2008年11月30日

連合、内相宅前で抗議活動 - 生理ナプキンを投げ注意される女性も

 民主主義市民連合のデモ隊約500人は30日夕方、バンコク隣県のムァン・トーン・ターニー県内にある非常事態宣言対策責任者のゴーウィット内務大臣の自宅前を封鎖し約1時間に渡る抗議活動を展開した。

 抗議活動の途中で参加者の女性がゴーウィット内務大臣の自宅の敷地に向け生理用ナプキンを投げ込み、連合の自警組織員から注意される場面も見られたという。

* 昨日夜にも内相宅に向け移動を開始したと映像付きで報じられていましたが、その後進捗状況が報じられていなかったことから、途中でキャンセルになっていたのかもしれません。
posted by Jean T. at 19:21| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サマック前首相がパラン党を離党

 現在ガン治療の為にアメリカ滞在中のサマック前首相が30日付けでパラン・プラチャーチョン党を離党する意向を示していた事が明らかになった。

 ナタウット政府報道官によると、サマック前首相の離党は健康上の理由からで、離党後にパラン・プラチャーチョン党の代理政党であるプゥア・タイ党に合流する予定は無いという。
posted by Jean T. at 18:02| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、マスコミ車両への"銃撃"を謝罪

 30日昼前、民主主義市民連合第二幹部団のアモン・アモンラタナーノン氏はテレビ局TNNの車両への銃撃を謝罪した。

 この謝罪は、同日朝スワンナプーム国際空港に通じる路上に連合が設置していた検問所を通過中だったTNNの車両が、何者かに銃撃され銃弾3発が車に命中するという事件が発生したことを受けたもので、この銃撃の直前には何者かが検問所に向けピンポン爆弾を投げ込んでいた。

 アモン氏によると、この銃撃は連合の自警組織側の誤解によるものだったという。

 尚、連合はこれまで一貫して非武装で活動を展開していると主張してきた。
posted by Jean T. at 16:36| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、スワンナプーム残留機体の検査・保護を許可

 民主主義市民連合は30日昼過ぎ、タイ空港社(AOT)に対してスワンナプーム空港の封鎖により駐機場に残留した状態になっている航空機の検査・保護を許可すると共に同社に対して責任を持って残留機体に対する安全確保を行うよう要請した。

 ヂャムローン少将によると、連合に罪をなすりつける目的で残留機体や空港施設を破壊する動きを防ぐ上でも、施設や機材に対して責任を負っているタイ空港社側に管理を委ねるのが得策だという。

 但し、今回の連合側の決定が、タイ空港社側が要求している残留機体88機の空港からの移動の許可を包括したものなのかは同日14:00迄の報道では確認できない。
posted by Jean T. at 16:18| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、官邸近くの農業・協同組合ビルへの調査立ち入りを要請

 民主主義市民連合系のプーヂャッカーン紙のサイトによると、連合は30日未明に首相官邸内に向け撃ち込まれた爆発物が近くにある農業・協同組合ビルから発射された疑いがあるとして、同銀行に対して調査の為の立ち入り許可を要請する方針を明らかにした。

 スリヤサイ調整役によると、"M-79"が撃ち込まれる直前に2-3人の不審な男が農業・協同組合銀行ビルの屋上にいたのが目撃されているという。
posted by Jean T. at 13:45| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度はチャート・タイ党で爆発物

 30日9:30頃、国会ビル脇にあるチャート・タイ党本部の駐車場で爆発物が発見され回収された。

 発見された爆発物はピチャイ通り側から投げ込まれたものと見られるが、第一発見者の警備員によるといつ頃から発見現場に爆発物があったかは不明だという。
posted by Jean T. at 13:28| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドーン・ムァンでも爆破、2人が負傷

 30日4:00前、民主主義市民連合が占拠しているドーン・ムァン空港の国内線ターミナルで爆発が発生し、2人が負傷を負った。

 爆発が発生する前に隣接するカーゴターミナル側から数発の銃声が聞かれたとの報道もある。

 一方、同日0:00過ぎに首相官邸内で発生した爆発により、同日朝までに重傷者4人を含む45人前後が負傷を負い、重傷者の内2人が重篤な状態にある事が確認されている。

 また、前後してASTVで発生した爆破に伴う銃撃戦の際に少なくとも100発以上の銃弾が発砲されたとの報道もある。
posted by Jean T. at 11:56| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白けムードでバンコク知事選がスタート

 30日朝から開始されたバンコク知事選出選挙候補者受付に7人の候補者が候補者登録を行い、その後行われた投票番号の割り当てで民主党公認のスクムパン・ボリパット氏が2番を引き、先の知事選でムードメーカーだったリーナー・ヂャンヂャンヂャー女史が3番を引いた。

 既に立候補を表明しているナタゴン・テーワーグン氏は12月1日に候補者登録を行う意向を表明、また国家毀損行為調査特別委員会委員だった元上院議員のゲーオサン・アーティポーティ氏は遅れて候補者登録を済ませ8番の投票番号を手にした。

* 今回はどっかの研究員で自然保護活動家らしい候補者(確か5番?)の動向がリーナー・ヂャン以上に注目を集めそうです。
posted by Jean T. at 10:53| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相官邸内で爆発 - ASTVでも

 30日0:25分頃に番組を中断して放送されたタイPBSのニュース速報によると、同日0:00過ぎ民主主義市民連合が集会活動を展開している首相官邸内のステージ前付近で爆発が発生し、20人前後が負傷を負っている模様。

 尚、プーヂャッカーン紙のサイトは、首相官邸のステージに向けM79が撃ち込まれ約10人が重傷を負ったと報じている。

 また、同サイトは同日0:15分頃、再度ASTVに向け2発の爆発物が撃ち込まれると共に約10分間に渡る銃撃戦の音が聞かれたと報じている。

-----------------------

 連合関係者は30日1:00過ぎ、タイPBSの電話取材に対して首相官邸の爆破で34人が負傷を負い、多くが女性だった事を明らかにした。子供の負傷者はいない模様。
posted by Jean T. at 02:30| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、大規模集会場所をバンコク行政本庁前に変更

 反独裁民主主義同盟旧幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は29日夜、30日に予定されている大規模集会の開催場所をサナームルワンからバンコク行政本庁前広場に変更した事を明らかにした。

 5日の国王誕生日の祝賀行事の準備がサナームルワンで行われている事を受けた措置だという。
posted by Jean T. at 00:46| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、知事選再出馬を断念

 先のバンコク知事選出選挙で3位につけたチューウィット・ガモンウィシット氏は29日、これまで2回出馬し何れもバンコクの有権者からの信頼を勝ち取る事ができなかったとして、来年1月11日に行われるバンコク知事選出選挙への出馬を断念する考えであることを明らかにした。

 発言の中でチューウィット氏は、先の選挙でアピラック前知事が絡む消防車・消火船調達計画汚職疑惑の告発に対して有権者が聞く耳を持ってくれなかった状況の中で再度出馬をしても有権者の票は期待できないと語り、出馬を断念し"普通の"市民に戻る決心をしたとした上で、仮に民主党候補のスクムポン・ボリパット氏やパラン・プラチャーチョン党の候補の何れかに良い働きをする見込みがあれば支援する用意はあると語った。

 チューウィット氏によると、近日中に「国家が破壊状況にある中で勝ってどんなメリットがある。あえて敗者を選んだ方が良い。」と記したポスターをバンコク全域に掲示する予定だという。

 一方、29日に公認候補の発表ができる見通しであることを明らかにしていたパラン・プラチャーチョン党は、依然候補者選びが難航している事を明らかにした。同党からの再出馬要請を固持しているプラパット・ヂョンソンウォン氏は現在香港に滞在中だという。
posted by Jean T. at 00:11| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローントゥーイで爆発、立ち退きに抗議中の市場関係者等約20人が重軽傷

 29日夕方過ぎ、バンコクのクローントゥーイ市場近くで爆発が発生し、市場からの立ち退き要求に抗議する為に集会中だった市場関係者等約20人が負傷を負った。3人が重傷だという。

 目撃証言等から、何者かが市場関係者の集会会場に向け爆発物を投げ込んだものと見られている。

 クローントゥーイ市場周辺では今月13日に、路上を封鎖し抗議活動を展開していた市場関係者に向け爆発物が投げ込まれ15人前後が重軽傷を負うという事件が発生していた。

参考
抗議活動を展開中の市場関係者に向け爆弾、重傷2人を含む13人が負傷 - クローントゥーイで
posted by Jean T. at 00:06| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

連合、カーゴターミナル側に進出した警察部隊の包囲を開始

 29日20:00過ぎ、スワンナプーム国際空港を占拠している民主主義市民連のデモ隊は50台以上の車を動員して、カーゴターミナル側に進出した警察部隊の包囲を開始した。
posted by Jean T. at 23:31| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東部の連合、港湾・工業団地の封鎖を視野

 東部地区の民主主義市民連合傘下団体は29日、2空港の封鎖をもってしてもソムチャーイ首相が辞任しない場合は、圧力を強める為に人員を動員して東部地区に所在する全ての港湾と工業団地を封鎖する方針を明らかにした。

 一方、南部のスラーッターニー県とナコン・シー・タンマラート県の連合傘下団体は同日、当局側が2空港を占拠しているデモ隊の強制排除に乗りだし次第それぞれの県警察本部の包囲行動に入る準備を整えた事を明らかにした。
posted by Jean T. at 22:16| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、ゴーウィット内務大臣宅へ向け移動を開始

 29日19:00台のタイPBSのニュースによると、同日夜民主主義市民連合のデモ隊が非常事態宣言対策責任者のゴーウィット内務大臣(元国家警察本部長)の自宅に向け移動を開始した。

 これに先立ち連合幹部のヂャムローン・シームァン少将が500人のデモ隊を組織し連合を脅迫しているある警察官の自宅を電撃訪問する方針を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 22:13| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、集会会場で心理戦を仕掛けていた女性公安職員を摘発

 29日昼前、ドーン・ムァン空港を占拠している民主主義市民連合の自警組織は、デモ参加者に「間もなく当局が乗り込むから直ぐにここから出て行った方がいい」等と話しかけていた不審な女性の身柄を拘束した。

 女性の所持品から公安警察局に所属していた事が判明したことを受け第二幹部団のマリーラット・ゲーオガー女史(元上院議員)が女性を伴い演台上に立ち、女性が公安警察局に所属している事を明らかにした上で、二度と集会会場に入れないためにこの顔を覚えておくよう参加者に訴えた。

 女性は自警組織員に囲まれて空港を出る際にデモ参加者から水をかけられたり罵声を浴びせられる場面が見られたという。
posted by Jean T. at 16:51| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、30日16:00にサナームルワンに集合するよう呼びかける

 29日12:00過ぎのタイPBSのニュースによると、親政府派の反独裁民主主義同盟旧幹部のウィーラ・ムシカポン氏は支持者に対して30日16:00にサナームルワンに長期戦に備え着替えの服等を所持して集合するよう呼びかけた。

 ウィーラ氏によると今回の大規模集会は民主主義市民連合の対策にあたっている当局を声援すると共にパラン・プラチャーチョン党の党解党審理の行方を見守る事を目的としており、現時点では連合と対峙する考えは無いという。
posted by Jean T. at 14:29| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察、ASTVの差し押さえへ

 首都圏警察本部のスチャート本部長は29日朝までに、同日中に民主主義市民連合の集会の模様を生中継しているテレビ局ASTVの放送を遮断する為に同局の差し押さえに乗り出す方針を決めた模様。

 これを受け連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は同日10:00過ぎ、決死の覚悟でASTVを守り抜くと宣言した。
posted by Jean T. at 13:27| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察、スワンナプーム国際空港に通じる路上の封鎖を解除

 29日10:30迄の報道によると、スワンナプーム国際空港に通じている路上を封鎖していた警察側は連合側の激しい抵抗にあい封鎖を解除した模様。

 尚、スワンナプーム国際空港を占拠している連合のデモ隊側は、路上を封鎖している警察との衝突が発生した際に警察側がデモ隊に向け発砲したとの報道を否定している。
posted by Jean T. at 12:46| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合、スワンナプームへの補給路を断たれる

 民主主義市民連合が占拠しているスワンナプーム国際空港に通じる道路が警察側により封鎖され29日9:00現在、空港を占拠しているデモ隊への補給路が閉ざされている模様。

 連合幹部によると、同日朝食料等を運搬中だった連合関係者が警察により空港への進入を拒否され警察署に連行されたという。

 これを受け、当初スワンナプーム国際空港への集合を呼びかけていた連合側は同日9:00過ぎ、空港に向け移動中の関係者に対して強制排除に備える為に首相官邸に集合するよう呼びかけている。
posted by Jean T. at 11:29| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。