2008年11月18日

今度はソンティ氏(?)が若い女性の肩に手をかけているビデオが流出

 民主主義市民連合のパーンテープ報道官は18日、同連合幹部のソンティ・リムトーングン氏とされる人物が若い女性の肩に馴れ馴れしく手をかけている模様を撮影したビデオが公開された背景にソムチャーイ首相と見られる人物の不倫疑惑ビデオを公開した連合を政治的に攻撃したいとの思惑があったとの考えを示した。

 パーンテープ氏によると、公開されたビデオに映し出された男性がソンティ氏なのかに関しては確認できていないものの、仮にソンティ氏だったとしても、いつも通りに挨拶を交わしている模様を撮影したものでしかないため何らかの打撃を連合に与える事には為り得ないという。

そのビデオクリップ(99.9999%の確率でソンティ氏だと思われます)
http://www.youtube.com/watch?v=2LkSVD55bmY
posted by Jean T. at 17:32| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合系反汚職団体、カッティヤ少将を人権を脅かした容疑で刑事告発

 17日、民主主義市民連合に合流している反汚職ネットワーク事務局長のウィーラ・ソムクワームキット氏が首都圏警察本部ナーンルゥン署を訪れ、反独裁民主主義同盟の人員動員や戦闘組織の軍事訓練に関与していたとされるカッティヤ・サワディポン少将を脅迫的言動及び爆発物や武器等の利用により人権や人命、財産に危害を加えた容疑で刑事告発した。

 この刑事告発についてウィーラ氏は、連合を対象にした爆破や暴力的行為が発生する度毎にカッティヤ少将の姿が目撃されているにも拘わらず警察側は何ら対応を取らず、また軍側も世間の目を誤魔化す目的で懲罰委員会を組織しただけで何ら対応を取っていない中で、今月15日には19日までに連合が首相官邸を明け渡さない場合は再度爆破攻撃に晒されるだけでなく治安関連法に基づきヘリコプターを投入して幹部の捕捉に動くことになると発言したことだけでも充分に人権を脅かした罪に該当すると指摘した。
posted by Jean T. at 00:33| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッティヤ少将、今度はカッティヤの正義党を設立し政界進出を目指す

 親政府派の反独裁民主主義同盟の人員動員や戦闘組織の軍事訓練に関与したとされるセー・デーンことカッティヤ・サワディポン少将は17日、18人の党執行幹部と共に選挙委員会を訪れ「カッティヤの正義(カッティヤタム)」党なる名の政党の結党届けを提出した。

 本部はラチャダピセーク通り沿いに置き、タークシン王戦闘隊の衣装を着込んだカッティヤ少将が右手に刀剣を持っているイメージを党のロゴに使用する予定だという。

 尚、カッティヤ少将は2007年8月にセー・デーン党を結党し一度は政界進出を目指したが、その後政界進出を断念しており、また、同党は現在憲法裁判所による結党の正当性の審査対象になっている。

 カッティヤ少将によると、現在軍に所属している関係で自らが党の執行幹部に就任する事が出来ないためスラパット・ヂャンティマー少尉(26)を党首に据える予定で、また、近い将来行われると見られる解散総選挙では、南部を除く有望な票田に選挙区及び比例代表区候補を送り出す考えだという。
posted by Jean T. at 00:31| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名占い師、元首相が政治活動を中止しない限り死ぬ運命

 元上院議員の占い師として知られるブンルゥト・パイリノット氏は、タクシン元首相の来年の運気は最悪の方向に下降線を辿り、政治活動を中止しない限り莫大な資産を喪失する、ないしは死ぬ運命に晒されることになると指摘した。

 その上で同氏はタクシン元首相に対して、タイ人としてこれ以上国内に損害をもたらさない為に政治活動を断念するべきであると指摘すると共に、配下を信用する事は身の破滅をもたらすことになると警告した。

 同氏によると、タクシン元首相の配下に誠心誠意同元首相に尽くしていく考えを持ち合わせているような者は一人もいないという。
posted by Jean T. at 00:26| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。