2008年09月04日

民裁上訴法廷、官邸退去を命じた仮処分の破棄決定は有効

 民事裁判所上訴法廷は、首相官邸を占拠している民主主義市民連合に対して即時退去を命じた仮処分の破棄決定の取り消しを求めて首相秘書官房が提出していた再抗告を棄却する決定を下した。

 この決定により、連合に対して首相官邸やマカワーン・ランサン橋手前の路上からの即時退去及び周辺の道路の完全開放を命じた仮処分命令の破棄が確定した。

 尚、首相秘書官房が首相官邸の明け渡しを求め民事裁判所に提訴していた訴訟の判決公判は17日9:00に開かれる予定。
posted by Jean T. at 23:28| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合学生部会、6日にマカワーン橋側で大規模集会

 民主主義市民連合青年救国ネットワーク(Young PAD Group)の代表は4日夕方、6日18:00からマカワーン・ランサン橋手前の集会場で大規模集会を開催する方針を明らかにした上で、全国の学生同志に参集を呼びかけた。

 これまでに、首都圏のほぼ全ての大学を始めチェンマイやコーンケーン、ナコン・シー・タンマラート、ソンクラー県等にある主要な大学に通う学生が民主主義市民連合への合流を宣言している。
posted by Jean T. at 22:53| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟が突然集会活動を停止

 4日、親政府派の反独裁民主主義同盟が活動を停止した事が確認された。サムットプラーガーン県内の集会場に設営された常設ステージも既に撤去されているという。

 同盟関係者は、正常化を推進させると共に民主主義市民連合側に対して活動方針を見直す機会を与える為に全国的に活動を停止させた事を確認した上で、今後も連合が集会を続行し国内を混乱させるような事があれば活動を再開させる方針であるとした。

 また、パラン・プラチャーチョン党所属下院議員が同盟の活動を支援していると指摘されている事に関しては、事実ではないと否定した。
posted by Jean T. at 22:01| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、己への支持・不支持を問う国民投票は違憲

 選挙委員会のスッティポン事務局長は4日、政府が進める政府続投・民主主義市民連合の集会継続の是非を問う国民投票は憲法の条項に違反すると指摘した。

 同事務局長によると、憲法165条で禁止されている特定の個人や集団に対する支持・不支持を問う国民投票に該当するという。
posted by Jean T. at 19:52| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、集会参加者の官邸への入場を規制 - 官邸そのものの占拠は問題なし

 サマック首相は4日14:00過ぎからMCOT系のFM局で放送された番組の中で、警察に対して非常事態令に基づき民主主義市民連合が占拠している首相官邸を包囲し、官邸内で開かれている集会への参加者を3,000人にまで抑え込む為に入場規制を敷くよう指示する方針を明らかにしたが、国民投票実施までの約1ヶ月間の周知期間中の連合による官邸の占拠に関しては問題ないとの考えを示した。

 サマック首相によると、連合による反政府活動はタクシン元首相に対する憎悪に由来しているという。

 また、タクシン元首相の外交パスポート剥奪問題に関しては、一端は判断を忌諱して首相に判断を委ねていた外務省次官に対して、自らの裁量で剥奪の是非に関して判断するよう指示した事を明らかにした。

 更に、サマック首相は、自らが出演していた料理番組に絡んで憲法裁判所から首相欠格と判断された場合は辞任する用意がある事を明らかにした。
posted by Jean T. at 18:26| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、国民の二手に別れた対立を助長するとして国民投票に反対

 野党(民主党)国家対策委員会のサーティット委員長は、国民の二極化を助長し二手に分かれた対立を煽るものであるとして、同日政府が決定した政府続投・民主主義市民連合の集会継続の是非を問う国民投票の実施に反対する意向を表明した。

 一方、民間選挙監視団体P-Netのチェンマイ支部は、選挙票への動向を意識した政治家による票買収の為の手段として利用され、国民投票本来の趣旨がおざなりにされる恐れがあるとして、国民投票の実施に反対する意向を表明した。
posted by Jean T. at 17:21| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、政府・連合への支持を問う為の国民投票を実施する事で合意

 政府は4日開かれた特別閣議の席上で政府の職務継続の是非、民主主義市民連合による集会活動継続の是非を国民に問うために国民投票を実施する事で合意に至った。

 これは、ソムサック文化大臣が閣議後に明らかにしたもので、今後国家法制委員会が国民投票実施に向けた法整備に取りかかる見通し。

 先に開かれた臨時上下院合同議会の場で、パラン・プラチャーチョン党や連立政党に所属する議員から国民投票により政府や民主主義市民連合に対する国民の意見を聞くべきであるとの提案が為されていた。

 また、特別閣議では、非常事態令の発令に伴いアヌポン陸軍司令官を本部長とする非常事態令対策本部を設置する方針を確認した。

 尚、14:00過ぎから放送されている首相出演の番組は、ウィーラ・ティーラパット氏とのトーク形式でMCOTのFM局96.5Mhzから放送されている。
posted by Jean T. at 15:37| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、特別閣議を招集 - 14:00に再度特別放送

 4日朝に放送された特別放送の最後に「自分が辞職を発表すると信じていた人達に謝罪させてもらいたい」と発言し余裕を見せていたサマック首相が、同日10:30に特別閣議を招集したことが確認された。

 報道によると、同日14:00に再度"特別放送"の中で状況の報告があるという。
posted by Jean T. at 12:43| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、徹底抗戦を再々確認

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は、4日朝放送されたサマック首相の特別放送終了後に首相官邸内に設営されたステージ上に立ち、徹底抗戦の方針を再確認すると共に、国民や友党から辞任を迫られているサマック首相自身が直ちに辞職するべきであると指摘した。

 更にソンティ氏は、これまでに10回に渡り国王に謁見してきたとするサマック首相の発言を嘘であると決めつけた上で、同首相は、ヂャクラポップ・ペーンケー氏やウェブ・サイトを利用した不敬発言に対する対応をとらない一方で、己の利益の為に王室の名を利用していると非難した。
posted by Jean T. at 12:08| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロータス・パークチョーン店内で爆発

 4日0:00頃、ナコンラーチャーシーマー県パークチョーン郡内にあるロータス・パークチョン店内で爆発が発生し、店内に陳列されていた商品等に被害をもたらした。人的な被害は確認されていない。

 TNTを使用した時限発火式の爆発物が使用されたと見られる。

 警察側は、捜査中であるとして爆発の背後関係について言明を避けた。
posted by Jean T. at 11:55| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、まもなく軍が連合の排除に - 強硬手段は否定

 サマック首相は4日朝放送された特別放送の中で、首相官邸を占拠している民主主義市民連合がまもなく軍により排除される見通しである事を明らかにした。

 しかし、強硬手段を講じる可能性を否定すると共に平穏な手段を旨とする軍側の方針を理解し支持していると語った。
posted by Jean T. at 11:44| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予備ページと並行更新を行っております

 現在のタイ国内情勢に鑑み、Seesaaで公開している本ページの更新が出来ない等の万が一のケースの発生に備えGoogle Docsを利用した予備ページを設け本ページと並行して更新を行っております。

 以下のアドレスからアクセスできますので、本ページと並行して予備ページの方でも更新状況をご確認いただければ幸いです。

http://docs.google.com/View?docid=dc5pvprz_12wcwvkqdz
posted by Jean T. at 11:26| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(更新) 首相、辞職せず - 連合を非難

 サマック首相は4日7:30に政府広報局のFM放送の電波を利用して全国に放送された特別番組の中で、辞職をする考えが無いことを再々確認すると共に、非常事態令を無視し首相官邸の占拠を続けている民主主義市民連合を法を尊重しない集団であると非難した。

 更にサマック首相は、連合に好意的な有識者に対して、果たして連合側が主張している「新政治構想」が「民主主義」より優れているものなのか明確な見解を述べるべきであると指摘した。

 また、サマック首相は、外務大臣の辞職を確認した。周囲からの突き上げが辞職の背景にあり、政府との間では良好な関係を保っていたという。

 番組の冒頭でサマック首相は、この放送は特別番組という性格のものではなく、定例政見放送に類するものであると説明していた。
posted by Jean T. at 09:56| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、4日朝7:30から特別放送 - 辞任発表の憶測も

 サマック首相が4日7:30に政府広報局系のFM局92.5Mhz及びテレビ局NTBで放送される特別放送の中で情勢に関して報告をする予定になっている事が明らかになった。

 一部報道はインタビュー形式で放送されると報じている。

 特別放送の詳細に関しては明らかにされていないが、一部では、辞任を発表するのでは無いかとの憶測も広がっている。
posted by Jean T. at 02:08| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、民主党本部を占拠すると宣言

 反独裁民主主義同盟は3日開かれた集会の場で、民主主義市民連合が首相官邸を占拠しているのに対抗して人員を動員して近日中に民主党本部の占拠行動に乗り出すと宣言した。

 尚、具体的な決行日については明らかにされていない。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世論調査では非常事態令への支持・不支持はほぼ同数

 私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、2日朝にバンコクを対象に非常事態令が発令された事を受け全国16県内在住の3,083人の有権者を対象に2日から3日にかけて行った調査で、50.8%の回答者が非常事態令の発令を支持すると回答し、49.2%の回答者が発令を支持しないと回答していた事が明らかになった。

 また、支持すると回答した者の多くが、早期の情勢改善に繋がる、衝突を阻止できる等を支持する理由にあげ、支持しないと回答した者の多くが、まず政府側が問題を解決できなかった事に対して責任を示すべき、経済に深刻な影響を与える等の理由をあげでいた。

 一方、仮に政変が発生した場合の効果に関しては、最も多い47.2%の回答者が早期の情勢改善、抗議活動が収まる事に繋がると回答し、次いで22.8%の回答者が衝突や最悪な事態への発展の抑止に繋がると回答し、一方で、負の効果に関しては、最も多い59.4%の回答者が対外信用の失墜に繋がると回答し、次いで57.5%の回答者が経済危機に繋がる、50.9%の回答者が民主主義を失墜させると回答し、更に67.2%が政変は正より負の効果をより多くもたらすと回答し、負より正の公開をより多くもたらすと回答した者は32.8%に留まった。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デート外務大臣が辞職?

 3日19:00代のタイPBSのニュースによると、約1ヶ月半前に外務大臣に就任したデート・ブンナーク氏が2日付で辞表を提出した模様。

 非常事態令の発令やカオプラウィハーンを巡るカンボジアとの関係改善に対する政府側の取り組みに前向きな姿勢が見られない事に対する不満が辞職の背景にあると見られている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、パラン党議員が衝突に関与した疑惑に関する調査を要請

 野党(民主党)国会対策委員会のサーティット委員長は3日午後、パラン・プラチャーチョン党所属の複数の議員や大臣が、2日未明に発生し死亡者1人と多数の負傷者を出した親政府派の反独裁民主主語同盟と反政府派の民主主義市民連合との衝突を煽動した疑惑に関する調査をチャイ下院議長に要請すると共に、疑惑を裏付ける証拠等をまとめた書類を同議長宛に提出した。

 これに先立ち、同日開かれた下院議会の場で民主党のアピシット党首が、パラン・プラチャーチョン党所属下院議員や大臣が衝突の煽動に関与していた事を裏付ける証拠がある事を明らかにした上で、チャイ下院議長に対して真相解明委員会を組織し事実関係の解明をすすめるよう要請していた。

 先に発生した衝突で、ウドンターニー県選出のパラン・プラチャーチョン党所属下院議員が重傷を負い病院に搬送されていた事が確認されているが、本人はたまたま支持者のもとを訪れていた際に衝突に巻き込まれたと主張しているという。

 また、衝突により死亡した50歳台の男性は、これまでの調べで反独裁民主主義市民同盟のデモ隊に参加していた事が確認されているが、同盟内では挨拶する程度でしか男性を知っている者がおらず、また遺体を引き取った親戚の女性によると、男性が、出身地のナコンラチャシーマー県内で生活していた頃から各種デモに参加していたことと、職を転々としながら日々生活の糧を得ていたことぐらいしか男性の事を知らないと語っていたという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBC不正融資事件、当時の頭取に35年の刑

 1996年に特定の企業に対する40億バーツにも昇る不正融資により銀行を破綻に追い込んだとして起訴されていた当時バンコク商業銀行(BBC)の頭取だったグルックギアット・チャーリーヂャン被告に対する判決公判が刑事裁判所で開かれ、裁判所側は有罪と認め35年の禁固及び40億バーツの罰金の支払いを命じる判決を言い渡した。

 問題となった事件は、当時のバンハーン政権を揺るがす一大スキャンダルとなり、この事件に連座して当時財務大臣だったスラギアット・サティヤンンラタイ氏(元外務大臣)が解任された他、当時グループ16会派を率いていたネーウィン・チットチョープ氏や元下院副議長のスチャート・タンヂャルゥン氏等の疑惑への関与が指摘されていた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸軍司令官は非常事態令の本旨を理解していないと同盟系議員がNBTの番組の中で

 反独裁民主主義同盟元幹部のウィーラ・ムシックポン氏や同元幹部でパラン・プラチャーチョン党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏、ナタウット・サイグゥア氏(政府副報道官)は2日放送されたNBTの番組の中で、アヌポン陸軍司令官が首相官邸を占拠している民主主義市民連合に対して強制排除等の強硬手段を講じる考えが無いことを明らかにした事に対して強い不快感を示した上で、同司令官は非常事態令の本旨を理解していないと言い切った。

 3人が出演している番組は、政府擁護・反政府派や野党を批判する事を意図してサマック首相の肝いりで放映が開始された「今日の真相」という番組で、3人は、アヌポン陸軍司令官が両極から偏向報道を展開しているNBTと連合系のASTVが情勢激化の一要因となっていると指摘した上で、両局に対して何らかの措置を講じる方針を明らかにした事に対しても不快感を示した上で、即刻ASTVの放送の遮断に乗り出すべきであると指摘した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AOT労組、利用客への影響を考慮し通常業務に就く方針を確認

 タイ空港社(AOT)の労働組合は3日昼前、管轄下の6空港内に於ける業務を通常通り行う方針を確認した。

 同社が管轄する空港は、スワンナプーム、ドーンムァン、チェンマイ、ハート・ヤイ、プーケット及びチェンラーイの6空港で、労働組合側によると、この決定は国民生活への影響を最小限に留める事を念頭に一斉怠業に入るとする公社労働組合連合の方針に則り利用客や公共への影響を考慮し決定されたものだという。

 一方、3日午前、パイロットが休暇を取った影響でバンコクに向けピッサヌローク空港を離陸する予定だったタイ国際航空1161便が欠航するという事態になった。

 搭乗予定の乗客の中にはピッサヌローク県選出のパラン・プラチャーチョン党所属議員の姿も見られたという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、チュムポーンの県庁舎を占拠

 チュムポーン県の民主主義市民連合傘下団体は3日8:00過ぎまでに同県の県庁舎を占拠した。

 一方、同日昼前現在連合によるソンクラー県のハート・ヤイ空港前の路上及びプーケット県の県庁舎の占拠行動は前日から継続して行われている。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察、連合の集会地を包囲

 警察は3日10:00頃までに、民主主義市民連合が座り込み集会を展開している首相官邸及びマカワーン・ランサン橋手前の路上の包囲を完了した模様。警察側は、集会参加者の安全確保の為の措置と説明している。

 これに先立ち連合のソムサック・ゴーサイスック氏は同日8:00過ぎ、警察側が車両等を使用し集会地を包囲し強制排除に乗り出す恐れがあると集会参加者等に警告していたが、同日昼前現在衝突の発生は伝えられていない。

 一方、公社系労働組合による一斉ストは依然足並みが揃っておらず、同日昼前現在電気や水道、国際電話通信等の遮断行動は確認されていない。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、兵糧責めが最善の解決策 CNNのインタビューで

 サマック首相は2日、CNNとのインタビューの中で、首相官邸を包囲し内部への入場を厳格に規制する事が、現在官邸を占拠している民主主義市民連合に対する最善の解決策になるとの考えを示した。

 しかし、強硬手段に出る可能性に関しては、平穏を旨として解決に取り組む政府の方針を再確認した上で、あり得ないとした。

 また、軍と政府の関係に関しては、先に行われた"完璧"な軍幹部定期人事により良好な関係を確保できたと確信しているとした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、どさくさに紛れNGVバスのリース計画を閣議承認

 政府は非常事態令が発令された2日に開かれた閣議で、利益供与疑惑が指摘されているNGVバス4,000台のバンコク大量輸送公社へのリース計画を承認した。

 当初6,000台の最新型NGVバスを政府側が調達し、それをバンコク大量輸送公社にリースする計画だったが、最終的に4,000台の調達、一台あたり一日5,100バーツのリースで決着がついた。

 この計画に関しては、政権内外から特定の政治勢力への利益供与疑惑が指摘されており、これまで度々閣議にかけられる度に一部閣僚の反対で承認が見合わされてきた。

 また、パラン・プラチャーチョン党内の反ネーウィン派の会派が一時期、利益供与疑惑の調査を進め国家汚職防止取締委員会に提訴する方針を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。