2008年07月25日

国内対立が最悪の事態に発展、ウドンで反連合派との衝突で連合関係者1人が死亡

 24日、民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は、同日午後ウドンターニー県県都内で発生した連合関係者と反連合派の衝突により、連合関係者1人が死亡し、重傷者8人前後(連合側発表、報道により3人)を含む20人前後が負傷を負うという事態が発生したことを受け、集会参加者の安全確保義務の遂行を怠ったチャルゥム内務大臣及びウドンターニー県県知事を刑事告発する方針を明らかにした。

 尚、同日21:00現在、ウドンターニー県の連合代表は死亡者の発生を確認していない。

 報道によると、パラン・プラチャーチョン党支持派系のコミュニティーラジオ等で動員された棍棒や鉄棒等で武装した約1,000人の反連合派が、集会会場内に設営されたテントや演台等を撤去する為に警備網を突破し会場内に突入した際に、無防備だった連合関係者との間で激しい衝突が発生した。また、反連合派の一部がなた状の刃物を所持していたとする報道もある。

 また、一部報道は、反連合派を率いていたのは、クワンチャイ・プライパナー氏と、ウドンターニー県選出下院議員で現在農業・協同組合副大臣の職にあるティーラチャイ・セーンケーオ氏の弟であるウタイ・セーンケーオ氏と報じている。

 ティーラチャイ氏に関しては、現職就任の背景にネーウィン・チットチョープ氏による働きかけがあったと指摘されていた他、タクシン政権時代にウドンターニー県内で発生した連合と親タクシン派との衝突の際には、マイクを持って親タクシン派住民を煽動している姿が目撃されていた。

 現在、バンコクと並行して地方での集会活動を行っている連合と反連合派との衝突が各地で発生しており、23日夕方には、サコーンナコン県内で何者かが演台に向けて投げた石が演説中だった元上院議員のガールン・サインガーム氏の頭部に命中し3針を縫う負傷を負い、また24日夜半には、ブリラム県の集会会場で衝突が発生し、警備に当たっていた警察官を含む複数人が負傷を負っている。

参考 (報道映像)
http://www.nationchannel.com/detailnews.php?newsid=584

上記映像の2:10過ぎ頃に、黒い服を着た男性に対して集団で暴行を働いている集団を一端制止しておきながら、集団を検挙しようとせず、男性が再度暴行を受け手いるにも拘わらず制止せずそのまま現場から立ち去っていく警察官の姿が映し出されています。また、タイPBSの放送で使用された映像では、集団暴行を受けていた男性が頭をかち割られた状態で連合関係者から介抱を受けている場面も映し出されていました。何れにしても、高学歴層と一部の良からぬ考えを持つ高学歴層に煽動された低学歴層との対立構造が顕在化した事件とも言えそうです。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア、二国間協議の再開に合意 - 国連要請を撤回

 サマック首相は24日、同日行われたカンボジアのフン・セン首相との電話協議で28日にカンボジアのシェムリエップ県内でカオプラウィハーン遺跡周辺の国境紛争地を巡った緊張状態の緩和に向けた二国間協議を行う事で合意に至ったことを明らかにした。

 先にカンボジア国内で総選挙が行われる27日以降に同国側が二国間協議の再開に応じる見通しであることを明らかにしていたサマック首相によると、28日に行われる二国間協議は外相レベルで行われる予定で、また、カンボジア側は国際連合安全保障理事会への緊急会合開催要請を撤回する意向を示していたという。

 これに先立ち、国際連合側は24日(タイ日付)行われた協議で、緊急会合開催の是非に関する判断を保留する決定を下していた。

同日付のバンコクポスト紙によると、この決定に先立ちASEAN外相会議に出席中のサハット副首相がサイドラインの場で主要常任理事国の外相に対して二国間協議による解決を目指すタイ側の方針に理解を得られるよう働きかけていたという。

参考
首相、カンボジアの総選挙終了後にカオプラウィハーン情勢は改善に向かう
タイ・カンボジア協議、大きな進展無く終了
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元同盟幹部、不敬罪発言の人物と同盟とは無関係

 元反独裁民主主義同盟幹部で民主活動家のウェーン・トーヂラーガーン氏は24日、旧同盟系組織が中心になりサナームルワンで連日行っている親政府・反民主主義市民連合派の集会の場で具体的な言質で不敬罪に該当する発言をしたとされるダーラニー・チャーンチュゥンシルパグン容疑者と同盟とは一切無関係であることを強調した上で、マスコミに対して社会に誤解を与えないために事実関係を充分に調べた上で報道するよう要請した。

 ウェーン氏によると、目標を一つにする複数の団体で構成された旧同盟及び現在の反独裁民主主義共闘一派内に於いてダーラニー容疑者の組織は一度たりとも同志として認められた事は無く、また、演台上での演説も同盟及び共闘一派とは無関係なものなのだという。

 この発言に先立ち、旧同盟幹部で親タクシン派テレビ局PTVの設立メンバーの1人でもあるナタウット政府副報道官は、同盟系組織は立憲君主体制の護持を基本において活動を展開している事を強調した上で、その基本方針とは異なる見解表明は同盟とは異にする見解であると語り、ダーラニー容疑者の発言が同盟系組織とは無関係なものであることを強調していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、首都圏警察本部前で抗議活動

 24日9:00過ぎ、民主主義市民連合のデモ隊が首都圏警察本部前の路上を占拠し、同日朝警察に出頭した幹部のソンティ・リムトーングン氏を激励すると共に、早期の仮釈放の要求及び警察側の恣意的な職務遂行に抗議する為の街頭活動を開始した。

 同日9:30迄に2,000人以上の連合関係者が活動に合流したものと見られている。

 ソンティ氏に対しては、不敬罪で逮捕され現在収監中の反連合派の通称ダー・トーピトーことダーラニー・チャーンチュゥンシルパグン容疑者の具体的な言質が伴う発言の内容を集会の場で話し流布した行為が不敬罪に該当するとして逮捕状が発行されていた。

 首都圏警察本部のアサウィン本部長によると、ダーラニー容疑者の集会での発言を放送したコミュニティーラジオ局等に対しても同様な罪状で摘発すべく捜査を進めているという。

 当初連合側は、ソンティ氏の仮釈放が実現するまで当地に留まり活動を継続させる方針を明らかにしていたが、最終的に、同日昼前までに警察側がカムヌーン・シッティサナーン氏の上院議員としての地位を保釈金代わりとしてソンティ氏の仮釈放を認めた事を受け平穏裏に散会している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで5時間に渡る銃撃戦、2人を射殺

 24日午後、ナラーティワート県ランゲ郡内で、当局側と分離主義組織関係者と見られる人数不明の一味との間で約5時間に渡る銃撃戦が発生し、この銃撃戦により一味側2人が死亡し、7人の身柄が拘束された。

 報道によると、武装した集団が潜伏しているとの通報に基づき私立イスラム教学校の摘発に着手しようとしていた当局側に向け最初の銃撃が発生し、その後、学校裏手のゴム農園に逃走した一味側と、ヘリコプターを動員して行方を追っていた当局側との間で約5時間に渡り散発的に銃撃戦が発生した。

 一味側は、付近の村内で行われる予定になっていた式典に出席する予定になっていたタノン副知事を襲撃する目的で私立イスラム教学校内に潜伏していたものと見られる。

 一方、24日16:00前、パッターニー県ヤッラン郡内で、帰宅の為にバイクで路上を走行中だった28歳の学校教師が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 また、同県コークポー郡内では、24日夕方過ぎ、バイクで路上を走行中だった43歳の郵便局職員が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。