2008年08月31日

連立6党、首相続投・議会解散に反対で合意 - 反連合派は国会を激励訪問

 パラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は30日22:00、同日バンコクのホテルで開かれた連立6党の合同協議で、首相の続投支持、議会解散に反対及び国家の利益の為になる政策を継続させる為に引きつづき連立6党が政権運用を続ける事で合意に至った事を明らかにした。

 当初、サマック首相が6党の合同協議を招集したと伝えられていたが、同首相は出席していなかった模様。

 スラポン幹事長によると、この協議はあくまで31日に開かれる臨時上下院合同議会に向けた打ち合わせの為に招集されたもので、席上で挙国一致内閣設立や非常事態令発令の是非に関しては一切議題に上らなかったという。

 一方、親政府・反連合の反独裁民主主義同盟は30日、サナームルワンで開催された集会の場で、31日に臨時上下院合同議会に出席するサマック首相を激励する為に国会ビル前に集合する方針を明らかにした。

 一部報道は、この国会ビル訪問の前後何れかに、民主主義市民連合が集会活動を展開している首相官邸及びマカワーン・ランサン橋手前に近いラーマ5世像前に集合をかける可能性があると指摘している。

 同日開かれた集会には、ウィラ・ムシックポン氏の他、反政府を標榜する市民集会に幹部として参加している民主党所属下院議員のソムギアット・ポンパイブーン氏を下院議会の場で攻撃しているナタウット政府副報道官やパラン・プラチャーチョン党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏らが演台上で演説を行った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合がスラーの空港を封鎖 - 同路線の運休を決定

 スラーッターニー県の民主主義市民連合傘下団体の関係者は30日午後、スラーッターニー空港を封鎖し集会活動を開始した。

 これを受け、タイ国際空港は同日夕方までに乗客の安全確保の為に同空港を利用する路線の運休を決定した。

 尚、同日夕方現在、連合関係者による空港施設内部への侵入は確認されていない。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名占い師、首相は既に徳を喪失 - 後任に徳がある元官僚

 先のクーデター勢力に信奉者が多いことで知られる有名占い師のワーリン・ブワウィラットルゥト氏は30日、9月中に情勢は挙国一致政府のもとで正常化に向かい出すと共に民主主義市民連合の蜂起による情勢激化が血の5月の様な最悪な状況にまで発展する事が無いとの見通しを示した。

 また、挙国一致政府の指導者には、全ての層から受け入れられる徳があり国家の為に己を犠牲に出来る元官僚が就くとの見通しを示した。尚、軍も官僚に含まれるかとの記者団からの質問に対しては、軍も官僚であると答えている。

 一方、サマック首相に関しては、既に首相として己を支えてき徳が尽き、新たに徳を積むには遅きに失している段階にあると指摘した上で、話し合い、理解の共有に努める以外に首相がとれる道は無いと指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、謁見適わず30日夕方に王宮再訪 - 辞職は否定

 サマック首相は30日午後、同日夕方に現在の情勢を奏上する為に国王に謁見する予定になっている事を明らかにすると共に、法に則り選ばれた首相として法に則り辞職するとした上で、辞職することは一切考えていない事を明らかにした。

 同日朝の時点で、政府筋からサマック首相が国王に謁見し情勢に関して奏上したとの情報がもたらされていたことから、同日朝の時点では国王との謁見が実現していなかったものと見られている。

 また、サマック首相は、民主主義市民連合に対して過激な手段に依らない対策を講じる方針を再確認した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、ASTV前に迎撃要員を派遣

 民主主義市民連合は昼過ぎ、反連合派が人員を動員して連合幹部のソンティ・リムトーングン氏系のプーヂャッガーン紙やASTVが入居しているプラアーティット・ビルの封鎖行動に向けた準備を進めているとして、約2,000人の志願者を募り同ビル前に派遣した。

 これに先立つ同日午前、旧反独裁民主主義同盟傘下団体を中心にした親政府・反連合派関係者約200人がサナームルワンに集まり演台を設置すると共に連合に対する厳格な取り締まりを要求する為の署名活動を開始していた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相の国王謁見に内相や陸軍司令官が同席

 30日昼過ぎのタイPBSのニュースが、同日朝行われたサマック首相の国王謁見にゴーウィット副大臣兼内務大臣やアヌポン陸軍司令官が同席したと報じた。

 尚、首相一行は同日10:00頃、バンコクに帰着している事が確認されている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリントン王女が情勢に懸念、緊急対応体制を整えるよう赤十字に指示

 30日、シリントン王女は民主主義市民連合と警察との衝突により多数の負傷者が発生した事に強い懸念を表明された上で、タイ赤十字社に対して衝突の再発に備え緊急対応体制を整えておくように指示された。

 これを受けタイ赤十字社側は、緊急時の連絡・救急医療体制を整えると共に首相官邸脇のカマイマルチェート橋脇に医療チームと救急用車両を待機させ緊急時に備える方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。