2008年11月01日

タクシン元首相が電話出演をキャンセル? ネーション紙が報じる

 1日付けのネーション紙が政府の消息筋からの情報としてタクシン元首相が1日夜予定されている親政府派イベントへの電話出演をキャンセルし録音メッセージ出演に切り替えたと1面で報じている。

 報道によると、タクシン元首相は前日に香港に到着し、そこでメッセージの録音が行われ
また、約8分間に渡るメッセージの内容は一致団結や王室への敬意を呼びかける、同元首相が国外メディアに送付した声明文に比べ中庸な内容になる見通しだという。

 尚、1日9:00現在、親政府派イベントの主催者側からはタクシン元首相の電話出演キャンセルは確認されていない。
posted by Jean T. at 11:09| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相、直接親政府派に対して1日の電話出演を確認

 タクシン元首相は10月31日、直接ウドンターニー県内の親政府派に対して1日に開かれる親政府派イベントに電話出演する事を確認した。

 同県選出パラン・プラチャーチョン党所属下院議員のスラティン・パマーンナメーティノット警察中佐によると、タクシン元首相は親政府派との電話会話の中で、イベントに集まった赤服集団の涙でラーチャマンカラー国立競技場が包まれる事になるだろうと語っていたという。

 当初親政府派イベントはフワマークのインドアスタジアムでの開催が予定されていたが、その後隣接するラーチャマンカラー国立競技場に変更になっていた。民間企業主催(表向きには今日の真相の番組制作会社主催)のスポーツ以外のイベントに同競技場が利用されるのは極めて異例で、何らかの政治的な圧力があったとの見方もされている。

 一方、親政府派イベントを主催するNBTで放映されている政府翼賛・反政府派攻撃番組「今日の真相」の番組進行役の1人であるパラン・プラチャーチョン党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏は、1日20:00頃からタクシン元首相が電話出演する予定になっている事を明らかにした。

 タクシン元首相の電話出演の際に話される内容や所要時間等に関しては制限はなく、全て同元首相任せだという。

 尚、ヂャトゥポン氏によると、親政府派イベントの模様を政府広報局直系のNBTを通して中継放送する予定は無いという。

* タクシン元首相は現在香港のインターコンチネンタルホテルに歌手のリディアや実妹でソムチャーイ首相夫人のヤオワパー・ウォンサワット女史等と共に滞在中で、電話出演を終えた後にゴールデントライアングル経由でタイに"密帰国"するとの未確認情報もあるようです。まぁ、連合がそう言って騒いでいるだけの段階ですが・・・
posted by Jean T. at 00:11| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バハマ政府、"名誉市民"のタクシン元首相のタイ送還を徹底阻止

 イギリス連邦に所属するバハマの政府は31日、イギリス政府に対してタクシン元首相の身柄をタイへ送還しないように要求すると共に、バハマの名誉市民としてあらゆる手段を講じて同元首相を保護する方針を明らかにした。

 先にバハマのメディアはタクシン元首相が顧問弁護士チームを同国に派遣し土地投資の話を進めている事を確認した上で、同国のヒューバート首相が同元首相を国内に受け入れる為に特別パスポートを発行する事が出来ないか検討するよう検事総長等に命じたと伝えていた。
posted by Jean T. at 00:07| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人男、部屋に呼んだタイ人娼婦をサムライ刀で惨殺 - 警察の事情聴取を拒否

 31日朝、首都圏警察本部ヤーンナーワー署はバンコクのシーロム通りにあるステートタワー46階の客室内で34歳のタイ人女性を惨殺した容疑で29歳の韓国人の男を逮捕した。

 男は異変に気付いたステートタワーの警備員等により身柄を取り押さえられていたもので、通報を受けた警察官が男の部屋に入った時には、男は全裸且つ酒に酔った状態で、ベランダではタイ人女性がセクシー下着一枚の状態で全身をサムライ刀や果物ナイフで執拗に刺され死亡していた。また、果物ナイフが女性の首に突き刺さった状態で放置されていたという。

 警備員によると同日4:00頃に、事件が発生した部屋の直下の45階の部屋に住むインド人男性から裸の男が上の階のベランダから自分の部屋のベランダに降りてきたとの通報を受け男の身柄を確保し警察に通報したという。

 警察側は、女性が売春を生業にしていたことから、男がこれまでに2-3回に渡って部屋に呼んで顔見知りになっていた女性を再度部屋に呼んだ際に、何らかの事情で両者間で激しい喧嘩になり、男が逆上して女性を刺し殺したと見て男が落ち着くのを待って詳細にわたり事情聴取を行う方針を明らかにすると共に、室内に麻薬用の器具があったことから、男が麻薬を使用していた疑いもあると見て捜査を行っている事を明らかにした。

 警察によると、男は警察の調べに対して興奮状態で訳の判らない言葉をまくし立てるだけで調べに応じる姿勢を見せず、また韓国大使館員の同席の元でも取り調べを受けることを拒否しているという。
posted by Jean T. at 00:03| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。