2008年08月25日

首都圏有権者の46.2%が年内に総選挙がある

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、首都圏在住の有権者2,919人を対象に行った調査で、46.2%の回答者が年内に下院議員選出総選挙が行われると考えていると回答し、年内に選挙が行われないと回答した者が24.7%だったことが明らかになった。

 また、51.8%の回答者が次期総選挙でも不正が起こり得る、30.2%が票の売買が起こり得ると回答する一方で、21.1%の回答者が公正な選挙が行われる、16.2%が票の売買件数が減少すると回答した。

 更に、票の売買や不正を取り締まる手段に関しては、最も多い19.5%の回答者が常識を植え付けるための啓蒙活動をあげ、以下、選挙違反行為に対する罰則の強化(18.2%)、公務員中立義務の遵守状況の監視強化(17.7%)、広範囲に渡る監視の強化(14.6%)、国民の知識増進(13.0%)と続く結果になった。

 一方、仮に本日総選挙の投票が行われた場合に投票する政党を決めているかの質問に対しては、60%の回答者が、まだ公約もわからず、また、首相・閣僚候補の陣容も不明な段階である等の理由をあげ、投票する政党を決めていないと回答し、39%の回答者が既に投票する政党を決めていると回答した。

 また、政治情勢解決の為の最善な手段に関しては、最も多い38.7%の回答者が総選挙をあげ、以下、内閣改造(26.3%)、憲法改正(19.5%)と続く結果になった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、こいつ等が活動している限り正常化は実現しないと連合を非難

 サマック首相は24日放送された定例政見放送の中で、26日に内閣総退陣を求める為の大規模集会の開催を計画している民主主義市民連合が反政府活動を展開している限り正常化は実現しないと指摘した。

 この発言は、何故サマック首相が毎回放送の中で王室関連事項に言及するのかとの"一般"視聴者からの質問に対して、前政権(タクシン政権)が政権の座を追われたのは王室への敬意が足りなかったからであると指摘している民主主義市民連合に対抗する為に敢えて毎回言及するようにしていると答えた際に語られたもので、サマック首相は、連合側が過ちを犯した政府を一日たりとも存続させる訳にはいかないと主張し煽動している限りは正常化は実現しないと指摘した。

 また、連合側が新国会ビル建設による立ち退きに反対しているヨーティン・ブラナ校の学生に便乗する動きを見せている事に関しては、何故連合側が新国会ビルの建設に反対しているのか理解できないとした上で、立ち退きに反対してる学生に対しては、自らが直接建設計画の詳細について説明する方針である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、チャルゥムの息子への階級返還が不正調査対象になった事に不満たらたら

 サマック首相は24日放送された定例政見放送の中で、兼務する防衛大臣の立場でチャルゥム前内務大臣の三男のドゥワン・ユーバムルン氏へ陸軍少尉の階級返還を承認した事が国家汚職防止取締委員会内に設けられた専門調査委員会の調査対象になった事に強い不快感を示した。

 この発言は、国家汚職防止取締委員会が13日付けで ドゥワン氏に対して陸軍の階級を返還した事が防衛大臣としての職務遂行義務違反及び職権乱用に抵触する恐れがあるとして専門委員会を設置し調査を開始する旨を記した書状をサマック首相兼防衛大臣宛に送付した事を受けたもので、サマック首相は、防衛大臣として防衛省内の所定の手続きを経て回されてきた書類にサインをしただけであり、また、手続きには一切の曇りもない事を強調した上で、一体このサインのどこが違法なのか、この階級返還によりどの様な損害が国家にもたらされたのか同委員会側は明確に説明するべきであると訴えた。

 サマック首相によると、近々ドゥワン氏の父親のチャルゥム前内務大臣に対して、階級返還に至った経緯について国民に説明するよう要請する予定だという。

 ドゥワン氏は、ディスコ内で発生した警察官銃殺事件の容疑者として指名手配され、国外へ逃亡していた際に軍部により陸軍少尉の階級が剥奪されていた。また、問題の銃殺事件に関しては、証拠不十分であるとして無罪が確定していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党議員所有の車が衝突事故、運転手が死亡し8人が負傷

 24日2:00過ぎ、バンコクのバーンケーン区内のパホーンヨーティン通り上で、民主党所属ソンクラー県選出下院議員のプラポン・エーカウル氏所有のワンボックスカーと小型トラックの衝突事故が発生し、ワンボックスカーを運転していた下院議会警察委員会秘書官の男性が死亡し、同乗していたソンクラー県内のタンボン行政機構評議会議長の男性を含む男女6人及び小型トラックを運転していた陸軍中尉、バイクを運転中に事故に巻き込まれた男性の8人が負傷を負った。

 ワンボックスカー所有者のプラポン氏は同乗していなかった。

 警察側は、ワンボックスカーに乗車していた者全員が、ラームイントラー通り沿いの飲食店で酒を飲んでいたこと、また、突然車が反対車線に入り込んだとの証言が同乗者から得られていることから、酒気帯び運転中にハンドル操作を誤り事故を引き起こした可能性もあると見て事故原因の解明を進めていることを明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッサヌロークの草地で女子大生と恋人男性の他殺体

 23日朝、ピッサヌローク県ワントーン郡内の草地で、県内の大学に通う女子大生(22)とその恋人と思われる男性(29)が共に頭部等を銃で撃たれ殺害されているのが発見された。

 女子大生は大学の制服姿のままで殺害されており、また、恋人男性の近くにはは10錠のヤーバー錠が落ちていた。

 警察側は、2人が県都内にある女子大生の寄宿舎内の部屋にいた際に、何者かに拉致され現場となった草地で殺害されたとの見方を示した上で、悪霊の彫り物を入れていた男性の近くから麻薬が発見されていることから、男性が関係していた麻薬取引絡みのトラブルを解決する為に実行グループが男性を殺害し、後に顔を見られた女子大生を口封じの為に殺害したか、または、女子大生が以前付き合っていた恋人と別れ、金回りの良かった男性と付き合い始めていたことから、男女関係のもつれ絡みの殺害かの何れかと見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーで教師姉妹が銃殺

 24日午前、ヤッラー県ラーマン郡内で、32歳と25歳のイスラム教徒の教師姉妹がバイクの2人乗りで人通りが多い市場付近の路上を走行中に、バイクに乗った2人組に銃撃され姉妹とも死亡した。

 また、同郡内では、同日早朝、バイクで路上を走行中だった37歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡し、20日昼頃には、人数不明の一味がパッターニー県メーラーン郡内の38歳の村長が運転する車に向け銃を乱射し、村長が死亡した。死亡した村長は、ラーマン郡内にある愛人宅から帰宅の途上にあった。

 同県ヤッハー郡内では、22日早朝、ゴム農園に作業に向かう為にバイクで路上を走行中だった27歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され重傷を負った。

 パッターニー県県都内では、19日昼前、自宅前で調理中だった26歳の女性レンジャー部隊関係者が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。イスラム教徒でもある女性は、10月にレンジャー部隊員として正規に登用される予定になっていた。
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

51Kg級でタイに金、前回王者は惜しくも銀

 23日、北京オリンピック51Kh級ボクシングでタイのソムヂット・ヂョンヂョーホー選手が、キューバの選手を8-2で破り見事に今大会タイで2つめとなる金メダルを獲得した。

 一方、前回アテネオリンピックで見事に金メダルを獲得した64Kg級のマナット・ブンヂャムノン選手は、ドミニカの選手に4-12で破れ銀メダルを獲得したが、オリンピックで2つのメダルを獲得した初のタイ人選手となった。

* マナット選手は、タイ初の金メダリストであるソムラック・カムシン氏や周りからの忠告を聞かず、アテネで金メダル獲得で得た賞金を遊興費等で浪費したり、当時献身的に夫を支えてきた夫人との関係が冷え込んだりしたことで話題になっていたと思いました。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、26日7:00から大規模集会

 民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は23日午前、26日朝7:00から内閣退陣を要求する大規模な集会を開催する方針を再確認した。

 同少将によると、この大規模集会は連合側の声に耳を傾けない政府に対して国民の真の声を届ける事を目的として行われるもので、集会の一貫として1ヶ所以上に向けたデモ行進も計画されているが、行き先等に関しては別途幹部協議で決定される予定になっているという。

 尚、23日までに91日間に渡り継続して行われてきた集会活動そのものを終わらせる為に大規模集会を開催するとの憶測に関しては否定した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AOT、スワンナプーム空港第二期工事の建設計画を承認

 タイ空港社(AOT)理事長代行の背セーリーラット・プラスッターノン氏は23日、同社の理事会でスワンナプーム国際空港の第二期工事の建設計画が承認された事を明らかにした。

 この計画は、滑走路や誘導路、駐機施設、旅客ターミナルビル等の建設を包括したもので、建設コンサルタント会社への支出や騒音補償費用を含め700億バーツ強の予算を確保し、5-6年以内の完成を目指すというもの。

 一方、空港周辺の住民団体は同日、依然空港の騒音問題に対する明確な対策や住民に対する対応がとられていないとして、第二期工事計画の撤回を求める行政訴訟を提訴する方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

次期バンコク知事選、バンコク大の調査でもアピラック氏が優勢

 私立バンコク大学が行うクルンテープ・ポールが、バンコク在住の有権者1,795人を対象に16日から18日にかけて行った調査で、最も多い11.0%の回答者が次期バンコク知事選出選挙で現知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏に投票すると回答し、以下、ナッタゴン・テーワグン氏(3.3%)、チューウィット・ガモンウィシット氏(2.0%)と続く結果になっていた事が明らかになった。

 尚、77.3%の回答者が、まだ投票する候補者を決めていないと回答した。

 また、アピラック知事の4年間の職務成果に対する満足度を10ポイント満点で回答者から評価を行ってもらった結果、全体評価では、3年目に行われた際の5.19ポイントに対して5.51ポイントと評価を上げる結果になり、また、個別評価では、5.9ポイントをつけた環境・美化への取り組みに対する評価が最も高く、一方で、治安面への取り組みに対しては5.03ポイントとかろうじて合格点をつける結果になった。

 一方、アピラック知事就任後4年間のバンコク全体の変化に関しては、45.0%の回答者が改善した、34.4%の回答者が変わらないと回答し、また、最も満足できた政策成果に関しては、37.2%の回答者が環境・美化関連政策をあげ、44.0%の回答者が不満足な政策成果は無いと回答し、一方で、29.0%の回答者が交通問題関連の政策成果に不満足であると回答した。

 また、次期バンコク知事選出選挙の際に投票する候補者を選ぶ基準に関しては、政党別では、最も多い56.7%の回答者が特定政党に所属しない候補者と回答し、以下、民主党擁立候補(26.9%)、パラン・プラチャーチョン党擁立候補(7.7%)と続き、候補者個人の資質面に関しては、最も多い36.2%の回答者が清廉誠実な候補者と回答し、15.3%の回答者が忍耐強く勤勉で地域発展に寄与する決意を持った候補者と回答した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピラック知事、公正な選挙戦を約束する為に職務終了・辞職を決意

 今月28日付けでバンコク知事としての任期を満了するアピラック・ゴーサヨーティン氏は22日、正式に同日付を持って知事としての全ての職務を終了させ、29日付けで内務大臣に対して辞表を提出する考えである事を確認した上で、公正な知事選出選挙を実現させるために任期満了から次期知事が任命されるまでの期間に暫定知事として職務を継続させる考えが無いことを明らかにした。

 同知事によると、次期知事選出選挙で他候補と同じ立場で戦う為に、敢えて暫定知事として職務を継続させず、任期満了を持って内務大臣に辞表を提出する決意をしたという。

* 2005年の総選挙期間中に閣僚全員がタイ・ラック・タイ党のジャケットを着てチェンラーイで開かれた移動閣議に出席したりと、暫定首相・暫定内閣の優位性を悪用したインチキ臭い選挙戦を展開したタクシン政権やその体質を引きずっているサマック政権に対する皮肉も今回の動きに含まれているんでしょうね。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーロック連続爆破の実行グループを特定

 ナラーティワート県県警察本部のポンサック本部長は22日、前日夜半に同県スンガイ・ゴーロック郡中心部の郡警察署前付近で発生した連続爆破事件に絡んで、寄せられた通報や監視カメラ映像等から、当局側の取締対象になっていた人物が関与している疑いが濃くなった事を明らかにした。

 同本部長によると、不穏な計画があるとの情報や、ラマダン入り前の8月に大規模な破壊活動が毎年郡内で発生していた事を受け警戒を強化していた矢先に発生した連続爆破だったという。

 尚、22日昼までに、この連続爆破により、タイラット紙の記者及び現場検証作業の補助にあたっていた慈善団体関係者の2人が死亡し、重傷を負ったch9の記者や郡警察署長、郡次官を含む40人前後が負傷を負った事が確認されている。

報道映像
http://www.tv5.co.th/newss/tv5tv.php?transid=98487
(タイPBSのニュースでは二発目の爆発発生の瞬間の映像を放映していましたが、サイト上では映像を公開していないようです。)
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ゴーロックで連続爆破 - 新聞記者が死亡、ch9記者や警察署長、郡長等が負傷

 21日21:00(報道により21:30)過ぎ、ナラーティワート県スンガイゴーロック郡内で発生した2回に渡る連続爆破により、初期報道段階でタイラット紙の記者1人が死亡し、ch9の記者や郡警察署長、郡長等20人(報道により30人)前後が負傷を負った。負傷者の内ch9の記者は重傷だという。

 また、一部報道はこの爆発と前後して郡内全域に渡り停電が発生すると共に携帯電話が使用不能になったと伝えている。

 最初の爆発は郡庁前(報道により郡警察署とするものやレストラン前とするものも)に駐車してあったバイクから、二発目の爆発物は最初の地点から約50メートル離れた路上に駐車してあった車から発生したと見られ、最初の爆発では死傷者が確認されていないことから、最初の爆発により当局関係者や記者を現場におびき寄せた上で二発目の爆発物を起爆したものと見られる。

* 以上21日22:30迄に確認できた報道に基づく
posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピラック・バンコク知事、22日付で知事としての職務を事実上終了

 今月28日で任期を終えるバンコクのアピラック知事は21日、22日付で知事としての職務を全て終わらせ、28日の任期満了まで認められた権利を行使し休暇を取る考えであることを明らかにした。22日に正式にアナウンスされる予定。

 しかし、既に再選を目指し立候補を表明しているバンコク知事選で他候補の機先を制する意図を持って"休暇"に入るとの指摘は否定した。

 民主党は前党報道官でバンコクノーイ地区を地盤とするオンアート・クラームパイブーン氏を選挙対策本部長に任命している。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク住民の40.2%がアピラック知事の続投を支持

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、バンコク在住の有権者2,186人を対象に15日から20日にかけて次期バンコク知事選出選挙立候補予定者に対する支持率動向調査を行った結果、最も多い40.2%の回答者が現知事のアピラック・ゴーサヨーティン氏の続投を支持すると回答し、次いで15.7%の回答者が現在ニュースキャスターやコメンテーターとして活躍中の、プリディーヤトン前中銀総裁の息子のナッタゴン・テーワグン氏、11.3%の回答者が元チャート・タイ党副党首で前回の知事選で3位につけたチューウィット・ガモンウィシット氏を支持すると回答し、10.2%の回答者が、中選挙区制導入により下院議員選の擁立候補者選抜から漏れた事を契機に民主党から袂を分かったグリヤンサック・ヂャルゥンウォンサック氏やパラン・プラチャーチョン党幹部のプロートプラソップ・スラサワディー氏を始めとするその他の候補者を支持すると回答していた事が明らかになった。 

 尚、全体の22.6%の回答者が、まだ支持候補者を決めていないと回答していた。

 また、男女別の支持動向では、ローレックアピラック氏(女性43.0%、男性37.1%)及びナッタゴン氏(女性17.2%、男性14.0%)の上位2名何れもが女性が男性を上回った一方で、風俗ビジネス出身のチューウィット氏に関しては、男性回答者の15.1%、女性回答者の7.9%が支持すると回答し、男性が上回る結果になった。

 尚、男性回答者の23.5%、女性回答者の21.7%が、まだ支持候補者を決めていないと回答していた。

 更に、学歴別の支持動向では、アピラック氏を支持すると回答した者の内大卒未満者が41.5%だったのに対して大卒以上の回答者が28.2%に留まったのに対して、ナッタゴン氏及びチューウィット氏に関しては、大卒未満・大卒以上何れもほぼ同数が支持するという結果になった。また、まだ支持候補者を決めていないと回答した者に関しては大卒以上の回答者が大卒未満の回答者を上回る結果になった。

 一方、職業グループ別では、公務員・公社職員の内僅かに19.5%のみがアピラック氏を支持すると回答し、また、過去にパラン・プラチャーチョン党に票を投じた事がある回答者の内26.2%がナッタゴン氏、18.7%がアピラック氏、14.9%がチューウィット氏を支持すると回答していた。

* 桃色系ビジネスのバンコクからの一掃を公約に掲げると見られるナッタゴン氏と桃色ビジネス・タイクーンだったチューウィット氏との論争に期待が持てそうですね。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、元首相の外交旅券剥奪を求め外務省前で抗議活動

 21日午前、民主主義市民連合の関係者が外務省前に集まり、タクシン元首相夫妻に対して発行されているパスポートの剥奪等を求める抗議活動を展開した。

 今回の抗議活動は、タクシン元首相がイギリス政府に対して亡命を申請したと報じられたことを受け急遽前夜決定されたもので、連合側は外務省及びテート外務大臣に対して、己が関わる不正案件の裁判から逃れる為に国外に逃亡したタクシン元首相夫妻に発行された全ての種類のパスポートの剥奪処置を講じること、タイ・カンボジア共同声明が違憲であると判断した7月7日の憲法裁判所判決に則り、早急に共同声明及びかかる共同声明に関連した両国間の合意事項に対して無効措置を講じること、及びタイの主権を侵害するカオプラウィハーンの世界遺産登録に対する異議申し立てを世界遺産登録委員会に行うこと等を要求した。

 一方、タクシン元首相弁護団の1人で元タイ・ラック・タイ党法務担当幹部のウィチット・パランシーサグン氏は21日朝、タクシン元首相がイギリス政府に対して亡命を申請したという話を聞いておらず、また亡命申請はタイ国内の弁護団が関与することが出来ない事項であるとした上で、仮に事実であるとすれば、タイ国内の弁護団では無く国外の弁護団が亡命申請に関与しているとの考えを示した。

 尚、この発言に前後して、パラン・プラチャーチョン党所属議員のチャオワリン・シッティサックシリ氏が、タクシン元首相の亡命申請手続きが滞りなく終了した事を確認した他、同議員のスラポン・トーウィヂャックチャイヤグン氏等を中心とした同党所属議員が同日中にイギリス大使館に対してタクシン元首相の亡命申請を受理するよう要求する書状を提出する方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンドの室内で女子大生の他殺体が発見 - 恋人男性は川に飛び込み自殺

 首都圏警察本部プラカノーン署は21日、同日朝バンコクのプラカノーン区内にあるコンドミニアムの室内でバンコク大学4年課程に通う22歳の女性の他殺体が発見された事件に絡んで、同日昼前プット橋からチャオプラヤー橋に飛び込み搬送先の病院で死亡した女性の恋人の男性(37)が事件に関与していると見て捜査を展開している事を明らかにした。

 女性は、首を電気コードで絞められ殺害されていたもので、遺体の第一発見者でもある友人の女性(22)によると、同日朝8:00頃に殺害された女性の恋人男性から「今日は授業に出席できないと教授に伝えておいて欲しい」との電話があり、当日は絶対に授業を休むことが出来ないと応えたところ、不可解な言葉を発した後で電話を切った為、不審に思い女性の部屋に駆けつけたという。

 警察側は、友人の証言から女性が男性に別れ話を持ちかけていたことから、別れ話のもつれから男性が女性を殺害し、自らも川に飛び込み自殺を図ったとみて捜査を開始した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

元反クーデター派幹部のウィーラ氏に不敬罪で逮捕状

 刑事裁判所は20日、反クーデター派の反独裁民主主義同盟の元幹部で親タクシン系テレビ局PTVの創設メンバーの1人でもあるウィーラ・ムシクポン氏に対して不敬罪容疑での逮捕状の発行を許可する決定を下した。

 2007年5月6日にバンコクのサナームルワンで行われた集会でのウィーラ氏の発言が国王夫妻を始めとする王室を冒涜したものであるとして首都圏警察本部チャナソンクラーム署が逮捕状の発行を申請していた。

 現在ウィーラ氏は、政府広報局系のNBT(ch11)で、反政府派・野党を攻撃する目的で放映されている「今日の真相」(クワーム・ヂン・ワンニー)で番組進行役を務めており、また、民主党幹事長だった1992年には、第一次チュワン内閣成立後最初に開かれた下院議会で真っ先にサマック現首相から不敬罪疑惑を追求されたことでも知られている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシンが自分の指名手配書の写真をいじった連合を名誉毀損で刑事告発

 20日、タクシン元首相は、警察が発行したタクシン元首相夫妻に対する指名手配書の写真等を民主主義市民連合側が改変した事により名誉を傷つけられたとして、顧問弁護士に対して刑事告発するよう指示した。

 顧問弁護士のワチャラ・セーンプラトゥム氏によると、同日中に首都圏警察本部ドゥシット署に対して名誉毀損及び公文書の改変公開で連合幹部5人を刑事告発する予定だという。

 また、国家警察本部側がタクシン首相夫妻に対する指名手配書を独自に発行し全国の警察に配布した行為が職権を逸脱したものであるとして、同本部を相手取り、職務遂行義務違反で提訴する方向で検討を進めているという。

 尚、タクシン元首相は、タイ国内で公正な裁判が約束されていない事を国外逃亡の主な理由に掲げていたのは周知の通り。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーウィット内務大臣、意思に反してクーデターを支持せざるを得なかった

 2006年9月19日のクーデター発生当時の国軍最高司令官で退官まで国家安全保障評議会最高顧問のポストにあった、パラン・プラチャーチョン党副党首のルゥワンロート・マハーサーノン大将は20日、クーデター発生当時国家警察本部長だったゴーウィット内務大臣は、本人の意思に反してクーデターに参画せざるを得ない環境下に置かれていたとの考えを示した。

 この発言は、クーデター発生後に国家安全保障評議会議員に名を連ねていたゴーウィット内務大臣が同日、自らはクーデターを一切支持していなかったとした上で、クーデターを実行した軍側の支持に従わなかった場合、警察側が戦力面で勝る軍側の銃口に晒される恐れがあった為軍側に従わざるを得なかった事を明らかにすると共に、心密かに政府の成果に期待を寄せている層や実業界、工業界が一丸となって意見を表明すれば、自ずと情勢の悪化を意図している者が駆逐される事になるとの考えを示した事を受けたもの。

 このゴーウィット内務大臣の発言に対してルゥワンロート副党首は、自らも本心に反してクーデターを支持せざるを得ない環境下に置かれていた事を認めた上で、仮に警察側がクーデター勢力の支持に従わなかった場合は、警察側が軍側の銃口に晒される事になるおそれがあったとしたゴーウィット内務大臣の発言は事実に基づいたものであるとの考えを示した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。