2009年01月09日

警察の予想では補選で野党が8議席、連立が21議席

 国家警察本部が8日発表した22県内26選挙区で行われている補欠選挙の結果見通しによると、連立政党側が21議席獲得する一方で野党側は僅かに8議席の獲得で留まる見通しになっている。

 政党別の内訳は、旧チャート・タイ党系のチャート・タイ・パッタナー党が11議席、民主党が6議席、プゥア・タイ党が6議席、プゥア・ペーンディン党が3議席、プラチャラート党が2議席、ルワムヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党が1議席となっている。
posted by Jean T. at 19:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相の階級剥奪報道のおかげで補選が有利になったとプゥア・タイ党

 プゥア・タイ党所属下院議員のポンパン・スンタラチャイ氏は9日、国家警察本部がタクシン元首相が持つ警察中佐の階級剥奪の是非に関する検討を始めたとの報道により、特に元首相の支持層が多い東北地方の選挙区で多くの同情票がプゥア・タイ党側に寄せられる事になるとの考えを示した。

 ポンパン氏によると、現状ではネーウィン会派の地盤であるブリラム県内の選挙区で苦戦を強いられているものの、最低でも東北地方で14議席を確保できる見通しだという。

 一方、国家警察本部のパチャラワート本部長は、未だ報告を受けていないと語り事実関係の確認を避けた上で、仮にタクシン元首相が持つ警察中佐の階級剥奪の是非に関する検討を進めるのであれば、非常にデリケートな問題である事を念頭に置いて慎重に検討を重ねていく必要があるとの考えを示した。
posted by Jean T. at 19:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャワリット元首相、今度は新希望党を応援 - しかも反タクシン派

 チャワリット元首相が党最高顧問の立場で、シーサケート県内の選挙区で行われている補欠選挙に新希望党から出馬している同党党首のチンチャイ・モンコンタム氏の選挙活動を応援している事が明らかになった。

 新希望党はチャワリット元首相が設立した政党で、第一次タクシン政権成立後まもなくタイ・ラック・タイ党に吸収合併されたが、タイ・ラック・タイ党への合流を嫌ったチンチャイ氏が党首に収まり新希望党の名を存続させていた。また、現在はタクシン元首相に忠誠を誓っているチャルゥム・ユーバムルン警察大尉もタイ・ラック・タイ党への合流を嫌いムァンチョン党を設立していた。

 一方、チャワリット元首相は、民主党を中心にした多数派工作が行われていた際に、サノ氏が提唱しプゥア・タイ党が追随していた挙国一致内閣構想への支持を表明し、旧新希望党出身の議員を中心に働きかけを行っていたとされ、当初民主党支持を表明していた、タクシン元首相よりもチャワリット元首相に対する忠誠心が強いと言われるワーダ会派が首相指名国会直前になって支持を撤回した背景にチャワリット元首相の働きかけがあったと言われていた。

 チンチャイ氏は、タクシン政権打倒を標榜していた時代の民主主義市民連合の活動に合流していた他、クーデター政権時代には、何年かかろうとも国内からタクシン体制が一掃されない限り総選挙を行うべきではないと発言していた事でも知られる。
posted by Jean T. at 00:53| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、元首相の階級剥奪と政府は無関係

 アピシット首相は8日、国家警察本部が現在国外逃亡中のタクシン元首相が持つ警察中佐の階級剥奪の検討を進めていることと政府とは無関係であると語った。

 この発言は、同日国家警察本部側が、実刑が確定し国外に逃亡している事が階級剥奪自由にあたるとして5日付けで関係部署に対してタクシン元首相の持つ警察中佐の階級の剥奪の是非に関して検討するよう指示した事を明らかにした事を受けたもので、アピシット首相によると、政府側から指示をしていないだけでなく、階級剥奪の最終権限者であるパチャラワート本部長から報告すら受けていないのだという。
posted by Jean T. at 00:46| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。