2009年03月24日

首都圏住民の65%弱が現政府の続投を支持、クルンテープ・ポール調査で

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが首都圏在住の各階層の有権者1,137人を対象に不信任決議案審議終了後の21日から23日にかけて行った調査で、64.8%の回答者が現政府の続投を支持すると回答する一方で、17.3%の回答者が議会を解散し総選挙を実施するべき、10.4%の回答者が内閣改造を行うべきであると回答していた事が明らかになった。

 また、政権誕生後3ヶ月間の成果に対する評価に関しては、10ポイント満点中5.42ポイントだった政権誕生後1ヶ月後の評価に対して0.25ポイント落とす5.17ポイントだった一方で、野党の成果に対する評価は4.62ポイントをつける結果になり、また、個別の成果評価では、外事関連が5.32ポイントと最高のポイントを記録し、以下、社会・生活関連(5.26ポイント)、国内治安関連(5.12ポイント)と続く結果になった。

 一方、74.8%の回答者が不信任決議案審議の際に政府側の答弁不足を感じなかったと回答する一方で、25.2%の回答者が答弁不足を感じたと回答し、また答弁不足を感じた質疑に関しては、ガシット外務大臣の過去の言動関連を上げた者が一番多く、以下、民主党への不正巨額献金疑惑、首相の応召証明偽造疑惑と続く結果になった。
posted by Jean T. at 17:12| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府副報道官が辞任、友党に道を開くために

 24日朝、定例閣議開始に先立ち政府副報道官のプッティポン・プンナガン氏が辞任を表明した。

 プッティポン氏によると、連立与党のチャート・タイ・パッタナー党所属の人物に副報道官のポストに就く機会を与える為の辞任で政府や党内の対立等とは無関係だという。

 下院議員、バンコク知事付き報道官、バンコク副知事を歴任してきたビーことプッティポン氏の祖父はサリット政権、タンーム政権時代に運輸大臣や工業大臣を歴任したポン・プンナガン大将で、また実弟は元俳優で最近女優のスワナン・コンインと結婚した事で話題になった現プゥア・タイ党所属下院議員のブルークことダヌポン・ブンナガン氏。プッティポン氏の夫人は女優のヌサバー・ワーニットアングーン女史。
posted by Jean T. at 13:29| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンロップ大将、元首相にクーデターの背後関係を明かした事を認める

 元国内治安維持作戦司令本部(ISOC)副本部長のパンロップ・ピンマニー大将は23日、タクシン元首相に対してクーデターの背後関係に関して明かした事は認めたが、同元首相の暗殺計画にスラユット枢密院評議会議員が背後で関与していたとの発言に関しては、自分以外からの情報と自分の情報とを混同して話したのではないかとの認識を示した。

 パンロップ大将によると、王室に対する敬愛の念が欠如しているタクシン元首相を政権の座から引きずり下ろす為のクーデターに向けた謀議の場に呼ばれ、その場にS(ソースゥア)大将が居たという話をタクシン元首相に伝えていたのだという。

 また、パンロップ大将によると、謀議の場で私利私欲を捨て国家の為にクーデターを実行する事が確認された一方で、事後のポスト配分についてまで話し合われていたが、問題解決に繋がらないだけか、事後に私欲を追求するようなクーデターには賛同できないとして実行に関与する事を拒否したという。

 一方、クーデター直前に発生したタクシン元首相自動車爆弾爆殺未遂事件に関しては、タクシン元首相に対して、当時反タクシン政権を掲げていた民主主義市民連合幹部のヂャムローン・シームァン少将の護衛の為に軍関係者を派遣していた為に自分がヂャムローン少将の仲間であると誤解され同元首相からISOC副本部長を解任されてしまったが、実際には警護要員を派遣したのは、ヂャムローン少将の身に万が一の事が起こることによりタクシン元首相自身に損害が及ぶ事を防ぐために派遣していたと説明したという。
posted by Jean T. at 01:41| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険金目的で虚偽の盗難申告をしたオージー2人組を逮捕

 チェンマイ県県都内のメーピン署は23日午後、保険金詐取目的で虚偽の盗難申告をした容疑で何れも22歳のオーストラリア人の男2人を逮捕した。

 逮捕された2人は、外出先から宿泊先のゲストハウスに戻ったところ、室内に置いてあったMP3プレイヤーやカメラ、ノートパソコン等が盗まれていたとして警察に対して保険金請求の為の盗難証明書の作成を要求したが、不審を持った警察官が2人が宿泊していた部屋の検分を行ったところ盗まれたと申告していたものが室内にある事が確認された為逮捕と相成った。
posted by Jean T. at 01:33| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。