2009年03月16日

不信任決議案審議を19日から20日に前倒し

 与党国会対策委員会のチンナウォン委員長は16日午後、19日から20日にかけて首相・内閣不信任決議案審議を行い21日に決議を行う方向で野党国会対策委員会と調整を行う方針である事を明らかにした。

 不信任決議案審議に関しては、同日午前の段階では25日から26日にかけて審議を行い27日に決議を行う方向で調整を行っていると伝えられていたが、チンナウォン委員長によると、既に下院議長及びアピシット首相側も前倒しする事に賛意を示しているという。

 一方、アピシット首相は、下院議長側から最初に前倒しの提案があった事を明らかにしたが、前倒しの背景に野党(プゥア・タイ党)側の既成を制したいとの政府側の思惑があるとの指摘に対しては、下院議長から来週の審議実施には問題があるとの申し出があったということだけしか知らされておらず、それ以上の事は一切関知していないと語った。
posted by Jean T. at 19:04| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、29日に首相官邸の包囲

 反独裁民主主義同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は16日、29日にサナームルワンで大規模集会を開催した後に政府の退陣を要求する為に首相官邸に向けデモ行進を行う予定である事を明らかにした上で、これまで行われた大規模行動以上の人数が集まり、官邸周辺は人で溢れかえっていない場所が無い状態になるだろうと語った。

 ヂャトゥポン氏によると、14日にパトゥムターニー県内で発生した"第三者による煽動行為"(ステープ副首相の車列にピンポン爆弾が投げ込まれた事件の事を指している)を防ぐために、日中に首相官邸に向け移動を開始する予定だという。

 また、包囲行動の際にタクシン元首相が電話演説を行う可能性に関してはまだ明確になっていないが、いずれにしても先立つ21日のチェンラーイ及び22日のチェンマイで開催される集会の際には電話演説が行われる予定になっているという。
posted by Jean T. at 16:08| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、車列への爆弾投下は当局のヤラセ - バンコクでは同盟のテントに向け爆発物

 反独裁民主主義同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は15日夜、パトゥムターニー県内で14日に発生した赤服軍団によるステープ副首相一行の車列に向けたピンポン爆弾の投げ込みは、政府側によって意図的に仕込まれたヤラセだった可能性があると指摘した。

 この事件に絡んで警察側は15日、報道映像等から卵やペットボトル等を車列に向け投げ込んだ赤服軍団に所属する4人の男女を割り出し器物損壊、傷害及び同未遂容疑で逮捕すると共に引き続きピンポン爆弾を投げ込んだ者の特定を急いでいる事を明らかにしていた。

 尚、4人は何れも赤服軍団に対する政治的な関心を惹きたい気持ちから物を投げつけた事を認めているが、爆発物の投げ込みに関しては関与を否定すると共に投げた者に関する心当たりも無いと供述しているという。

 ヂャトゥポン氏は、各メディアで公開された赤服を着こんだ集団が水色の服を着こんだ内務省管下の自治大学職員女性(49)を取り押さえている模様を撮影した画像は、赤服軍団が女性に暴行を振るっているものではなく、カバンから取り出した不審物を車列に向け投げ込んだ女性を赤服軍団が取り押さえた模様を撮影したものであると説明した上で、車列へ向けた爆発物の投げ込みは赤服軍団の信用失墜を狙ったチャワラット内務大臣の配下の者が仕込んだものである可能性があると指摘した。

 一方、バンコクのサナームルワンでは16日未明、反独裁民主主義同盟の自警組織関係者等が就寝中だったテントに向け何者かが爆発物を投げ込むという事件が発生したが、幸い人的な被害は無かった。
posted by Jean T. at 13:13| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。