2008年09月20日

財務大臣に前首相経済顧問団長のウィーラポン氏の就任がほぼ確実

 20日、各メディアが一斉に次期内閣入りを辞退したスラポン暫定副首相兼暫定財務大臣の後任に元サマック首相付き経済顧問団長のウィーラポン・ラーマーングーン氏が副首相兼財務大臣のポストに就任する事がほぼ確実になったと報じている。

 これまでに少なくとも2回に渡りソムチャーイ首相側からウィーラポン氏側へ就任の打診が行われ良好な回答が得られているという。

 ウィーラポン氏は、プレーム政権時代に経済政策担当首相顧問に就任したのを皮切りにチャーッチャーイ政権時代時に財務大臣、アーナン暫定政権時代に財務副大臣、チャワリット政権時代に副首相に就任していた他、タクシン政権時代には経済担当顧問としてパンサック・ワンナラット氏が座長を務める政策顧問団に名を連ねていた。

* すみません。実は数日前に体調を崩して以来更新がままならない状態にあります。ご理解の程お願い申し上げます。
posted by Jean T. at 19:03| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。