回から6回の性交渉を要求してくる夫の絶倫ぶりに日頃から辟易としていたが、事件当日は、古物回収の仕事で疲れていた事も手伝って強引に性交渉を迫ってきた夫の要求を拒絶したところ、夫が他に男がいるのだろうと難癖をつけてきたため堪忍袋の緒が切れ首を絞め殺害してしまったが、後から事の重大性に気がつき自ら警察に通報したと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。