2009年04月09日

同盟、ヤオワラート周辺の路上を封鎖

 9日夕方、最高裁判所前で抗議活動を展開していた反独裁民主主義同盟のデモ隊は、民主記念塔前の路上の占拠を手始めにヤオワラート、ヂャルゥンクルン(New Road)、ホワラムポーン駅前、マーブンクローン前の通りの封鎖に乗り出す方針を明らかにした。
posted by Jean T. at 19:50| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、不当な政府に対する赤服の行動は正当化されると宣言

 反独裁民主主義同盟は9日夕方、プレーム枢密院評議会議長やアピシット首相を初めとする4名に突きつけた辞任要求が拒否された事を受け、今後の赤服の政府に対する行動は全て正当化されると宣言した。

 宣言の中で同盟は、アピシット首相を首班とした政府を受け入れない方針を確認した上で、今後赤服軍団による政府に対する行動は市民の義務として不当な政府に対して行われた正当な行為と見なされると宣言した。
posted by Jean T. at 19:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治犯罪者の捕捉に法律は無用、赤服が首相捕捉隊を組織

 反独裁民主主義同盟は9日、アピシット首相に辞任を迫るために同元首相の身柄の捕捉に乗り出す方針を明らかにした。

 同日に同盟への合流を宣言した国民の為の民主主義会議は、同盟のアリスマン・ポンルゥアンローン氏が組織した捕捉隊への協力を宣言すると共に、政治犯罪者を捕捉する為に法律に従う必要は無いと宣言した。

 報道によると同盟側は首相を捕捉する為に首相私邸、民主記念塔及びパッタヤーに赤服軍団を派遣する方針だという。
posted by Jean T. at 19:22| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、プレーム官邸前から戦勝記念塔に移動

 プレーム枢密院評議会議長公邸前で座り込み活動を展開していた反独裁民主主義同盟のデモ隊は9日16:00迄にタクシー運転手団体が周辺の交通を遮断している戦勝記念塔に向け移動を開始した。

 隊列を率いているのはDTV系幹部のヂャクラポップ・ペンケー氏と民主団体系幹部のウェーン・トーヂラガーン氏。

 戦勝記念塔前に演台を設置し座り込み活動を展開する方針であるとも伝えられている。

 外務省前で抗議活動を展開していたデモ隊も戦勝記念塔に向け移動を開始した。

 一方、プーヂャッカーン紙(オンライン)は、同盟側が活動レベルを引き上げBTS線及び地下鉄線の出入り口の封鎖に乗り出す恐れがあると報じた。
posted by Jean T. at 18:39| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、陸軍本部前を占拠

 9日午後、反独裁民主主義同盟のデモ隊の一部が陸軍本部前に移動し、同日15:00までに抗議活動を開始した。

 一方、首相官邸前のメインステージでは、幹部のナタウット・サイグゥア氏が参加者に対して更なる小規模デモ展開に備えるよう呼びかけた。いずれにしてもスワンナプーム国際空港の占拠行動に出る方針は無いという。
posted by Jean T. at 17:59| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、16:00迄に辞任無き場合は官邸占拠

 反独裁民主主義同盟は9日、16:00迄に辞任要求が受け入れられなかった場合は首相官邸の占拠に乗り出すこともあり得ると警告した。

 一方、民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は、同盟側はタクシン元首相側を利する目的で、政府側に過激な行動に出る機会をもたらすための挑発行動を今まさに展開していると警告した。
posted by Jean T. at 17:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、タクシー車両で戦勝記念塔周辺の道路の封鎖に着手

 マティチョン紙(オンライン)が、反独裁民主主義同盟傘下のタクシー運転手団体が9日12:30頃、約100台のタクシー車両を利用して戦勝記念塔周辺の幹線の封鎖に着手したと報じている。

 報道時点で20-30台の車両がセンターワン前のラーチャウィティー通りの上り車線を封鎖している他、パヤータイ通りの封鎖にも着手しているという。

 団体側は、同日16:00の期限までに枢密院評議会議長やアピシット首相を初めとする4名から満足できる回答が得られなかった場合は、2万台のタクシー車両と投入してバンコク中の幹線を3日間に渡り封鎖するとしている。
posted by Jean T. at 16:00| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、民主党前等三ヶ所で小規模デモを開始

 反独裁民主主義同盟の一部デモ隊は9日昼前、民主党本部、外務省及び最高裁判所前に向け移動を開始し、同日昼過ぎまでに各目的地前で抗議活動を開始した。

 民主党本部前に向かったデモ隊を率いているのは最強硬派としても知られるウドンターニー県の赤服軍団を率いているクワンチャイことポンチャイ・プライパナー氏。

 同日朝の時点では同盟側は小規模デモを展開する方針が無い事を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 15:25| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、辞任要求が受け入れられない場合はASEAN会議開催を徹底妨害

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は9日朝、プレーム枢密院評議会議長、スラユット同議員、チャーンチャーイ同議員及びアピシット首相に対して突きつけた24時間以内の辞任要求が受け入れられなかった場合は、東南アジア諸国連合+3及び同+6の正当性の無い政府による開催を阻止する為に会場となるチョンブリー県パッタヤー地区内に活動拠点を移す可能性がある事を明らかにした。

 一方、この発言に先立つ同日0:00過ぎ、元スダーラット派所属下院議員で歌手としても知られるアリスマン・ポンルゥアンローン氏が、期限である同日16:00迄にアピシット首相が辞任しなかった場合は屈強な男性500人を従えてアピシット首相の行く先々について周り辞任圧力を強める考えである事を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 12:59| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄服を着た女が運転する車が赤服に突進し1人が負傷、女は逃走

 9日7:30頃、反独裁民主主義同盟のデモ隊が座り込み活動を展開しているプレーム枢密院評議会議長公邸前で、黄色い服を着た女が運転する車が演台前に集まっていた集会参加者に向け突進し、1人(2人とする報道もある)が負傷を負った。女はそのまま車でスワン・アムポン方面に逃走した。

 尚、負傷者に関しては、集会会場に入り込んだ車の後を追っていた同盟の自警組織員とするものとバンコクの清掃局の職員とするものがある。

 この事件を受けプレーム公邸前で座り込み活動を展開していたデモ隊の一部が安全の為にラーマ5世像前に移動した。

 警察側は同盟に対して既に容疑者の身柄を確保したとアナウンスしているが、同盟側は信用できないとして警察側に対して早急に映像に記録された黄色い服の女を逮捕し法的処置を講じるよう要請した。
posted by Jean T. at 12:38| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元首相、3日後に真の民主主義が訪れる

 タクシン元首相は8日夜、首相官邸前やプレーム枢密院評議会議長公邸前等複数箇所に設置された反独裁民主主義同盟の演台とを繋いで行われたビデオ演説の中で、3日後に必ず真の民主主義が訪れる。若者を初めとする多くの民主主義を愛する者がこの戦いに参加して真の民主主義の創世に協力してほしいと語り、より多くの者のデモへの参加を促すと共に警察や軍関係者、公務員に対して政府に対する不服従を呼びかけた。

 また、集会参加者がタクシン元首相の私益の為に騙されて参加させられていると指摘されている事に関しては、自分が帰国できるかできないかは大きな問題では無い。ただタイに民主主義が存在していない事が許せないだけだ。自分が本当に欲しているのは、全ての者が平等で、貧困や二重基準が存在しない真の民主主義がタイに訪れる事であると語った上で、集会参加者に対して必ず3日後に真の民主主義が訪れるから忍耐強く勝利に向けた活動を継続してほしいと訴えた。

 更に、タクシン元首相は、自分には慈悲の心があるとした上で、真の民主主義を勝ち取っても自分に対して反対や攻撃した者を許すと語ると共に国外メディア向けに英語で、この戦いは自分の為ではなく国家、国民及び将来の世代の為の戦いである。我々が望むものは自由と平等と友愛であると語った。
posted by Jean T. at 01:24| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、マスコミに対する取材妨害はネーウィン一派が仕込んだ偽赤服の仕業

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は8日、プレーム枢密院評議会議員公邸前でデモの模様を取材中だったch3やch7の記者や中継車を取り囲み取材を妨害した赤服を着込んだ集団は、ネーウィン・チットチョープ氏配下の者が仕込んだ偽の赤服であると主張した。

 ヂャトゥポン氏によると、偽赤服は本物の赤服軍団の信用失墜を狙って仕込まれたもので、多くが青服を着込んでスワンナプーム国際空港に集合した際に妨害工作に向けた訓練を受けていた者なのだという。
posted by Jean T. at 00:43| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枢密院議員暗殺未遂に絡み新たに2人に逮捕状

 警察は8日、チャーンチャーイ枢密院評議会議員暗殺未遂事件に絡んで海軍の内勤部門に所属する海軍大佐と姓不明のヂェックなる人物に対する逮捕状の発行を申請する方針を明らかにした。

 海軍大佐はA(オーアーン)なる大物軍人の配下にいる人物だという。

* その後の報道によると、警察は同日夕方までに逮捕状を取得し、同日夜に2人の身柄を確保した模様。
posted by Jean T. at 00:31| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン元首相一家の出国を確認

 タクシン元首相の子供や元夫人、従兄弟のチャイヤシット・チンナワット大将が8日未明までに別々に出国していた事が確認された。

 各報道によると、元夫人のポヂャマーン・ダーマーポン女史が6日9:43発のキャセイ便で香港、長女のペートーンターン女史が6日23:22発のタイ国際航空便でイギリス、次女のピントーンター女史が7日10:48発のキャセイ便で香港、息子のパーントーンテー氏が8日00:47発のエミレーツ便でドバイに向け出国したのが確認されているという。

 一部報道は、各自が出国時に使用したパスポート・ナンバーや出国カードのナンバーを含めて報じている。

 また、出国日時は不明ながらチャイヤシット大将がエバー便で台湾に向け出国しているのが確認されているが、ソムチャーイ元首相に関しては未だ出国の確認が取れていないという。但し、一部報道はソムチャーイ元首相はポヂャマーン女史と共に香港に向け出国したと報じている。
posted by Jean T. at 00:22| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネーウィン派、チャルゥム警察大尉は元首相の召使いに成り下がった

 8日、プームヂャイ・タイ党ネーウィン派所属議員8人が記者会見を開き、プゥア・タイ党のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉はタクシン元首相の召使いに成り下がったと非難した。

 この発言は、前日行われたネーウィン・チットチョープ氏の記者会見に対してチャルゥム警察大尉が、タクシン元首相から多大な恩恵を受けていた事を包み隠していたと指摘した事を受けたもので、ネーウィン派側は、タクシン元首相を批判していた立場から突然手のひらを返してロンドンでネーウィン氏と共に同元首相に面会した際に内務大臣のポストをねだり自らを召使いの立場においた特異人種のチャルゥム警察大尉が言うべき事ではないと皮肉った。

 スパチャイ・ポーティス氏によると、ネーウィン派は、クーデター発生直後から当時の反独裁民主主義同盟と行動を共にして独裁と闘ってきたにもかかわらず、プゥア・タイ党勢力から離脱して以来同党から恩知らずの裏切り者との中傷を受けてきたが、実際には恩を仇で返したのはサマック元首相を担ぎ出し、いざ解職判決が下されると裏で手を回してソムチャーイ元首相への支持を取り付けたタクシン元首相の方なのだという。
posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、24時間の期限を設けプレーム議長等に辞任を迫る

 反独裁民主主義同盟は8日、プレーム枢密院評議会議長、スラユット同議員、チャーンチャイ同議員及びアピシット首相に対して24時間の期限を設けて辞任を迫った。

 仮に4人が9日16:00迄に辞任を表明しなかった場合は、活動レベルを引き上げ辞任圧力を強める方針だという。
posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。