2009年03月13日

タイ党、チャワラット内相を含む5閣僚を対象にした不信任案を提出

 プゥア・タイ党は12日夕方までにチャワラット内務大臣を不信任決議案審議の対象者に含める方針を決定し、同日夜、同党所属下院議員172名の署名を添えてチャワラット内務大臣、ガシット外務大臣、ゴーン財務大臣、プラディット副財務大臣及びブンヂョン副内務大臣を対象にした内閣不信任決議案をプラソップスック上院議長宛に提出した。

 プゥア・タイ党は同日午後の時点では、チャワラット内務大臣を不信任決議案審議の対象から除外する方針を明らかにしていたが、その後審議に耐えられる証拠が見つかったとして先の発表を訂正していた。
posted by Jean T. at 01:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BRN創立記念日にあわせた大規模破壊活動を警告

 南部国境三県域の情報当局筋は12日、分離主義組織BRNの創立記念日である13日に合わせた大規模な破壊活動が計画されているおそれがあるとして、関係当局に対して警戒をの引き締め・強化を図るよう警告した。

 特にバイク爆弾を使用した破壊活動に対して特別の警戒措置を講じる必要があるという。

 一方、BRNの創立記念日の前日である12日には、各地で連続して爆破・襲撃が発生し8人が死傷した。

 パッターニー県ヤッリン郡内では12日午後、22歳のイスラム教徒の男性がバイクで路上を走行中に何者かに銃撃され死亡し、また、ナラーティワート県ターク・バイ郡内では12日朝、教師の警護作業にあたっていた軍関係車両の通過にあわせた爆破により軍関係者4人が負傷を負った。ナラーティワート県バーヂョ郡内では12日午後、幼稚園が放火されると共に郡内にある橋の下に爆発物が仕掛けられるという事件が発生したが幸い人的な被害は無かった。

 また、ヤッラー県グロンピナン郡内では12日午後、バイクの二人乗りで路上を走行中だった35歳と30歳のイスラム教徒の住民姉妹が何者かに銃撃され2人とも重傷を負った。2人は何れも政府が進める雇用推進策の恩恵を受け、また内の1人は優秀な女性として郡から表彰をされた事があった。

 更に、同県ヤッハー郡内では12日夕方、バイクに乗った2人組が村長(49)運転の乗用車に向け銃を発砲し、運転中だった村長が重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:56| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。