2008年07月20日

運輸相、モノレール建設の実現可能性調査を命じる

 サンティ運輸大臣は18日、運輸交通政策事務所に対してバンコク内に於けるモノレール線建設の実現可能性に関して調査を指示したことを明らかにした。

 同大臣によると、この指示は日本国内で実際に運行されているモノレールの視察結果を受けたもので、通常の鉄道の敷設工事に比べキロあたり6-8億のコスト削減が見込まれるだけでなく、セーンセープ運河沿いやペッブリー通りやラート・プラーオ通り等の密集地でも工事が行いやすいという利点があるという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

66%以上が政府の6つの貧困層向け対策を支持

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールがバンコク及び地方県在住の2,801人を対象に16日から18日にかけて行った調査で、バンコク在住の回答者の66.75%、地方県在住の回答者の66.42%が、先に政府が発表した低所得者層救済の為の6つの対策を支持すると回答し、バンコク在住の回答者の多くがガソホール・ディーゼルに課せられる物品税率の減額措置を評価する一方で、地方県在住の回答者の多くが家庭用調理用ガス(LPG)の価格据え置きを評価している事が明らかになった。

 また、所得別では、月間所得が1万バーツ以上の回答者の多くが家庭用調理用ガスの価格据え置きを評価する一方で、1万バーツ未満の回答者の多くがノンエアコンバスの総運行台数の半数にほぼ相当する800台のノンエアコンバスの乗車料金を無料化する措置を評価していた。

 更に、この6つの対策の効果に関しては、51.43%の回答者が生活状況の改善に繋がり得ると回答し、45.38%の回答者が単なる政府の人気取りのための誠実さに欠けた短期的な対策に過ぎず、国民の負担減には殆ど効果をもたらさないだけか、政府に対する支持率にも大きな影響を与えないと回答していた。

 尚、40.99%の回答者が6つの対策により政府の支持率が増加すると回答し、13.63%の回答者が支持率の低下に繋がると回答した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、軍が展開している地域はタイの領土と主張

 18日、サマック首相がカンボジアのフンセン首相宛に送った返書の中で、タイ国軍が展開しているカオプラウィハーン遺跡周辺地区はタイの領土であると主張していた事が明らかになった。

 先にカンボジアのフンセン首相側は、サマック首相宛てに送付した親書の中で、国境紛争地を巡る両国対立の元凶である、国境紛争地に展開しているタイ国軍の撤退を要求していた。

 この親書に先立ちタイ国軍の高官筋が、同国軍の一部がカンボジアの領内に侵入したとするカンボジア軍側の主張を退けたものの、同国軍の一部が国境紛争地とされるエリアに展開している事を認めていた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の連れ子に横恋慕した男が妻と連れ子を殺害

 18日1:00前、ラーチャブリー県バーンポーン郡内で、横恋慕していた妻の連れ子の少女(16)の態度にキレた男(33)が、連れ子と妻(42)を殺害するという事件が発生した。

 一端逃走した後に警察に出頭してきた男は事情聴取に対して、兼ねてから横恋慕していた連れ子が、度重なる誘惑に嫌気をさして祖父の家に寝泊まりし家に寄りつかなくなっていたが、17日に家の前を通った連れ子に対して家の中で療養中の母親を見舞うように言っても拒絶された為、無理矢理家に入れようとしたところで取っ組み合いになり、ついカットなってしまい刃物で連れ子を殺害してしまった。その後、屋内で寝ていた妻が大きな音で目を覚まし騒ぎ出したので、枕で顔を塞ぎ窒息死させてしまったと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5歳の養女に性的暴行を加えた72歳の米国人男を逮捕

 チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は18日夜半、5歳の養女に対する性的暴行容疑で72歳のアメリカ人の男を逮捕した。

 この逮捕は、養女の実母であるバービヤで働く21歳のタイ人女性が警察に被害届を提出した事により実現したもので、実母によると、ビーチ付近で娘と散歩中に声をかけてきた男にいきなり娘を養子にしたいとの話を持ちかけられ、当初は疑っていたものの、男の誠実な対応に心を打たれた両親や親戚の勧めを受け、娘の教育費や自分の住居費の面倒を見るという条件で今年5月に養子契約を締結したという。

 しかし、その後男が、定期的に娘を男の家に行かせるという当初の約束に満足できず、終いには娘を男の家に留め母親に会わせることを拒むようになった為、不審に思い17日に何とか娘に会うことが出来た際に娘に生活状況を聞いたところ、娘から毎晩の様に男に性器を触られたり、無理矢理男の性器を咥えさせられているとの証言が得られたことから、男に娘の返還を要求したが拒絶された為警察に告発したという。

 逮捕された男は警察の取り調べに対して一貫して容疑を否認しているが、警察側は、養女と実母の証言に一致する点が多いことから、実母の告発は事実に基づいたものであると見て、医療機関で養女の診察を行った上で、あらためて詳細な事情聴取を行う方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴走族が自警警察官に向け発砲した銃弾で通りがかりのドイツ人が軽傷

 18日3:00頃、チョンブリー県のパッタヤー地区内で、摘発から逃れ逃走中だった暴走族が追ってきた自警警察官に向け発砲した銃弾が、たまたま付近をバイクで通りかかったドイツ人男性(41)に命中し、男性が軽傷を負うという事件が発生した。

 調べによると、パトロール作業中に路上を暴走していた若者グループを発見した約10人の自警警察官が道路交通法違反容疑等で逮捕する為に若者グループを追っていた際に、グループ側が威嚇の為に自警警察官に向けて発砲した銃弾数発の内の一発がたまたま通りかかったドイツ人男性に命中したという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男であることに気付いた売春客から金銭等を強奪した立ちんぼのオカマを逮捕

 チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は18日2:00過ぎ、売春話にのってきたオマーン人男性旅行者から金銭等を強奪した容疑で22歳のニューハーフの男を逮捕した。

 調べによると、ホテルの室内でオマーン人男性が男がニューハーフであることに気付き男を部屋から追い出そうとした際に、男性が所持していた高級腕時計や現金等を強奪し逃走したという。

 当時男は露出度が高い女性ものの衣装にロングヘアのかつらを着用していたため、男性は、ホテルにチェックインするまで男が女性であると信じ込んでいたという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。