2008年10月28日

連合、30日に元首相の送還を要求する為に英国大使館前でデモ行動

 民主主義市民連合は28日、有罪判決を受けたタクシン元首相の送還を要求する為に30日10:00にイギリス大使館前で抗議活動を行う方針を明らかにした。

 また、この抗議活動の一環として、7日に行われた警察による過激な手段が伴った強制排除行動に対して抗議する為に、イギリス大使館前からエンポリアム前やトーンロー通り等のスクムウィット通りエリアで抗議行動の模様を撮影したVCDや冊子を配布しながらデモ行進を行う予定だという。

 一方、先立つ27日、連合のスリヤサイ調整役は、親政府派がタクシン元首相の電話出演が予定されている親政府派のイベントが開催される11月1日にあわせて首相官邸の襲撃に乗り出す恐れがあるとして、今月30日から来月1日にかけて人員を動員して官邸周辺の警戒を強化する方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 18:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、危うく解党を免れる - 党幹部に対するレッドカード請求を棄却

 選挙委員会は28日、無料映画鑑賞券を配布した事が買収に該当するとして選挙違反で告発されていた、当時民主党の執行幹部だったウィトゥーン・ナームブット氏(比例代表区)に対して、同氏の関与を証明する証人や具体的な証拠が無いとして全会一致でシロの裁定を下した。

 しかし、この無料映画鑑賞券に関与した疑いがあり、またこの配布により総選挙において利益を得た疑いがあるウィトゥーン氏の地盤であるウボンラーチャターニー県第一選挙区選出の民主党所属下院議員2人に対しては、4対1で再選挙への再出馬が認められるイエローカードを発行する決定を下した。
posted by Jean T. at 17:25| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、王室を冒涜する行為に対する監視強化を命じる

 ソムチャーイ首相(兼防衛大臣)は28日、王室を政治の道具に使用するべきではないとの考えを示した上で、既に関係当局に対して王室を冒涜する動きを監視するとと共に違反者に対しては親政府派・反政府派等に関係なく厳格に法律を執行するよう指示した事を明らかにした。

 また、国家警察本部のパチャラワート本部長は27日、全国の警察署や関係部署に対して、管下に於けるコミュニティーラジオ局や集会の発言に対する監視を強化し、不敬罪に該当すると判断された場合には遅滞なく法を執行するよう指示する緊急指令書を回付した。
posted by Jean T. at 17:06| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、問題の根源は国民からの支持を得たと主張するタクシン元首相

 チャワリット元首相は27日にピッサヌローク県内で行われた講演の中で、国王の権威を忘れ自分は2,000万票の支持を得た首相であると主張し続けたタクシン元首相自身が現在の国内問題の根源になっていると指摘した。

 発言の中でチャワリット元首相は、首相には総選挙で選出された者が就くとする1997年憲法の規定が、政治家をして国内で最高の権威を持つ国王から統治を信託されているという他国には無い体制下にタイがあることを忘れさせ、己の権力確保の為に奔走させ、更にタクシン元首相をして2,000万人の国民から選ばれた首相であると主張せしめることになったと指摘した。

 更にチャワリット首相は、タクシン元首相が国外メディアに送った声明等の中で特権階級支配に対して喧嘩を売っている事を示唆する文言がある事に関しては、全くの誤解に基づいたもので、タイにはその様な支配体制は存在しておらず、国王を最高の権威として 国王から統治を信託された司法、立法及び行政の三権のみが存在している中で、行政権を司る政府が国民の為に働くことを放棄している状況に置かれているに過ぎず、また、内部対立を抱えている政府による国内問題の解決を期待する事が不可能な状況に置かれているだけであると指摘した。

 その上で、チャワリット首相は、政党別の内閣ポストの割り当ての放棄により成立した内部対立が存在しない挙国一致政府のみがタイの未来に向けた礎を打ち込むことが出来ると指摘した。

* アマータヤーティッパタイを特権階級支配と訳しました
posted by Jean T. at 13:42| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、批判の矛先を王室系財団のスメート事務局長に

 民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は27日夜、王室系財団であるチャイパッタナー財団の事務局長のスメート・タンティウェーチャグン氏に対して、現在王室が危険な状態に置かれている事を充分に認識し、一致団結を呼びかける前にまず自ら王室の信用失墜を狙った動きに対して敢然と立ち向かうべきであると指摘した。

 スメート氏は国王の信任が厚い人物として知られ、また先のクーデター直後に暫定首相候補として下馬評にあがった事も記憶に新しい。

 ソンティ氏の発言は、先にスメート氏が全ての階層に対して平和的な手段による解決を呼びかけた事を受けたもので、27日にはプレーム枢密院評議会議長がスメート氏の発言に更に踏み込んで、対立している両派に対して国益の為に犠牲の精神を持って互いに一歩下がって話し合いによる解決を目指すよう呼びかけていた。

 また、この動きに絡んで、プラポックグラオ研究所(King Prajadhipok's Institute)を仲介役として両派の話し合いの席を設ける動きもある。

 ソンティ氏は発言の中で、スメート氏は、タクシン元首相や配下のヂャクラポップ・ペーンケー氏、親政府派の反独裁民主主義同盟に合流していた女性活動家のダー・トーピドー女史、同同盟幹部で不敬罪で逮捕状が発行され現在国外逃亡中であるとされるスチャート・ナークバーンライ氏による王室を誹謗した発言の数々や、チェンマイの親政府派団体が「我々が敬意を示すのはラーンナー王家だけである」と発言している事だけでなく、警察側が連合のデモ隊に向け暴力的な手段で排除に出たことに目を向けず、あたかも王室系プロジェクトに関与している立場を利用して己が平和の使者であるかのように振る舞っているだけであると非難した。
posted by Jean T. at 12:50| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤服軍団、民主党本部前で自主解党を求め座り込み抗議

 27日10:30頃、反独裁民主主義同盟の"国立民主主義改革センター付属サナームルワン民主主義学校"と名乗る赤服を着込んだ約15人が民主党本部前に集まり施政方針国会への出席をボイコットすることにより下院議員としての義務遂行を放棄し、更に野党首班たる党首が4者協議への出席をボイコットた責任を取って党を自主解党するよう要求する抗議活動を開始した。

 団体側は、アピシット党首ないしは党執行幹部自らが要求書を受け取るまで解散しないと宣言し、演説や同盟が連合に対抗して制作した足の裏の形をかたどった拍手ツール"タオ・トップ"の販売等を行いながら約8時間に渡り座り込み抗議活動を展開したが、18:00過ぎに自主的に散会した。
posted by Jean T. at 02:32| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。