2008年09月29日

連合幹部、チャワリット副首相筋から直接交渉の打診があった事を認める

 民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームゥアン少将は29日午前、チャワリット副首相に近い筋から電話で直接交渉の打診があった事を明らかにした。

 同少将によると、これまでにチャワリット首相に近い人物から一回電話で交渉の打診があったが、交渉の方向性等に関する具体的な話までは行われておらず、今後チャワリット副首相側の出方を待って、連合側から提示されるべき首相官邸の明け渡しや集会活動中止に向けた条件等について幹部間で協議される予定になっているという。

 一方、チャワリット副首相は、連合問題や南部問題等と言った国内対立問題の解決に協力して欲しいとの要請を受け第一次ソムチャーイ内閣に副首相として参画した事を認めた上で、継続的な話し合いで連合側と理解を共有することにより政治情勢を正常化に導く事が出来るとの考えを示した。
posted by Jean T. at 18:39| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク知事選、アピラック候補にイエロー・カード - 再選挙の噂

 10月5日に行われるバンコク知事選で当選が確実視されているアピラック・ゴーサヨーティン氏に再出馬が認められるイエローカードが発行され、再選挙が行われるとの噂が広がっている。

 アピラック氏に関しては、同氏が現職の知事だった時代に作成された、バンコク知事として名前が掲載されていたり、バンコク行政当局の制服を着た写真が掲載されている公報用のポスターが選挙期間中に掲示されていたことが選挙違反に当たるとしてチューウィット・ガモンウィシット氏が選挙委員会に対して告発していた。

 仮にアピラック氏に対して、再出馬が認められるイエロー・カードが発行された場合、本人が再選挙に再出馬する、しないに関係なく再選挙を実施する為に必要な1億5,800万バーツ前後の費用の負担が義務づけられる事になる。
posted by Jean T. at 17:12| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラーで警察中佐を射殺した警察中尉が巡査部長に射殺、職務上のストレスが原因か

 28日朝、ヤッラー県県都内中心部にある県警察署の取調室内で県警察署捜査班所属の警察中佐を射殺した同県バンナンサター郡警察署副指揮官の警察中尉(35)が、同警察署の留置場を担当している巡査長に銃撃され射殺されるという事件が発生した。

 警察中佐を射殺した警察中尉は、同日早朝に県都内中心部の自宅近くで、近所に住む県警察本部に所属する巡査部長(45)を銃撃し負傷を負わせた容疑で身柄を拘束され、県警察署内で取り調べを受けていたもので、射殺された警察中佐が興奮状態にあった警察中尉をなだめている最中に、突然警察中尉が警察中佐の拳銃を抜き取り同中佐めがけ銃弾を発砲し射殺した上で、同じ部屋にいた県警察本部副本部長の警察大佐に向け銃弾を発砲し、負傷を負わせた後に、留置場へ向かい、そこで詰め番をやっていた巡査部長に向け銃弾を発砲し軽傷を負わせたが、その際に巡査部長側が発砲した銃弾が警察中尉に命中し死亡した。

 警察側は、警察中尉と被害にあった警察中佐や巡査部長等との間にトラブルがなかったことから、南部対策や持病を持つ夫人の看病に追われ極度なストレス状態に陥り今回の犯行に及んだとの見方を示した。

 警察中尉が担当していたバンナンサター郡は、南部国境三県内で事実上分離主義組織側の支配下に置かれているとされる地域が最も多く所在している郡の一つとして知られている。
posted by Jean T. at 00:44| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

51歳女性、強姦目的で押し入った知人の男を刺殺

 28日未明、バンコクのバーンボーン区内の民家内で、家主の51歳の女性が強姦目的家に押し入った知人の男を刃物で刺し殺害するという事件が発生した。女性自らが警察に通報し事件が明るみになった。

 女性は、ソンクラー県ハートヤイ郡内で自動車部品販売会社を経営しており、また殺害された男は、女性の知人で元第一地区警察本部副本部長のサムナオ・ラオブット警察少将の実弟だという。

 女性は警察の事情聴取に対して、長年の知り合いである男が妻と喧嘩して家を出てきたので家の中に入れて欲しいと言って現れ、その後男が馴れ馴れしく近づいてくると共に強姦しようとした事がきっかけで両者で争いになり、ついカットなりナイフで男を刺してしまったと証言しているという。
posted by Jean T. at 00:12| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。