2008年08月24日

51Kg級でタイに金、前回王者は惜しくも銀

 23日、北京オリンピック51Kh級ボクシングでタイのソムヂット・ヂョンヂョーホー選手が、キューバの選手を8-2で破り見事に今大会タイで2つめとなる金メダルを獲得した。

 一方、前回アテネオリンピックで見事に金メダルを獲得した64Kg級のマナット・ブンヂャムノン選手は、ドミニカの選手に4-12で破れ銀メダルを獲得したが、オリンピックで2つのメダルを獲得した初のタイ人選手となった。

* マナット選手は、タイ初の金メダリストであるソムラック・カムシン氏や周りからの忠告を聞かず、アテネで金メダル獲得で得た賞金を遊興費等で浪費したり、当時献身的に夫を支えてきた夫人との関係が冷え込んだりしたことで話題になっていたと思いました。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、26日7:00から大規模集会

 民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は23日午前、26日朝7:00から内閣退陣を要求する大規模な集会を開催する方針を再確認した。

 同少将によると、この大規模集会は連合側の声に耳を傾けない政府に対して国民の真の声を届ける事を目的として行われるもので、集会の一貫として1ヶ所以上に向けたデモ行進も計画されているが、行き先等に関しては別途幹部協議で決定される予定になっているという。

 尚、23日までに91日間に渡り継続して行われてきた集会活動そのものを終わらせる為に大規模集会を開催するとの憶測に関しては否定した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AOT、スワンナプーム空港第二期工事の建設計画を承認

 タイ空港社(AOT)理事長代行の背セーリーラット・プラスッターノン氏は23日、同社の理事会でスワンナプーム国際空港の第二期工事の建設計画が承認された事を明らかにした。

 この計画は、滑走路や誘導路、駐機施設、旅客ターミナルビル等の建設を包括したもので、建設コンサルタント会社への支出や騒音補償費用を含め700億バーツ強の予算を確保し、5-6年以内の完成を目指すというもの。

 一方、空港周辺の住民団体は同日、依然空港の騒音問題に対する明確な対策や住民に対する対応がとられていないとして、第二期工事計画の撤回を求める行政訴訟を提訴する方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。