2008年09月30日

政府、国民参加による憲法起草議会の設置を支持

 スクムポン首相府大臣は30日、同日開かれた定例閣議の席上で、各階層の国民が参加する憲法起草議会の設置により政治改革に取り組むべきとする各界からの意見を支持する方針を確認した上で、現行憲法下で憲法起草議会の設置を可能ならしめるために憲法の改正について定めた憲法291条の改正を目指す方針を決定した事を明らかにした。

 同首相府大臣によると、この方針は10月7日から8日にかけて開かれる施政方針演説国会の際に発表される政府の政策公約の一つとして織り込まれることになるという。
posted by Jean T. at 19:40| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマック前首相がパラン党党首を辞任

 パラン・プラチャーチョン党登記担当責任者のサマーン・ルゥトウォンラット氏は30日、同党党首のサマック・スンタラウェート氏から26日付けで党首を辞任する旨が記された書状が前日提出されていた事を明らかにした。

 このサマック氏の党首辞任により、パラン・プラチャーチョン党の執行幹部全員が失職し、向こう60日以内に開かれる党総会で新党首及び執行幹部が任命されるまで暫定執行幹部として職務を継続することになる。

 尚、党首代行に関しては、別途暫定執行幹部会の決定により指名される事になっているが、現在首相職にあるソムチャーイ・ウォンサワット暫定副党首が党首代行に任命されるものと見られている。
posted by Jean T. at 19:09| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合系反汚職団体、首相が絡む憲裁判事の買収疑惑を告発

 30日午前、民主主義市民連合傘下の反汚職国民ネットワーク事務局長のウィーラ・ソムクワームキット氏が警察犯罪防止取締局を訪れ、憲法裁判所判事を買収した容疑でソムチャーイ首相を刑事告発した。 

 ウィーラ氏によると、ソムチャーイ首相が法務省次官だった2001年に、タクシン元首相が絡む資産隠し裁判の審理を担当していた当時の憲法裁判所判事のウラ・ワンオームグラーン氏をタクシン元首相に引き合わせ当該裁判に対してタクシン元首相側に有利な裁定を下すよう働きかけていた疑いがあるという。

 ウラ氏に関しては、タクシン元首相周辺から息子の高級官僚への登用と引き替えにタクシン元首相に対して有利な裁定を下すよう働きかけが行われていたと指摘されていた。

 尚、タクシン元首相が絡む資産隠し裁判は僅差でシロの裁定が下されており、また、この判決公判の際に、その後同元首相と敵対する事になる、同元首相を政界に引き入れた事でも知られる現連合幹部のヂャムローン・シームァン少将がスダーラット・ゲーユラパン女史と共に傍聴席から同元首相を激励する姿が目撃されていた。

参考
タ党解党審理担当判事買収未遂に関与した首相同期を近日中に刑事起訴
posted by Jean T. at 16:18| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枢密院議長、首相からの面会の申し入れを認める

 プレーム枢密院議長は29日、ソムチャーイ首相から面会の申し入れがあった事を明らかにした。

 先にソムチャーイ首相は、プレーム議長やチュワン元首相、アーナン元首相等に面会を申し入れる意向を明らかにしていた。

 プレーム議長は発言の中で、具体的な面会の日時に関しては決まっていないとした上で、面会の席上では国内対立問題に関する意見交換が行われる事になるとの見通しを示した。

 その上で同議長は、自らは国内対立問題の解決策に関して考えを持ち合わせていないとした上で、国内の統治に責任を負っている者が、早期の正常化実現を希望している国民の考えを理解し、国内和解・一致団結を実現させる為に何をするべきか考えることが重要であると指摘した。
posted by Jean T. at 00:25| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソムチャーイ首相に失職の危機、上院議員が選挙委に告発

 上院議員(任命制)のルゥアングライ・リーギットワタナ氏は29日、ソムチャーイ首相が政府から事業者免許を受けている民間企業の株式を所有している事が憲法に違反しているとして、選挙委員会に対して首相の適格性に関して審査を行うよう要請した。

 料理番組に出演していた事が違憲に問われ失職したサマック前首相を告発した事でも知られるルゥアングライ氏によると、ソムチャーイ首相が政府系のゴーソートー・トーラコムマナーコム(CAT Telecom)社から事業者免許を受けている大手通信関連事業会社CS Loxinfo社の株式10万株、時価368,000バーツ相当の株式を所有している事が、憲法に違反しているという。

 仮に選挙委員会側が違憲と判断した場合は、憲法裁判所に対して首相の罷免を求める訴訟を提訴する事になる。
posted by Jean T. at 00:22| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーの警察署前で爆破、警察官2人が負傷

 29日18:00前、パッターニー県県都内にある複合商業施設コロシアムの駐車場付近で爆発が発生し、警察官2人(報道により3人)が負傷を負った。

 爆発が発生した駐車場は県都警察署に隣接しており、駐車場に駐車してあったバイクに爆発物が仕掛けられていたものと見られる。

 コロシアムの駐車場では、今年だけで5月と7月にも同様な手口による爆発事件が発生していた。

 ヤッラー県ラーマン郡内では、29日14:00過ぎから15:00前にかけて郡内3ヶ所で軍や警察関係者を狙った銃撃が連続して発生し、軍関係者2人が負傷を負った。

 また、同郡内では同日10:00過ぎに、路上脇で乗り合いバスを待っていた村長が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。
posted by Jean T. at 00:19| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。