2008年07月17日

選挙委、料理番組に出演した首相の適格性を問うために憲法裁に提訴

 選挙委員会は16日、料理番組に出演している事が憲法で禁止された特定企業からの雇用に該当しているおそれがあるとして、首相の適格性に関する判断を要請する為に憲法裁判所に提訴を行う方針を決定した。委員長を含む5人の内4人が提訴するべきと判断した。

 選挙委員会側によると、これ迄の調査によりサマック首相が現職に就任して以降は料理番組出演に対する報酬を受け取っていない事が確認されているが、報酬の有無に拘わらずかかる民間会社製作の番組にレギュラーで出演する事が憲法で禁止されている特定企業との雇用に該当するにか判断を仰ぐために憲法裁判所へ提訴する方針を決定したという。

 また、5%以上の民間企業の株式を所有の報告を怠ったとして大臣としての適格性が問われていた商務副大臣のウィルーン・テーチャパイブーン氏に関しては、現職就任前の今年1月15日付けで当該民間企業が廃業していることから問題なしとの判断が下されている。

 一方、同委員会は、票の取りまとめ役が買収に関与していたとして選挙違反に問われていた、ウドンターニー県第四選挙区選出パラン・プラチャーチョン党所属下院議員のウィチヤン・カーオカム氏及びグリヤンサック・ファーイシーンガーム氏の両名に対して、買収行為への直接の関与が確認できなかったとして、再選挙で再出馬が認められるイエローカードを発行する方針を決定した。尚、票の買収に関与した票の取りまとめ役に対しては、別途刑事告訴する方針だという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日系JV贈賄疑惑、初期調査では疑惑は確認できず

 バンコクのアピラック知事は16日、バンコクの行政当局が2003年に発注した洪水対策用排水トンネルの工事計画に絡む日系JVによる贈賄疑惑に関して、初期段階の調査では異常な点や疑わしい点が発見されなかった事を明らかにした上で、これまでの調査資料を同日中に国家汚職防止取締委員会に提出する方針を明らかにした。

 アピラック知事によると、今後の調査でも汚職の存在や疑わしい点が確認されなかった場合は、虚偽の情報の暴露によりバンコクの名声を傷つけられたとして、贈賄の証言を日本の検察側に対して行った日本の企業を提訴する事も辞さない方針だという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニー、ヤッラー中心部で連続爆破

 15日20:00過ぎ、パッターニー県県都内中心部にある複合商業施設コロシアムの駐車場付近で爆発が発生し、警察官1人が死亡し、警察官3人を含む6人が負傷を負った。

 現場は、県都警察署及び県警察本部から約50メートル離れた場所で、犯行に使用された爆発物は、駐車場として転用されているコロシアムの新ビル建設予定地付近にあったゴミ箱内に仕掛けられていたものと見られる。

 また、ヤッター県県都内中心部では、16日11:00前に県都警察署の壁付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、更に、同日11:30過ぎには県陸運事務所の免許証申請交付ブース付近にあるトイレ内で爆発が発生したが、何れも人的な被害は無かった。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察副本部長、ワッタナー被告の送還要請の為にカンボジアへ

 国家警察本部のヂョンラック副本部長は16日朝、現在カンボジア国内に逃走中とされるワッタナー・アサワヘーム被告の送還を要請する為に同日中にカンボジアを訪問する意向を明らかにした。

 ワッタナー被告は、クローンダーン汚水処理施設の建設計画に絡む土地不正収容案件の判決公判を欠席したとして、最高裁判所から判決公判欠席逃亡罪で逮捕状が発行されていたが、これまでの調べで判決公判の数日前にサムットプラーガーン県からボートでカンボジア領内のココンに渡り、そこから車でポーイペートに移動していた事が確認されていた。

 尚、同被告の判決公判欠席を受け最高裁判所側は8月18日を新たな判決公判日に設定している。

 ヂョンラック本部長によると、ワッタナー被告に対して発行されている逮捕状が、国際犯罪者引き渡し条約やカンボジアの国内法が適用されない判決公判欠席逃亡罪名目であるため、あくまで個人的なコネクションを利用して協力要請ベースで同被告のタイへの送還を要請せざるを得ない状況にあるという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業副大臣の個人秘書が銃撃され重傷

 15日21:30過ぎ、バンコク隣県のナコンパトム県ガムペーンセーン郡内の路上で、乗用車を運転中だった45歳の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負うという事件が発生した。

 男性は、農業協同組合副大臣のソムパット・ゲーオピヂット氏(チャート・タイ党)の個人秘書で、近隣住民の葬儀に出席し帰宅の為に路上を走行中に事件にあった。搬送された病院の医師にとると、16日朝現在依然重篤な状態にあるという。

 警察側によると、政治絡みないしは男女関係絡みが事件の背景にあるとみて捜査を行っているが、これまでの調べで男性が政治絡みや個人的な係争を抱えていないことから、男女関係絡みが事件の背景にある可能性が高いという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。