2008年10月06日

連合、国家ビルに通じる通りを全面封鎖

 民主主義市民連合は6日20:00過ぎ迄に国会ビルに通じる主要な道路の封鎖を終えると共に同ビル周辺の包囲を完了した模様。

 また、連合の自警組織関係者は、マスコミ関係者や官僚・職員が車を駐車させている駐車場があるドゥシット動物園の門を全て封鎖し、マスコミ関係者や官僚・職員の閉め出しに動いている。

 尚、首相官邸内では、同日21:00現在国会ビルの包囲行動と並行して集会活動が展開されている。
posted by Jean T. at 23:04| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、国会ビルの包囲を宣言 - 一部は既に座り込みを開始

 6日19:00過ぎ、民主主義市民連合は2幹部の逮捕、傀儡政府、タクシン元首相を始めとする己の利益を保護し枢密院の権威失墜を狙った憲法改正に抗議する為に所信表明国会が開催される7日にあわせ国会ビルの包囲行動に乗り出す方針を明らかにした。

 今後は、首相官邸だけでなく国会ビル前での座り込み集会活動を視野に入れており、また、今回の行動では第二幹部団が指揮を執る。

 尚、具体的なデモ隊の出発時間等は明らかにされていないが、一部報道によると、この方針発表とほぼ同時刻に複数の連合の先遣隊が既に国会ビル前に集まり"本隊"の受け入れ準備を進め、同日20:00過ぎには約3,000人規模の連合関係者が国会ビル前に到着し座り込みを開始している模様。
posted by Jean T. at 22:51| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑裁、チャイヤワット氏の釈放請求を棄却

 刑事裁判所は6日午後、2日に国家反逆罪等で身柄を拘束された民主主義市民連合幹部のチャイヤワット・シンスウォン氏の釈放請求を棄却する決定を下した。

 これは、民主主義市民連合幹部9人に対して発行された逮捕状の取り消しを求めた訴訟に対する審理が刑事裁判所控訴法廷で行われている最中に当該逮捕状が執行されたとしてチャイヤワット氏側が提訴していたもので、刑事裁判所側は、控訴法廷側が逮捕状の取り消し要求に対する判断を下していおらず、現状では一審法廷で発行された逮捕状が依然有効な状況にあると判断し、チャイヤワット氏側の請求を棄却する決定を下した。

 尚、7日には、同様に逮捕状が執行されたチャムローン・シームァン少将の釈放請求に対する判断が下される予定になっているが、チャイヤワット氏と同様な判断が下されるものと見られている。
posted by Jean T. at 20:07| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏警察、同盟への軍事教練を中止するようお騒がせ将校に異例の警告

 首都圏警察本部のノパドン副本部長は6日、親政府・反連合派の反独裁民主主義同盟の人員の動員に関与していると指摘されているセー・デーンことカッティヤ・サワディポン少将が同盟の戦闘部隊員に対する軍事教練の提供に関与しているとの情報がある事を明らかにした上で、同少将に対して早急にかかる行為を中止するよう警告した。

 これは、2幹部逮捕後に予想される民主主義市民連合による大規模行動に対する警察側の対応方針発表の際に語られたもので、ノパドン本部長によると、既にカッティヤ少将が軍事教練の提供に関与している事を裏付ける映像等の証拠を押さえているという。

 カッティヤ少将は、非常事態令発令のきっかけとなった同盟と連合の衝突が発生する前日未明に、連合の集会地であるマカワーン・ランサン橋近くの交通警察派出所前で発生した小爆破事件の際に、所轄の警察署関係者よりも先にタクシン元首相の顧問弁護士チームに所属する人物等と共に現場に駆けつけていたのが目撃されていた他、件の衝突の際にも路上脇で同盟側の動きを監視していたところを目撃されていた。
posted by Jean T. at 18:23| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーサケートの国境線で地雷を踏んだ軍関係者2人が足を吹き飛ばされる重傷

 6日10:00過ぎ、シーサケート県ガントララック郡内の国境線付近で、パトロール中だった自警レンジャー部隊員が地中に埋められていた地雷を踏み、両足を吹き飛ばされる重傷を負い、救助に入った自警レンジャー部隊員1人が別の地雷を踏み右足の一部を吹き飛ばされる重傷を負った。

 現場は、3日にタイ領内に侵入したカンボジア軍関係者との間で銃撃戦が発生し、タイ軍関係者2人が負傷を負ったプーマクゥア西方の山間部。

 軍関係筋によると、自警レンジャー部隊員が踏んだ地雷は何れも比較的最近仕掛けられたものと見られ、また、爆発の発生後に付近に展開しているカンボジア軍が戦力の増強を行っているが確認されているという。
posted by Jean T. at 16:43| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相夫妻が亡命を申請

 イギリスのサンデー・ミラー紙が、現在同国に逃亡中のタクシン元首相夫妻が政治亡命を申請した事をイギリスの内務省が確認したと報じた。

 尚、政治亡命の申請時期に関しては明らかにされていない。

 タクシン元首相夫妻は、8月初旬に開催された北京オリンピックの観戦の為に出国後、公正な裁判を受けられないとしてラチャダーピセークの国有地不正疑惑裁判の公判への出廷を拒否しイギリスに逃亡していたが、その後も自らが公正ではないと主張しているタイの司法に対して複数の名誉毀損訴訟を提訴していた。

 また、この国有地不正収容疑惑裁判に絡んで、同案件に関与していた最高裁判所の法務官に対する贈賄未遂で同元首相夫妻の顧問弁護士チームに所属する3人に対して6ヶ月の実刑判決が下されていた。
posted by Jean T. at 16:01| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピラック氏が5日に選挙運動を展開したとする報道が何故かNBTとCh9だけで為される

 民主党法務担当幹部のターウォン・セーンニヤム氏は5日、バンコク知事選候補のアピラック・ゴーサヨーティン氏の関係者が、法律で選挙活動が禁止されている投票日である5日未明3:00頃に選挙活動を行っていたとする報道はヤラセであると指摘した上で、6日朝に首都圏警察本部バーンスゥー署に対して被害届を提出していた。

 これは、アピラック候補の関係者が投票日当日の未明に選挙運動を行っていたとする報道が映像付きで、何故か政府系のNBTとch9だけで為されていたとチューウィット・ガモンウィシット氏が指摘していたもので、法律では投票日前日の18:00以降の選挙活動が禁止されている。

 この件に関してはターウォン氏は、党側は一切報道されている選挙運動に関与していないとした上で、アピラック氏の再選を阻止したい者が同氏に選挙違反の罪をなすりつける目的で仕組んだヤラセであると指摘した。

 尚、アピラック氏は、5日23:00過ぎまでの非公式集計で991,018票(45.93%)を獲得し当選を確実にしている。投票率は54.18%だった。

* 当初、アピラック氏がサマック前首相が記録した100万票以上の得票で当選を決めるのではないかと見られていましたが、投票率の落ち込みも手伝い99万台で終わったようです。
その他の候補の非公式集計結果は以下のリンク先が参考になると思います。(手抜きとも言う)

http://city.bangkok.go.th/
posted by Jean T. at 09:15| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで軍用車両を狙った爆破、2人が負傷

 5日午後、パッターニー県サーイブリー郡内で、材木の輸送中だった軍所属のトラックの通過にあわせ路上脇に仕掛けられていた爆発物が爆発し、トラックの運転手及び助手の何れも非軍属の男性2人が負傷を負った。

 同県パナーレ郡内では、4日朝、小型トラックに乗った7-8人組が、学校の警戒作業を終えバイクに分乗して本隊に帰隊する途上にあった軍関係者6人に向け銃を乱射し、何れも22歳の兵卒2人が死亡した。

 ナラーティワート県ランゲ郡内では、4日15:00過ぎ、バイクの2人乗りで路上を走行中だったイスラム系住民男性2人組が、路上脇に潜んでいた何者かに銃撃され21歳の男性が死亡し、23歳の男性が負傷を負った。
posted by Jean T. at 00:16| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの時の模様を撮影したビデオがネット上に公開されたと娼婦が訴え出る

 4日夜半、チョンブリー県パッタヤー地区で売春で身を立てている38歳のタイ人女性がドイツ人の男の客と一緒に寝ている模様をインターネット上に公開されたと警察に訴え出た。

 女性によると、1晩1,000バーツの約束でドイツ人の男と寝た後で、インターネットのライブカムの前で猥褻な行為をやればもっとお金を儲ける事が出来るとの男の誘いにのり、ライブカムの前で全裸姿を晒したが、ライブカムの前で自分の顔をさらしたり性行為に及ぶ事を拒んだため男から追加の金銭の支払いを拒否されたという。その後、服を着て男の部屋を出たところで、急に男と一緒に寝ている模様を隠しカメラで撮影され、それがネット上に公開されるのでは無いかと心配になり警察に通報したという。

 警察に身柄を確保された男は取り調べに対して、女性がライブカム前で全裸姿をさらした事に対する報酬を支払わなかった事を認めたが、全て女性の合意の上で行われていたと主張すると共に女性と一緒に寝ている模様は一切撮影していないと主張しているが、警察側は、男のコンピュータに男と一緒に寝たタイ人女性の画像が大量に保存してあったことから、営利目的で女性と猥褻行為に及んでいる模様を撮影したビデオ等を公開していた疑いがあるとして、あらためて男を警察署に連行し詳細にわたり事情聴取を行うと共に男の所有するコンピュータを押収し保存されたデータの解析を行う方針を明らかにしている。
posted by Jean T. at 00:12| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットでバービア経営の女性が刺殺

 4日未明、プーケット県バーンドゥン郡内にあるショップハウスの室内で、23歳のバービアを経営する女性の刺殺体が発見された。

 第一発見者である女性の恋人男性(29)によると、いつもは夕方に一緒に経営しているバービアへ出かけていたが、当日は体調が悪い女性を部屋に残してバービアに向かい、店を閉めて部屋に戻ってみたら女性が全身数ヶ所を刺され倒れていたという。

 警察側は、部屋に押し入った形跡が見られないことから、当日女性が一人で部屋にいることを予め知っていた女性と顔なじみの者が、部屋を訪れた際に何らかの事情で両者間で争いになり、台所にあった刃物で女性を刺し、女性が腕にはめていた1バーツ重量の金のネックレス2つを盗み逃走したと見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 00:06| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。