2008年08月20日

最高行政裁、新宝くじ3閣僚の職務停止を求めた仮処分申請を却下

 最高行政裁判所は19日夕方、民主主義市民連合が提出していたタクシン政権時代に新宝くじの導入を決定した内閣に名を連ねていた現3閣僚に対する職務停止を求めた仮処分申請を同裁判所の裁量権の範囲を超えるものであるとして却下し、中央行政裁判所に仮処分申請を回し判断を委ねる決定を下した。

 この仮処分申請は、先に最高裁判所側が政府宝くじ局法の規定に反して2桁及び3桁の数字をあてる新型宝くじの導入を決定たタクシン政権時代の内閣メンバーを相手取った国家毀損行為調査特別委員会(資産調査特別委員会)の訴訟の受理を決定した事を受け、職務継続の是非が問われていたスラポン副首相兼財務大臣、ウライワン労働大臣(プラチャラート党)及びアヌラック副運輸大臣(チャート・タイ党)の3閣僚を相手取り民主主義市民連合が提出していたもの。

 この決定に先立つ同日午前、政府の法律諮問機関である国家法制委員会は、委員長を含む6人の委員の内5人が新宝くじの導入を決定したタクシン政権時代の内閣と現在の内閣は別物であるとして3閣僚何れも職務継続が可能であるとの判断を下していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しい政府、国外逃亡実刑大物政治家の素行不良息子を副秘書官長に据える

 マン副首相兼情報通信技術大臣(プゥア・ペーンディン党副党首)は19日、同日開かれた閣議で、昨日最高裁判所政治家刑事部から10年の実刑判決が下された、現在国外逃亡中のプゥア・ペーンディン党最高顧問のワッタナー・アサワヘーム氏の息子のチョンサワット・アサワヘーム氏を首相付き副秘書官長に据える人事が決定された事を明らかにしていた。

 チョンサワット氏は、パークナームのゴッドファーザーの異名を持つ元内務副大臣の父親の威光をかさに度々暴力事件等を引き起こしていたことで知られ、サムットプラーガーン県県都自治体の首長だった時代には、飲酒運転の検問所を強行突破し、追跡してきた警察官に暴行を振るうという事件を引き起こしていた。

 また、マンマン副首相兼情報通信技術大臣は、プゥア・ペーンディン党の主要な資金源とされるワッタナー氏系の会派に所属している。

 尚、ネーション紙系の英字速報が、チョンサワット氏がマン大臣付きの副秘書官に任命されたと報じているが、複数のタイ字報道を確認した限りでは誤報と見られる。

* 2000年4月頃に大物灰色政治家政党「セーリー・ラサドン党」の結党に動いたネーウィン、ラキアット、ワッタナーの内、タクシン側につかなかったラキアットとワッタナーには何れも実刑判決が下されていますね。尚、この結党話は「利害の衝突」で御破算になるという落ちまでついていました。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、パラン党解党判断を求める憲法裁提訴の是非に関する判断を延期

 選挙委員会は19日、同日予定されていたパラン・プラチャーチョン党の解党を求めた憲法裁判所への提訴の是非に関する判断を9月2日に延期した事を明らかにした。

 この延期措置は、パラン・プラチャーチョン党の解党の是非について判断する為の資料が不十分であると判断された事を受けたもので、選挙委員会側は、26日にあらためて真相解明分科委員会側に対するヒアリングを行った上で、9月2日に憲法裁判所への提訴の是非に関する判断を行うとしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、元首相の送還を求め英国大使館前で抗議活動

 19日10:00過ぎ、民主主義市民連合関係者がイギリス大使館前に集まり、現在同国に逃亡中のタクシン元首相夫妻の送還を要求する抗議活動を展開すると共に、要求書を同大使館関係者に手渡した。

 同日昼過ぎに平穏裏に散会するまでに5,000人以上の関係者がこの抗議活動に合流したものと見られる。

 尚、民主主義市民連合は、ギアック・グラーイ地区への国会ビル移転に反対する為に、22日に新国会ビル建設開始に伴う立ち退きに反対を表明しているヨーティンブラナ校前で抗議活動を展開する方針を確認している。

参考
「逃亡は亡命ではない。タクシン・チナワットは犯罪者、亡命者ではない。」と日本語で書かれたプラカードを掲げて行進する人。
http://pics.manager.co.th/ShowImage.html?Image=%2fImages%2f551000010580512.JPEG&Width=500&Height=334
同「タクシンは国を利用した」
http://pics.manager.co.th/ShowImage.html?Image=%2fImages%2f551000010577311.JPEG&Width=500&Height=334

おまけ
英国大使館前でちゃっかりGet Backを歌ったプゥア・チーウィット系バンドのスースー with トゥア・サランユー + スカンヤー・ミゲール
http://www.manager.co.th/asp-bin/Image.aspx?ID=551000010577421
http://pics.manager.co.th/ShowImage.html?Image=%2fImages%2f551000010577310.JPEG&Width=300&Height=450
http://pics.manager.co.th/ShowImage.html?Image=%2fImages%2f551000010577308.JPEG&Width=300&Height=450
http://pics.manager.co.th/ShowImage.html?Image=%2fImages%2f551000010577404.JPEG&Width=500&Height=334
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。