2008年09月09日

連合、首相失職に関係なく今後も官邸内での集会活動を継続

 民主主義市民連合は9日午後、サマック首相が憲法裁判所の判決により失職した後も首相官邸内で展開されている座り込み集会活動を継続させる方針を明らかにした。

 連合側によると、現在の政府そのものが無くならない限り集会活動を中止する考えは無いという。
posted by Jean T. at 19:41| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党、全会一致でサマック氏を次期首相候補に再指名

 パラン・プラチャーチョン党のグテープ報道官は9日午後、サマック首相失職の憲法裁判所判決が下された後に招集された党会議の席上で、次期首相候補としてサマック首相を再指名する方針が決定された事を明らかにした。12日にも首相指名の為の国会が召集される見通し。

 グテープ報道官によると、サマック首相は憲法裁判所の判決により禊ぎを受けており、また公職からも追放されておらず依然党首及び下院議員としての身分を保持しているため、同首相を次期首相候補として再指名するとする党の決定は正当なものなのだという。
posted by Jean T. at 19:30| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁、首相失職に伴い内閣全員も失職

 憲法裁判所は9日午後、サマック首相の首相資格失格に伴い現内閣全員が閣僚資格を失い失職すると判断した。

 尚、現内閣は失職後も次期内閣が結成されるまで暫定内閣として職務を継続する。
posted by Jean T. at 19:08| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相失職、料理番組への出演は違憲と判断 - 次期首相にバンハーン氏の声も

 憲法裁判所は9日午後、サマック首相による民間番組制作会社制作の料理番組等二つの番組への出演が憲法で禁じられている民間企業との雇用関係に該当し違憲であると判断した。裁判長を含む9人の判事全員が違憲と判断した。

 この判決によりサマック首相は首相資格を失い失職する事になる。

 この判決に先立ちパラン・プラチャーチョン党のグテープ報道官はサマック首相の失職判決に拘わらず次期首相候補として再度サマック首相を指名する方針を確認し、プゥア・ペーンディン党側もこの方針を支持していると報じられる一方で、チャート・タイ党のソムサック・プリサナーナンタグン氏が同党のバンハーン党首を次期首相候補として指名する方向で話が進められている事を示唆する発言をし、更に民主党のステープ幹事長がバンハーン党首の首相指名を支持できるとの考えを示したと報じられていた。

 尚、バンハーン党首側は引きつづき議会内で最大議席を確保している政党を支持する方針を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 18:33| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観光相、大使館や国外メディアを引き連れプーケット等へ視察訪問

 ウィーラサック観光・スポーツ大臣は9日、民主主義市民連合による空港閉鎖抗議やバンコクを対象にした非常事態令の発令等により離れている外国人旅行者を呼び戻すために、大使館関係者や国外メディア関係者を引き連れプーケット国際空港及びクラッビー空港を視察訪問する考えである事を明らかにした。

 また同大臣は、サマック首相が10日に開かれる経済閣僚協議の席上で非常事態令発令による経済的損失問題を議題として提示する意向を示していた事を明らかにした。
posted by Jean T. at 16:38| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前憲法起草作業委員会委員長に法廷侮辱で執行猶予付き1年の刑

 刑事裁判所控訴法廷は9日午前、法廷侮辱罪で一審で1年の禁固、執行猶予1年の刑を受けていた前憲法起草作業委員会委員長のプラソン・スンシリ空軍少将に対して、1年の禁固、執行猶予2年の判決を下した。

 プラソン空軍少将は、ネーオナー紙上でタクシン首相(当時)の資産隠し疑惑裁判でシロ裁定を下した当時の憲法裁判所判事を侮辱したとして刑事起訴されていたもので、控訴法廷側は、法廷侮辱罪に該当すると認定し1年の禁固刑及び7,000バーツの罰金の支払いを命じた一審判決を支持した上で、憲法裁判所に対して多大な損害をもたらす程の言質が使用されていなかった事を評価した上で1年の執行猶予期間を与えた一審判決に対して、執行猶予期間を2年間に延長する判決を下した。
posted by Jean T. at 13:41| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲裁で失職の裁定が下されてもサマック首相を再度次期首相に指名

 パラン・プラチャーチョン党のグテープ報道官は8日、9日に行われる憲法裁判所の裁定でサマック首相の料理番組等への出演が違憲と判断され失職した場合でも、再度「次期」首相としてサマック首相を再指名する方針である事を明らかにした。

 これは、サマック首相が民間番組制作会社制作の料理番組とトーク番組にホストとして出演した事が、特定の民間企業との間で雇用関係にあると指摘されている事に対する憲法裁判所側の判断が急遽9日午後に行われる事が発表された事を受けたもので、同党のスラポン幹事長(副首相兼財務大臣)によると、万が一のケースに備えたサマック首相に代わる予備の首相候補者を党内で準備していないという。
posted by Jean T. at 00:36| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーで軍駐留地に向けた銃乱射で軍関係者2人が死傷

 8日夕方、ヤッラー県バンナンサター郡内で、人数不明の一味がレンジャー部隊の臨時駐留地に向け銃を乱射し、約5分間に渡り銃撃戦を展開した後に路上に鋲を撒きながら逃走し、レンジャー部隊員1人が死亡し1人が負傷を負った。

 同県県都内では、6日午後、定期巡回中だった警察パトロール隊の車両の通過にあわせ爆発物が発生し、警察官1人が軽傷を負った。

 パッターニー県ヤッリン郡内では、8日朝、バイクで路上を走行中だった学校用務員の男性(58)が、何者かに銃撃され死亡した。

 また、同県ヤッラン郡内では、7日夕方、国境警備警察官銃殺事件等に関与した容疑で逮捕状が発行され現在保釈中だった容疑者の男(49)が村道を歩いていた際に、路上脇に潜んでいた何者かに銃撃され重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:31| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。