2008年07月13日

警察、不正疑惑の大物灰色政治家が船を利用してカンボジア領内に逃亡

 国家警察本部のヂョンラック副本部長は12日、9日に行われる予定だった最高裁判所の判決公判を欠席し行方不明になっている、プゥア・ペーンディン党最高顧問のワッタナー・アサワヘーム被告(元内務副大臣)が、公判前に船を利用してサムットプラーガーン県からカンボジアのコーン島に渡り、そこで待たせていた車に乗ってポーイペートに入った事を明らかにした。

 クローンダーン汚水処理施設建設計画が絡む土地不正収容で起訴されていた、パークナムのゴッドファーザーの異名を持つタイを代表する灰色政治家の一人として知られる同被告は、実刑判決が下されると見られていた9日に予定されていた最高裁判所の判決公判を欠席し行方不明になり、保釈金が没収された上で逮捕状により身柄を追われていたが、これまでの捜査で、サケーオ県と国境を接するカンボジアのポーイペートにあるカジノホテル"グランド・ダイアモンド"に宿泊している事が確認されていた。

 ヂョンラック副本部長によると、カンボジアとの間で犯罪人引き渡し条約が締結されておらず、また、現在発行されている逮捕状が、職権乱用罪では無く判決公判欠席逃亡罪名目で発行されている為、カンボジアに対してワッタナー被告の身柄引き渡しを要求する事が難しい為、8月18日に再設定された判決公判日迄に同被告の身柄を確保できるか見当がつかない状況にあるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制服姿で連合の演台に立った大将に対する処分は最高で警告

 ブンサーン国軍最高司令官は12日、民主主義市民連合の演台に制服姿で登壇し政府を批判する演説を行った国軍最高司令本部最高顧問のパトムポン・ガセーンスック大将に対して軍として下すことが出来る処分は、最も重くても警告処分に留まる事を明らかにした。

 これは、パトムポン大将が7日夕方に階級章等をつけた制服姿のままで連合の演台に立ち、カンボジアによるカオプラウィハーンの世界遺産登録を許したサマック政権を非難した事を受け、サマック首相兼防衛大臣が11日に懲罰委員会を招集し同大将に対する処分方針を検討するよう命じる書面に署名した事を受けた発言で、この懲罰委員会招集が報じられた直後の同日夕方にも同大将が制服姿で連合の演台に立ち再度演説を行っていた。

 発言の中でブンサーン最高司令官は、既に軍規に則りパトムポン大将に対して警告済みである事を明らかにすると共に、懲罰委員会を持ってしても軍の権限では最高で警告処分しか下すことが出来ないとした上で、仮にそれを超える処分が望まれるのであれば防衛省の権限を行使する以外に方法は無い事を明らかにした。

 また、懲罰委員会招集の背景に政治的な思惑があるとの指摘に対してはコメントを避けた上で、(懲罰にこだわる前に)まず理想を持つ大人同士として互いに尊重し合い国家の為に尽力する事が先決であるとの考えを示した。

 尚、防衛省が軍刑法に違反したと判断した場合は、最高で5年以下の禁固刑を下すことが出来る。

 一方、連合のヂャムローン少将は、パトムポン大将が、カンボジアに主権の一部が横取りされ、王室が冒涜されている状況に目をつぶっている軍に我慢が出来ずに、敢えて悪しき目的で制服を利用している者から軍の制服の権威を守る為に制服着用のままで演台に立った事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サダオで、大声で電話をしていたムソー族の男性が射殺

 11日3:00前、ソンクラー県サダオ郡内のディスコ前付近で、山岳民族のムソー族の男性(25)が携帯電話で会話中に射殺されるという事件が発生した。

 調べによると、男性が、ディスコ付近にあるスヌーカー場内で友人が遊び終えるのを待ちながら携帯電話で大声で話していた際に、別のグループの若い男から難癖をつけられた事がきっかけで両者間で喧嘩になり、男性が店外にでたところで男が男性に向け銃弾4発を発砲し、更に手をあげ命乞いをしている男性に向け銃弾1発を撃ち込み死亡させたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。