2009年03月31日

上院議長が辞意を表明、来年4月に

 31日、ナコンラーチャシーマー県内のカオ・ヤイ国立公園内のホテル内で開催されている上院議会のセミナーの席上でプラソップスック上院議長が2010年4月を持って上院議長を辞任する考えである事を明らかにした。

 プラソップスック上院議長によると、辞任は優れた人物に上院議長に就任する機会をもたらす為のものだという。
posted by Jean T. at 16:14| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、県庁前に集合していた赤服の撤退を指示

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は31日、各県の県庁前に集合していた赤服軍団に対して、適切な時期のバンコクに向けた移動に向け態勢を整えさせる為に同日10:00に解散するよう指示した事を明らかにした。

 万が一当局側が強硬手段を講じた場合は、何時でも県庁の封鎖に乗り出す考えだという。

 また、ナタウット氏は、政府が同日予定されていた定例閣議の招集の中止を決定した事は一つの勝利であると語った。
posted by Jean T. at 13:29| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相、軍がデモ隊に発砲したら赤服を率いてバンコクに凱旋

 タクシン元首相は30日夜行われたビデオリンクを利用した演説の中で、民主主義の回復に身を捧げる事を再宣言すると共に仮に軍がデモ隊に銃を向けた場合は自ら赤服を率いてバンコクに凱旋する用意があると語った。

 また、タクシン元首相は、依然タイは絶対王政型官僚主義に支配されていると指摘した上で、軍、枢密院及び政府に対して平和的手段を重んじるよう訴えると共に早急に民主主義を我が国に返すよう訴えると共に、現在の政体は王室に対する敬愛が無いとの濡れ衣を着せた軍と枢密院による静かなクーデターにより成立した民主主義とは逆行するものであると指摘した上で、支持者に対してタイの誇りを取り戻すために集会に馳せ参じるよう呼びかけた。

 更にタクシン元首相は、外務省が自分が所持しているパスポートを剥奪しようが、タイ人としてのアイデンティティーまでは奪うことは出来ないと指摘した。
posted by Jean T. at 00:41| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、CP・ビアチャーン等の連合支持企業の不買を示唆

 反独裁民主主義同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は30日、バンコク銀行やCPグループ、ビアチャーンで知られるタイビバレッジ社、キングパワー社に対して民主主義市民連合への支援を中止しないと取り返しのつかない事になると訴えた。

 仮に連合への支援を止めなかった場合は不買・サービス拒否運動を展開する方針で、かかる運動によりこれらの資本家が影響を受けても全て連合への支援を止めなかった自分たちに帰せられるべき問題であるという。
posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補欠選の再選でも選挙違反? サムットプラーカーンの選挙区で

 パラン・プラチャーチョン党を始めとする3党の解党を受け1月初旬に行われた補欠選挙でサムットプラーカーン県内の選挙区で当選を決めた民主党候補者が選挙違反でレッドカードを引き渡された事を受け29日に行われた再選挙で当選を決めたプゥア・タイ候補者に対して早くも選挙違反の情報が寄せられているという。

 当選を決めたのはアルンラック・ギットルゥトパイロート女史で、選挙委員会によると再選挙公示の1日前に選挙用のポスターを張り出していたとの通報が寄せられているという。
posted by Jean T. at 00:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備の警察官が任務終了後に赤服に着替え集会に合流

 INN電は30日夜、首相官邸前を占拠し集会活動を展開している反独裁民主主義同盟のデモ隊に、警備の任務を終えた10人以上の警察官や公務員が赤服に着替え集会に合流したと報じた。

 また、民主主義市民連合系のプーヂャッカーン紙(オンライン)は同日、官邸の警備に当たっている制服姿の警察官が同盟幹部のウェーン・トーヂラガーン氏から赤服の支給を受けた模様を撮影した画像を掲載した。

 一部報道によると29日夜半には、数人の警備に当たっている警察官が同盟の演台で演説を行ったという。

参考(その画像記事)
http://www.manager.co.th/Politics/ViewNews.aspx?NewsID=9520000036111

* 実は仕事の関係でずっとシンガに詰めているので赤服関連のリアルタイムな絵付きの情報不足に悩まされています。一応RSSの普及や新聞社系のSMS速報をシンガでも受信できるおかげで情報収集面では特に不便は感じていませんが。
posted by Jean T. at 00:32| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで衝突、分離主義組織関係者4人を射殺

 30日6:00過ぎ、ナラーティワート県シーサコン郡内の丘陵地で、一斉摘発作業中だったレンジャー部隊関係者と民家内に潜んでいた分離主義組織関係者と見られる6人組との間で15分以上に渡る銃撃戦が発生し、更に隙を見て民家の裏口から逃走しようとした4人組との間で数分間に渡る銃撃戦が展開され、逃走を図った4人組が死亡し、民家内に残っていた2人組の身柄を確保し2挺のM16を押収した。また、この銃撃戦で自警レンジャー部隊員1人が重傷を負った。

 一部報道は、6人組は何れも今年1月に郡内で発生し3人が死亡した軍駐留地襲撃事件に関与していたと報じている。

 パッターニー県ヤッリン郡内では30日朝、行商用の魚を仕入れるためにバイクの2人乗りで路上を走行中だった44歳と14歳のイスラム教徒の父子が、バイクに乗った2人組に銃撃され父親が死亡し息子は難を逃れた。

 また、同県県都内では30日朝、同じく行商用の魚を仕入れるためにバイクの2人乗りで路上を走行中だった30歳と22歳のイスラム教徒の夫婦が何者かに銃撃され妻が死亡し夫が重傷を負った。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では30日夕方、仏教徒が経営する雑貨店前に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われた。発見される前に不審物を雑貨店前に置いて走り去っていくバイクに乗った2人組が目撃されていた。

 同郡内では29日早朝、丘陵地の警戒作業中だった当局関係者と人数不明の一味との間で約20分間に渡る銃撃戦が発生し、一味側2人及び警察官1人が死亡し、一味側が所持していた2挺のM16が押収された。

 死亡した2人の内の1人は分離主義組織実行部隊幹部と見られる30歳の男で、2007年1月に発生したベートンからハート・ヤイに向かっていた乗り合いワンボックスカーを襲撃し仏教徒の乗客8人を殺害した事件に関与した容疑で50万バーツの懸賞金が掛けられ身柄を追われていた。
posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。